石清水八幡宮献茶祭のご案内

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 09:52

 



5月28日(日)、石清水八幡宮で春季献茶祭(表千家献茶祭)が行われます。
尺八 都山流宗家 中尾都山氏が奏でる秘曲「岩清水」の調べのなか、
表千家宗匠のお点前により濃茶・薄茶が点てられ御神前に献上されます。
また、境内各所にはお茶席が設けられます。

緑が美しく、薫風が気持ち良い好季節に
おいしいお茶とお菓子をいただきながら、ゆったりと過ごされてみるのはいかがでしょうか。





私もお客さんとして伺うのを毎年楽しみにしているお茶会です。
新茶や高山茶筅の販売なんかもあって気楽に楽しめます。

2000円で臨時券が販売されますので、
当日でもどなたでも参加できます。

・表千家の献茶祭参列
・薄茶席3席
・煎茶1服
・玉露1服
・男山ケーブル割引券

これらが全てついて2000円とはお値打ちです。

春季献茶祭
5月28日(日)10時〜
お問い合わせは石清水八幡宮へ。075-981-3001
当日は、走井餅老舗石清水八幡宮境内店も営業しております。
お土産に、門前名物走井餅をお求めください。

さくらであい館

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 12:25

背割堤のお向かいに今春できた「さくらであい館」に遅ればせながら出かけてきました。

 

DSCN0631.JPG

 

八幡市駅より徒歩5分ほど。

 

DSCN0604.JPG

 

御幸橋を渡ると左手が背割堤、道路を挟んだ右側にさくらであい館は建っています。


 

 

背割堤もひと月前はピンク色の帯で、お花見のお客さまでいっぱいでしたが、

すっかり新緑の季節となり、ハイキングやサイクリングの方がちらほらといる程度となりました。

 

DSCN0629.JPG

 

DSCN0635.JPG

 

DSCN0643.JPG

 

さくらであい館の中へ入ってみます。

道の駅を想像されている方も多いかと思いますが、基本的になにもありません。

 

DSCN0649.JPG

 

ベンチはありますが、カフェは併設されていません。

自動販売機はあります。

お土産も販売されていません。

お手洗いと休憩所、というイメージでしょうか。

 

 

DSCN0644.JPG

 

DSCN0646.JPG

 

周辺地域の紹介パネルがあり、うちの店の昔の姿がちらりと映っていました。

 

DSCN0647.JPG

 

目玉はこの展望塔でしょう。

 

DSCN0632.JPG

 

エレベーターで上ります。

 

 

エレベーターを降りるとすぐにこの景色。

今は緑色なので分かりにくいですが、背割堤の方向を向いています。

 

DSCN0671.JPG

 

DSCN0677.JPG

 

DSCN0679.JPG

 

DSCN0670.JPG

 

順路に沿って左回りします。

 

DSCN0673.JPG

 

木津川下流 枚方方面


DSCN0653.JPG

 

男山の全景が美しく見えます。

 

DSCN0656.JPG

 

DSCN0663.JPG

 

木津川上流 八幡市内方面

 

DSCN0662.JPG

 

京阪電車の鉄橋です。

 

 

宇治市内方面

 

DSCN0660.JPG

 

宇治川上流方面

京滋バイパス 久御山淀

この辺りは高速道路も入り組んでいます。

 

DSCN0665.JPG

 

名神大山崎JCT方面

 

DSCN0666.JPG

 

宇治川下流 高槻方面

天王山です。

 

DSCN0668.JPG

 

一周まわって背割堤。

背割堤の右が宇治川、左が木津川。

 

DSCN0675.JPG

 

ここは三川合流地域で、あと1本、京都市内を流れてきた桂川が合流し、

大阪湾へと流れる淀川へと名前を変えるのですが、桂川が見えません。

もう少し高さがあれば見えたのでしょうが、残念です。

 

それでも駅から直ぐとは思えない、壮大な自然の景色を見ることができ、

心身のリフレッシュに最適です。

こんなに近くに山と川に恵まれて、都会でも田舎でもあり、八幡市はいい環境だなと

改めて思いました。

 

桜の季節はもちろん素晴らしい眺めでしょうが、それ以外の季節もそれぞれの表情が楽しめそうです。

 

帰りは階段でおりました。

 

DSCN0669.JPG

 

DSCN0676.JPG

 

9時から17時まで。

無料です。

 

 

おイトさんの御命日

  • 2017.05.18 Thursday
  • 12:23

DSCN0590.JPG

 

本日は朝から当舗7代目井口イトの祥月命日法要を行いました。
私のひぃひぃおばあちゃんであるおイトさんは、大津から八幡へやってきた初代にあたります。
創業地であり慣れ親しんだ大津を離れ、知らない八幡の地での商売の苦労は計り知れません。

 

今でこそ「石清水八幡宮にお参りしたら走井餅を買って帰るんや」とお客様に

言っていただいておりますが、先代たちが地盤を固めて知名度をつけてくれはったからこそ

今日という日があります。

 

DSCN0599.JPG

 

うちのお店の歴史とはご先祖代々がその時々に苦労をし、

でもあきらめずになんとか踏ん張って次の代へつなごうと、

次の代の者は親の姿を見て助けようと、

そういった親子の想いがつながってきた積み重ねです。

 

先代を前年に亡くし、八幡店を開店させたのが明治43年。おイトさん34歳の時です。

くしくも今の私と同じ年。

 

DSCN0594.JPG

 

私はただここに生まれたというだけ。

その代々の人たちの思いを無駄にしたくない。してはいけない。

 

ご命日はそんなことを思いながらお膳をお供えし、
手を合わせる日としています。

 

 

 

 

白沙村荘へ

  • 2017.05.17 Wednesday
  • 11:37

DSCN0559.JPG

 

白沙村荘へ出かけてきました。

 

銀閣寺や哲学の道のほど近くにある白沙村荘は、

大正時代から昭和初期にかけて活躍した日本画家・橋本関雪の
住居兼アトリエで、広大なお庭と美術館も併設され、橋本関雪記念館として公開されています。

橋本関雪は、100年前、当家が大津の走井餅の本家の場所をひきはらい、
八幡へ越してきたあと、荒廃していた屋敷を買い取り、
保存に努めてくださいました。

そのご縁で、たびたびこちらには寄せていただいております。
 

国の名勝にも指定されている10000屬砲盖擇崘鮑斬質颪里庭は、新緑が美しく、

また、季節の花々も咲き乱れ、どこを切り取っても素晴らしい景色です。

 

DSCN0563.JPG

 

DSCN0558.JPG

 

DSCN0564.JPG

 

DSCN0566.JPG

 

DSCN0573.JPG

 

DSCN0562.JPG

 

関雪のアトリエであったこちらの存古楼という建物で、現在「春遊会」という合同展が行われています。

陶芸、日本画、茶の湯、仏像彫刻、木工芸、染色、漆芸の作家さんの作品が展示されています。

 

DSCN0579.JPG

 

DSCN0576.JPG

 

DSCN0582.JPG

 

新しいものと古いものが違和感なく同居しています。

作家さんとお話しすることもできて、モノを作る人の情熱が伝わってきます。

この美しいお庭と作品を見ながらお抹茶もいただけます。

21日(日)まで開催されています。

 

そして、美術館の方では「竹内浩一自作作品展 風の暦より」が開かれています。

 

DSCN0583.JPG

 

繊細な線と色合いで描かれた植物や動物。

初夏の風がふわりと吹き抜けるようなさわやかな展示でした。

こちらも21日まで。

 

DSCN0586.JPG

 

美術館2階のテラスからは、木々が若い緑をモコモコと出している大文字山を

眺めることができました。

こういった色合いの大文字山も今だけかもしれません。

 

今回ご紹介した2つの展示はいずれも今週末までですが、企画も次々と変わりますし、

お庭は毎日公開されています。

本当にいつ伺っても素敵な場所です。


白沙村荘 橋本関雪記念館

 

 

 

初夏の松花堂庭園

  • 2017.05.14 Sunday
  • 17:45

本日は、松花堂月釜会。

松花堂庭園で毎月第二日曜日に開かれているお茶会の日でした。

 

庭園に入るとまず目に飛び込んできたのが、森の貴婦人と言われる大山蓮華。

純白の花弁がとっても美しい。

 

DSCN0494.JPG

 

DSCN0501.JPG

 

DSCN0502.JPG

 

DSCN0503.JPG

 

蕾がまだまだたくさんあって、これから次々に開きそうです。

 

他に、勢いを感じたのは竹。

様々な種類の竹が植えられている松花堂庭園。

いたるところでニョキニョキと顔を出しています。

 

DSCN0507.JPG

 

皮がめくれた下からは、みずみずしい青竹が。

 

DSCN0504.JPG

 

DSCN0523.JPG

 

青もみじも光に照らされ美しく。

 

DSCN0540.JPG

 

DSCN0519.JPG

 

赤いプロペラもかわいい。

 

DSCN0537.JPG

 

青梅はすずなり。

 

DSCN0531.JPG

 

つつじも花盛り。

 

DSCN0538.JPG

 

鯉は気持ちよさげに泳ぎ。

 

DSCN0515.JPG

 

苔はしっとりと。

 

DSCN0548.JPG

 

 

生命力をたくさん感じた初夏の松花堂庭園でした。

 

DSCN0536.JPG

 

DSCN0520.JPG

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM