本日討ち入りにつき

  • 2019.12.14 Saturday
  • 12:10

12月14日は忠臣蔵討ち入りの日ですね。

実は大石内蔵助の実弟と子は石清水八幡宮大西坊の住職でした。

 

江戸時代、石清水八幡宮には、男山四十八坊と言って

山内にたくさんのお寺がありました。

 


 

その中の一つ、大西坊に大石内蔵助の弟、専貞が住職をしていました。

 

 

古図を見ると御本殿の北門からすぐのところにあります。

 

 

 

専貞の跡継ぎが覚運で、大石内蔵助の叔父である小山良師の子ですが、後に大石内蔵助の養子となっています。

覚運は仇討の際、ひそかに協力したことで知られています。

大石内蔵助も、仇討の大願祈願に石清水八幡宮に訪れています。

 

 

覚運の墓は、大西坊の弟子の墓と共に善法律寺に祀られています。

 

IMG_2337.JPG

 

IMG_2338.JPG

 

IMG_2339.JPG

 

もみじ寺として知られる善法律寺。

今年も紅葉狩りにたくさんの方がおいででしたが、こちらもお参りくださったでしょうか。

 

 

明治の廃仏毀釈で、男山の坊はすべて取り壊され、例にもれず大西坊も残っていません。

しかし、大西坊の灯篭は、当店から見えるところに2基残っています。

 

 

石清水八幡宮一の鳥居前。

 

 

宿坊というのは、遠くから石清水八幡宮を参拝された旅人を泊める宿泊施設をもった坊のことで、

この宿泊費を坊の維持費に充てていたそうです。

 

 

 

 

 

また、裏参道を登って護国寺跡の近くにも1基残っています。

 

 

12月と言えば忠臣蔵ですが、今の若い世代はピンとこないそうです。

時代の流れでしょうかね。

 

とにもかくにも、歴史上の人物は八幡に関わりのある方が多く、

あらためてこの場所の偉大さをかみしめているところです。

お正月餅予約受付中!

  • 2019.12.12 Thursday
  • 11:15

明日は、お事始め。

お正月準備を始める日です。

 

お餅のご予約はお済ですか??

当店のお正月餅は完全予約制です。

小餅、鏡餅、えび餅、豆餅、よもぎ餅、すべてにおいて、ご予約のお客さましか

つきたてのお餅は販売しておりません。

当日いきなりお越しいただいても、お断りさせていただいております。

ご予約締切は12月22日。

お餅つきは12月27日から30日。

 

少量でもご予約ください。

皆様のご予約をお待ちしております。

 

 

白小餅 

焼いても煮てもおいしいお餅。
やわらかくてもコシがあり、お雑煮に入れてもとろけません。

それは、最高級の材料(滋賀県産羽二重もち米100%)と
熟練の技があるから。

搗くときや丸めるときに一切水を使用しないので、混じりけナシもち米100%のお餅です。

昔から「餅は餅屋」というのはそれなりの意味があるのです。
おいしいお餅でお正月を迎えましょう!


500g(10個)900円
1kg(20個)1800円
1.5kg(30個)2700円
2kg(40個)3600円
※1個(90円)でばら売りできます。



うる餅

もち米にうるち米(普通のごはんとして食べるお米)を混ぜて
搗いたお餅です。
米粒がぷちぷちとあたる歯触りと、コシのある独特の食感が特徴の
素朴なお餅です。


500g(10個)900円
1kg(20個)1800円
1.5kg(30個)2700円
2kg(40個)3600円
※1個(90円)でばら売りできます。




豆小餅 
北海道産の黒豆をふんだんに入れてつきこみました。
焼いてお醤油をつけると
香ばしさが広がります。




えび小餅

えびの風味広がる、ちょっと塩気のきいたお餅。
こんがり焼いて海苔で巻いて食べると最高です。



よもぎ小餅 

よもぎの香りが広がるお餅。
たっぷり入れているので、しっかりとよもぎの味がします。
こちらはぜんざいに入れたり、餡をつけて食べるとおいしいです。

 


えび・豆・よもぎ小餅 
500g(10個) 1100円
1kg(20個) 2200円
1.5kg(30個) 3300円
2kg(40個) 4400円
※1個(110円)でバラ売りできます。




のし餅 
おなかの具合や、ご家族でお好きな大きさに切れるのが
のしもちのいいところ。おかきにもできます。



500g 900円
1kg 1800円 (写真は1kg×3本)

うるのし餅


500g 900円
1kg 1800円 (写真は1kg×3本)


豆のし餅・えびのし餅・よもぎのし餅 


500g 1100円
1kg 2200円





鏡餅
日本のお正月
これがないと始まりません。
小さなものから大きなものまでプロにお任せあれ!


※飾りはつきません。
※下記以外のサイズも承ります。

※直径は手作りのため、目安です。

 

ミニ 1合(200g)台の直径 約8cm 360円
特小 2.5合(500g)台の直径 約10cm 900円
小 5合(1kg)台の直径 約13cm 1800円
中 1升(2kg)台の直径 約17cm 3600円
大 1.5升(3kg)台の直径 約20cm 5400円
特大 2升(4kg)台の直径 約23cm 7200円

三宝(三段重ね)も鏡餅と同価格。

 


星付さんは1個110円。
(お供えのお餅。)




<餅の消費期限について>
常温2〜3日
冷蔵5日
冷凍1カ月〜2か月
添加物、保存料なしの無添加なのでカビが生える恐れがあります。
お早めに冷蔵、または冷凍してください。

<餅搗き実施日について>
白餅 12月27日〜30日
豆・よもぎ餅 12月27日
うる・えび餅 12月27日、28日
最終つきあげ後にご入り用のお客様は当店で冷凍保存いたします。
※餅搗きを行うのは12/27〜12/30の4日間です。


<ご予約締切について>
12月22日
当店の正月餅は完全予約制です。
それ以降のご予約や、ご予約なしの店頭での小売りは
お断りさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

 

<配達について>
八幡市内のみ承ります。
ただしお時間指定はできませんのでご了承ください。
12/30のみ、3600円以上お買いあげのお客様対象とさせていただきます。
29日までは少量でも配達いたします。
12/31、1月は配達できません。




特典


12/27・28・29の3日間のうち、店頭お引き取りで予約すると
【新商品】抹茶ぜんざいプレゼント!
(3600円以上のご予約が対象)

対象商品は以下の通り
・小餅各種
・のし餅各種
・鏡餅、三宝、星付各種

・ぜんざい、抹茶ぜんざい

・こしあん、つぶあん、きなこ





お餅とご一緒に…



走井ぜんざい


おすすめ!!
温めるだけでお店さながらの本格的なぜんざいがお召し上がりいただけます。
1人前 400円


自信作!

抹茶ぜんざい 450円

特製こしあん・つぶあん 650円
 

京黒豆きなこ 350円



ご予約お待ちしております。
地方発送も承ります。

オンラインショップからなら、5000円以上の御注文で
送料が無料です!
http://shop.yawata-hashiriimochi.com/

 

年末年始のご案内

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 12:54

年末年始は休まずに営業いたします。

石清水八幡宮へ初詣にお越しの際は、走井餅老舗へお立ち寄りくださいませ。

 

ただし、以下の通り一部営業内容を変更させていただきます。

お客さまにはご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

 

○定休日について
12月16日(月)・23日(月)・1月20日(月)・27日(月)
12/24〜1/19までは休みません。
お正月休み等は一切ございません。

○販売商品について
1月1日〜3日 走井餅5個入の販売を停止させていただきます。
12月30日〜1月3日 一升餅、赤飯、紅白上用饅頭の販売を停止させていただきます。
1月21日〜 通常通り再開いたします。


1/1より各日数量限定で「干支饅頭」を販売いたします。

IMG_5534.JPG

3個入600円 5個入1000円

 

お芋の香りがする手作りの上用饅頭です。中は走井自慢のこしあんがたっぷり。

令和2年は子年!



○喫茶営業について
12月29日・30日 喫茶休業(お土産販売のみの営業)
12月31日〜1月4日 ほうじ茶と走井餅のセット(450円)のみの営業


1月5日 ほうじ茶と走井餅のセット・抹茶と走井餅のセット・新春白玉ぜんざい・白玉抹茶ぜんざいの4種のメニューで営業


抹茶と走井餅 650円

20190105_093239(0).jpg
新春白玉ぜんざい 650円
おめでたい紅白の白玉入り
20190107_095502.jpg
1月6日〜
煎茶と走井餅のセット・抹茶と走井餅のセット・新春白玉ぜんざい・白玉抹茶ぜんざい・走井うどん・珈琲と走井餅セット(650円)・甘酒と走井餅のセット(650円)


走井うどん 850円(走井餅1個付)
1月21日〜 通常メニューを再開いたします。


○店頭屋台(持ち歩き商品の提供)1/1〜1/5
・甘酒(紙コップにて提供)400円
 

・ホット走井餅 400円 
あったかい走井餅を香ばしい最中ではさみました。
歩きながら頬張ってみてください。(石清水境内店でも販売)


○オンラインショップについて
12月23日〜1月3日  受注業務を停止させていただきます。
12月31日〜1月3日 発送業務を停止させていただきます。
1月4日〜 受注・発送業務とも通常通り再開いたします。
※12月22日が年内発送の最終受付です。
また、最終発送日は一升餅が12月29日、他の商品が12月30日です。
ご注意ください。

なお、予告なく変更する場合がありますので
何卒ご了承ください。

 



○営業時間と販売場所のご案内

・本店 
京阪電車石清水八幡宮駅(八幡市駅から改名)より石清水八幡宮一の鳥居方面へ徒歩2分

1月1日  6時〜19時(喫茶は8時〜18時45分L.O.)
1月2日〜 8時〜18時(喫茶は8時〜17時半L.O.)
〜1月19日まで休まず毎日営業いたします。
1月の休業日 20日(月)・27日(月)

・石清水八幡宮境内店 
石清水八幡宮山上 

1月1日0時〜3時(お帰り参道での営業につきホット走井餅はありません)
1月1日〜3日 8時半〜17時(境内売店とお帰り参道の2か所営業・境内売店ではホット走井餅も販売します)
1月1日〜1月19日まで毎日営業いたします。(時間は日により異なる)
以降は土日祝日のみの営業

・京阪電車石清水八幡宮駅(八幡市駅から改名)駅前臨時販売所
1月1日〜5日・11日〜13日 10時〜16時ごろ

※予告なく変更する場合がありますので、何卒ご了承ください。







10個入り 1400円

 

京阪電車八幡市駅から石清水八幡宮駅へ改名され、またケーブルカーも新しい車両にリニューアルされてから

初めての新年を迎えます。

令和初の初詣は、石清水八幡宮へお詣りください。

お参りの際は、門前名物走井餅へお立ち寄りください。

皆様のお越しをお待ちしております。

餅つき代行

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 12:40
 

「里からぎょうさん餅米もろたんやけど、ついてくれはらへんやろか?」
「毎年今までは、うちでついてたんやけど、搗くのがだんだん大変になってきて…」
「どうしてもこのもち米のお餅を食べてみたくて買ったんやけど、つくのが億劫で…」

お任せください!
お客様お持ち込みのお米で、餅つき&成形いたします!

おうちで、餅米を眠らせている方、ぜひ当店までお持ちください。
同じもち米でも、つきかた、成形の仕方で全然味が違ってきます。

というのも、当店ではほとんど水と粉を使用せずに仕上げます。
手にひっつくのを防ぐために、慣れてない方は水や粉を大量に使用されると思いますが、
それが水っぽくなったり、カビがはえたり、おいしくなくなる原因です。
水や粉をなるべく使わないで仕上げると、
混じりけのない、もち米本来の味が生きてきます。

あとはスピード。
手のひらがやけどしそうなぐらいアツアツの状態で仕上げます。
素早く仕上げるので衛生的でもあります。(長い時間ベタベタ触らない)

それらの熟練の技を、「餅は餅屋」というのでしょう。


もち米2升以上から、ご注文をお受けいたします。
もち米の手にもよりますが、つきあがり約4.5キロ。(小餅で約90個分)
お代金
つきあがりの1k900円なので
4050円ぐらいから、という事になります。
実際は正確に計量後、計算しますので、お代金は後払いです

もち米の種類によって吸水等変わるため、誤差が生じます。ご了承ください

小餅(丸)のほか、のし餅でも、鏡餅でも、なんなりとお申し付けください。
どのような形態でも、同じお値段です。
一升はお鏡にして残り半分は小餅で、半分はのし餅でなど、組み合わせお好きにお申し付けください。
ただし、えび餅、よもぎ餅、うる餅、豆餅などはできません。
白餅のみの成型です。

のし餅 1本1kg
鏡餅 ※飾りはつきません。 大きさ自由自在

三宝 

星つき
なお、持ち込み米の餅つきは朝一番にはできません。
当店の餅つきが終わってからの最終の臼になりますので、夕方ごろになります。
年内は12月29日の午後が最終です。
30日や31日、1月1日から5日はできませんのでご了承ください。
また、お米を研いで浸水するのに前日から行いますので、今日の今日ではできません。
必ず、前日までにはお米を持ってきてください。
お米は、普通のもち米に限ります。
玄米、古代米、精米不良の米、その他特殊なお米はお受けできません。
お米を見てお断りする場合もありますのでご了承ください。
お餅ができるまで♪


 


 


 















 
御注文お待ちしております。

松花堂庭園へ

  • 2019.12.08 Sunday
  • 18:52

毎月第二日曜日に行われているお茶会へ松花堂庭園へ行ってきました。

紅葉もまだまだ綺麗。

最後の紅葉狩りを楽しませていただきました。

 

IMG_5544.JPG

 

IMG_5546.JPG

 

IMG_5550.JPG

 

IMG_5551.JPG

 

IMG_5558.JPG

 

IMG_5563.JPG

 

IMG_5567.JPG

 

IMG_5569.JPG

 

IMG_5572.JPG

 

IMG_5573.JPG

 

IMG_5576.JPG

 

IMG_5577.JPG

 

IMG_5581.JPG

 

IMG_5586.JPG

 

IMG_5588.JPG

 

IMG_5589.JPG

 

IMG_5591.JPG

 

IMG_5597.JPG

 

IMG_5600.JPG

 

IMG_5601.JPG

 

IMG_5560.JPG

 

IMG_5554.JPG

 

山茶花や椿も咲き始め、いよいよ冬へ突入ですね。

今年は紅葉も長いこと楽しめたように感じます。

毎月必ず一度はお伺いしていた松花堂庭園も今年は今日で来納め。

 

今年は、大阪北部地震から1年以上使用できなかったお茶室、松隠・竹隠・梅隠も

修復が完了し、秋より再開されるといううれしいニュースがありました。

 

また個人的には、春に信楽のミホミュージアムで曜変天目の展覧会があったのですが、

そこに松花堂昭乗の作品がたくさん出展されていたことがとてもうれしかったです。

曜変天目が伝わる大徳寺の龍光院の江月和尚と昭乗が親友だったとのことで、

画賛といって二人の共同作品もありました。

この展覧会は例にないほどの、何時間待ち、大行列のおこる大注目の展覧会だったので、

たくさんの方が昭乗の作品を見てくださったのだと思うととてもうれしく思いました。

昭乗を知らなかった方もその機会に興味を持って、

松花堂庭園美術館、男山、石清水八幡宮、八幡市を知ってくださったり、

訪れてくださると地元としては大変うれしいことです。

 

他にもうひとつ、茶道の世界で、昭乗が有名人だということを知ることができました。

お茶人さんと会話していると、私が八幡出身だと伝えると皆、昭乗の話をしてくださるのです。

私がお茶会に訪れるときに、昭乗の軸や瀧本坊乗淳(昭乗の甥)の軸をかけてくださる方もいらっしゃいました。

八幡市ではなく、京都市内で、そこでまた松花堂の話が弾みます。

また知ってくださる方が増えます。

 

それと、先週、八幡市内の幼稚園児が松花堂のお茶室でお茶会をしたそうです。

当店にお菓子を注文してくださったので知ることができたのですが、

話を聞くと、その日はおめかしして白い靴下をはいていくのだそうです。

また、今年八幡市内の中学生の職業訓練で女子生徒を3名受け入れたのですが、

抹茶を飲んだことがあるか聞くと、小学生の時に松花堂で茶道を習っていましたと

答えました。

私は、八幡市の子供への茶道教育が素晴らしいなと思いました。

公立の学校で、ましてや幼稚園から、本物の茶室で茶道を体験させてあげられるなんて

なかなかないと思います。

とても贅沢な環境でよい経験をしていますね。

中学生の子が小学生の時の体験を覚えているように、大人になっても

この経験を思い出して、松花堂のことや八幡市のことを誇りに思ってくれたらうれしいなと思いました。

 

私もこれからも、八幡のPRに励んでいきます!

 

内園部分の草庵茶室松花堂や泉坊書院はまだ修復途中で立ち入り禁止ですが、

美しく修復が完了されお披露目される日を楽しみに待つことにいたしましょう。

 

また来年も四季の美しい風景を楽しみに松花堂庭園へお伺いしたいと思います。

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM