お神輿がやってきた!

  • 2019.07.14 Sunday
  • 18:10

先ほどお店の前に太鼓祭りのお神輿がやってきました。

16時ごろ、京阪電車八幡市駅の踏切を越えて、こちらへ向かってきました。

そして駅前ロータリーをぐるりと一周。

 

IMG_4674.JPG

 

IMG_4676.JPG

 

IMG_4677.JPG

 

IMG_4678.JPG

 

IMG_4680.JPG

 

IMG_4681.JPG

 

IMG_4682.JPG

 

IMG_4683.JPG

 

IMG_4684.JPG

 

その間に、子供みこし2基と第六区のお神輿もやってきて、

お店の前は4基ものお神輿が並び、大渋滞となりました。

 

IMG_4687.JPG

 

こちらは第六区。

 

IMG_4686.JPG

 

IMG_4692.JPG

 

IMG_4694.JPG

 

IMG_4696.JPG

 

IMG_4699.JPG

 

こちらは第三区。うちの区です。

 

IMG_4688.JPG

 

IMG_4689.JPG

 

IMG_4690.JPG

 

IMG_4691.JPG

 

今から宮入です。

雨ですが、このままおさまるといいのですが、、

応援行ってきます!

 

やわた太鼓祭り


【宮入】7月14日(日) 18:30 宮入開始式
            18:45〜21:00 宮入

               宮入順番:石清水八幡宮子どもみこし→南ヶ丘子どもみこし
             →六区保存会→三区実行委員会→二区保存会
→一区保存会

【会 場】高良神社 及び 石清水八幡宮頓宮 (京阪八幡市駅から徒歩3分)※当店の目の前です。
     
※公共の交通機関をご利用ください(駐車場はありません)。

 

高良神社へお参り

  • 2019.07.13 Saturday
  • 13:40

IMG_4643.JPG

 

明日の高良社祭太鼓祭り宮入を控え、宵宮の本日、高良神社へお参りに行ってきました。

どうしても太鼓神輿が目立ってしまいますが、

一年に一度の氏神様の例祭、きちんとお参りに行かなければ本末転倒です。

 

IMG_4639.JPG

 

IMG_4641.JPG

 

IMG_4640.JPG

 

毎年のことながら、神職さんにお祓いをしていただき、玉串をお供えしお参りすると

気の引き締まる思いです。

 

IMG_4655.JPG

 

IMG_4660.JPG

 

石清水八幡宮の摂社である高良神社は、八幡の氏神様です。

八幡の氏神様は石清水八幡宮ではないの?と思われると思いますが、

石清水八幡宮は遷座当初から国家、皇室、武家の守護神であり、氏子はいません。

地域の人々が心のよりどころにした氏神さまは高良神社なのです。

 

ご祭神は高良玉垂命(こうらたまたれのみこと)。
創建は石清水八幡宮と同じく貞観2年(860)、
現在の建物は、鳥羽伏見の戦いで焼失後に大正4年に建てられたものです。

 

吉田兼好の徒然草第52段に描かれており、古典の教科書で勉強した方も多いのではないでしょうか。

 

「仁和寺のある法師が念願かなって石清水八幡宮へ参拝した。

参詣を済ませ、さて帰ろうとしたとき、人々は山頂をめざして階段を登っていく。

何だろうと思ったが、私は今回の旅の目的である石清水八幡宮に参詣を済ませたのだからと帰ってしまった。

後で石清水八幡宮が山頂にあること、自身は山麓の高良社と極楽寺のみしか参拝していなかったことを知って、

どんな小さなことでも、案内人は必要だと痛感した」

 

鳥居の扁額がつい最近修復が終わり、かけ変わったばかり。

ピカピカに輝いており、とても綺麗です。

 

IMG_4622.JPG

 

IMG_4653.JPG

 

お参りを済ませ、境内をぶらり。

頓宮回廊には据え太鼓も。

 

IMG_4658.JPG

 

IMG_4634.JPG

 

IMG_4635.JPG

 

これは、こどもみこしで、明日は八幡の子供たちによって宮入も行われます。

 

IMG_4644.JPG

 

宮入とは、明日の夜に行われる太鼓祭りのクライマックスで、

各町内を練りまわっていたお神輿が一堂に高良神社へ集まり、

参道を往復し神様へ奉納します。

太鼓祭りで最も盛り上がる時間です。

 

IMG_4645.JPG

 

出店の準備も着々。

 

IMG_4654.JPG

 

IMG_4646.JPG

 

太鼓橋を渡ると、我らが第三区の町会所があります。

 

IMG_4649.JPG

 

IMG_4647.JPG

 

IMG_4650.JPG

 

お神輿組み立ての真っ只中。

本日、担ぎ手のみなさまは、13時30分に集合し、14時に高良神社へお参り、お祓いを受けて、

15時より21時30分まで町内を巡行します。

 

ヨッサーヨッサーの掛け声と、太鼓の音をリズムよく鳴らしながらの練り歩きは

迫力満点です。

 

明日の夕方には、当店の前にもお神輿がやってきます。

是非、皆様も八幡の夏を感じにお越しください。

かき氷や冷やし飴も用意し、皆様のお越しをお待ちしております!!

 

IMG_1209.JPG

 

 

やわた太鼓祭り
【町内巡行】7月13日(土)14日(日)

※当店の前にお神輿が来るのは14日の夕方です。
【宮入】7月14日(日) 18:30 宮入開始式
            18:45〜21:00 宮入

               宮入順番:石清水八幡宮子どもみこし→南ヶ丘子どもみこし
             →六区保存会→三区実行委員会→二区保存会
→一区保存会

【会 場】高良神社 及び 石清水八幡宮頓宮 (京阪八幡市駅から徒歩3分)※当店の目の前です。
     
※公共の交通機関をご利用ください(駐車場はありません)。

太鼓祭り

  • 2019.07.12 Friday
  • 14:48

さて、いよいよ八幡市民が一年間楽しみにしている太鼓祭り!

当店のある第三区は明日から町内巡行なのですが

地区によっては今日から始まっているところもあり、

八幡にお越しになるとお神輿に遭遇しますよ。

 

IMG_7184.JPG

 

お神輿が近くにいる!というのは

太鼓の音で分かります。

屋形神輿には、太鼓がつんであり、

それを打ち鳴らしながら、町内を一日中練り歩きます。

 

IMG_7156.JPG

 

IMG_7307.JPG

 

太鼓の「ドーンドーン、ドンドンドン」のリズムと

「ヨッサーヨッサー」の勇ましい掛け声は、活気に満ち溢れ、迫力満点です。

太鼓を叩く人2名、お神輿の両側で団扇を振りかざしながら先導する「あぶ手」2名の

合計4名がお神輿に乗ります。

 


 

それを担ぐ「かき手」。

一切交代なし、一日中同じメンバーで2トンものお神輿を担ぎ、町内を歩き回ります。


 

「ドーンドーンドンドンドン」の太鼓の音と「ヨッサーヨッサー」の掛け声も一辺倒ではなく、

曲がり角を曲がる時などのそーろと進行するときは太鼓のリズムも掛け声も異なります。

また、お神輿を天に差し上げるときも、太鼓のリズムと掛け声が異なります。

 

IMG_7182.JPG

 

第一区、第二区、第三区、第六区と町内ごとに合計4基のお神輿があります。

当店の地域は、藍色の法被の第三区。

 

IMG_7335.JPG

 

法被に地下足袋に豆絞り。

そして皆さん首からお守りをかけています。

 

IMG_1274.JPG

 

当店の前へお神輿がやってくるのは14日の夕方。

踏切の向こうからやってきた太鼓(お神輿と言わず、太鼓と呼ぶ)は、

京阪八幡市駅のロータリーをぐるりと一周し、17時ごろ当店の前へやってきます。

 

IMG_1209.JPG

 

IMG_1206.JPG

 

IMG_1208.JPG

 

「かき手」といわれる担ぎ手の皆様に冷やし飴と走井餅をふるまうのが恒例。

 

IMG_1213.JPG

 

IMG_1216.JPG

 

IMG_1218.JPG

 

IMG_1210.JPG

 

他にも、第六区のお神輿やこどもみこし2基、合計4基のお神輿が

当店の前を通過します。

 

IMG_1227.JPG

 

IMG_1223.JPG

 

IMG_1221.JPG

 

 

そして、その後18時半よりお祭りのクライマックス、高良神社参道での「宮入」が行われます。

 

宮入では、各町内の太鼓が一堂に会し、高良神社へ奉納します。

 

20180715_204854.jpg

 

20180715_204737.jpg

 

 

子供みこし3基の宮入が終わったころには、日が暮れ、お祭りムードが高鳴ります。

 

 

まずは石清水八幡宮神職さんによるお祓い。

 

IMG_1260.JPG

 

20180715_202944.jpg

 

20180715_202958.jpg

 

お祓いののち、お神輿が参道を往復します。

 

IMG_7278.JPG

 

IMG_7261.JPG

 

20180715_202149.jpg

 

20180715_202156.jpg

 

宮入はたくさんのギャラリーでとても盛り上がります。

 

八幡の夏の風物詩、太鼓祭りに是非お越しください。

 

やわた太鼓祭り
【町内巡行】7月12日〜14日(区によって異なる)

※当店の前にお神輿が来るのは14日の夕方です。
【宮入】7月14日(日) 18:30 宮入開始式
            18:45〜21:00 宮入

               宮入順番:石清水八幡宮子どもみこし→南ヶ丘子どもみこし
             →六区保存会→三区実行委員会→二区保存会
→一区保存会

【会 場】高良神社 及び 石清水八幡宮頓宮 (京阪八幡市駅から徒歩3分)※当店の目の前です。
     
※公共の交通機関をご利用ください(駐車場はありません)。

お中元に

  • 2019.07.11 Thursday
  • 16:50

 

お中元の時期となりました。

京都のしきたりとしては7月下旬、よく言われるのは祇園祭が過ぎたころから準備し始めます。

しかし最近では、東京方式に合わせる方や、百貨店のお中元商戦の影響か、

7月のかかりから贈られる方も増えてきたようです。

 

 

お中元の熨斗紙をお付けいたします。

お気軽にお声かけください。

 

まず、日持ちのしないお菓子からご紹介します。


走井餅

 

滋賀産「羽二重」もち米を杵でていねいにつきあげ、
北海道産のなめらかなこしあんを包んでいます。

江戸時代から続く当店の代表銘菓です。

 

柔らかさのなかにも、コシのあるつきたてのお餅の食感と
あっさりと上品なこしあんの甘さをお楽しみください。

なお、ついたお餅であるからこそ、日にちがたてば硬くなってしまいます。
もし硬くなりましたら、オーブントースターなどで焼いてお召し上がりいただきますと
また格別の風味がございます。


10個入 1300円
15個入 1900円
20個入 2500円
30個入(木箱)3800円
40個入(木箱)5000円
(消費期限 2日)

鳩ケ峯ういろ


2本入り 1500円
3本入り 2200円

白・抹茶・黒糖の3種類。
上用粉を使用したもちもち食感のういろです。
生タイプなので日持ちはしません。(2〜3日)
    

DSCN0467.JPG

冷やすとおいしいお菓子なので、夏においしくお召し上がりいただけます。
 

 

どうしても日持ち重視の世の中ではありますが、日持ちのしないお菓子の贅沢さに

最近逆に注目が集まっている気もします。

 

とはいっても、遠方の方には、こちらがおすすめ。

 

 

石清水八幡宮のお遣いである鳩をモチーフにした最中。

さくさく香ばしい皮と、たっぷりの粒あんがおいしいと好評です。

餡と皮が別々になっており、お客さまで手作りしていただくタイプなので

大変日持ちします。

 

 

 

 

 

IMG_8130.JPG

 

どちらの最中も餡はつぶあんで、抹茶の方は、皮に抹茶を練りこみました。

さくっ、パリの食感と同時に、抹茶の香りが口の中に広がります。

 

プレーンと抹茶、2種類の詰め合わせが人気です。

 

6個入り 1300円

 

12個入り 2500円

 

18個入り(9個入り×2段) 3700円

 

プレーンのみ、抹茶のみ、ミックス、

お好きなようにお詰め合わせいたします。

 

 

鳩せんべいとの詰め合わせも可能です。

 

IMG_9041.JPG

 

さっくり、ふわりと軽い口どけのおせんべい。

抹茶味と和三盆の2種のお味を詰め合わせた8枚入りです。

 

IMG_1119.JPG

1300円

 

IMG_1123.JPG

2500円

 

IMG_1122.JPG

3700円 (2段です)

 

 

 

暑い時期、元気をつけたいときにはこちらがおすすめ。


冷やしぜんざい

 

暑くて食欲が落ちているときでもよく冷えた小豆は口当たり良くおいしいものです。

あっさりとお召し上がりいただけます。


冷やし抹茶ぜんざい

 

小豆のおぜんざいに抹茶の風味がプラス。
京都らしい一品です。

 

※どちらのおぜんざいにも白玉は入っていません。



ぜんざい8個入り 3300円


ぜんざい4個・抹茶ぜんざい4個 3500円


抹茶ぜんざい8個入り 3700円
 

 

 

 

ぜんざい、抹茶ぜんざい、鳩もなか、鳩せんべいのみ発送も可能です。

ヤマト運輸にて発送いたします。

 

オンラインショップからも日付指定にて発送いたします。

冷やしうどん

  • 2019.07.10 Wednesday
  • 17:34

先日より、走井うどんは温かいお出汁から冷たいおうどんに変更になっています。


  
冷やし走井うどん 820円

(走井餅1個付)

上に乗っている温かい焼餅は、最後まで置いておくと固くなるので、

お先にお召し上がりください。

 

お赤飯とのセットもあります。


冷やしうどんの赤飯膳 1120円

(走井餅1個付)

 

お食事メニューには走井餅が1個ついてきますので、食後のお楽しみにどうぞ。

 

他に、お赤飯に餅入りの味噌汁のついたメニューもあります。

軽食にも走井餅老舗をご利用ください。

 

ポットサービスのほうじ茶も冷たいお茶に変わっています。

 

 

皆様のお越しをお待ちしております。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM