厄除大祭焼納神事のご案内

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 12:05

厄除開運の信仰が厚い石清水八幡宮では、現在厄除け大祭期間中です。

厄除大祭期間中は、特別なお札をいただけたり、厄除おぜんざいのふるまいがあったりします。

厄除大祭のクライマックスとして、行われるのが19日の焼納神事です。

 

種火を従え神職さんと巫女さんが列をなし、神苑の焼納場へ。




 

祝詞が唱えられる中、炎がどんどん大きくなります。




 

古いお札やお守りが焚きあげられ、年末に準備して納めたご祈祷木もここで焚きあげられます。

 

IMG_9101.JPG

 

そしてこの浄火であぶられた厄除け餅が先着1500名に無料配布され、

毎年大行列ができます。

 

 

お菜箸に、石清水の焼き印が押されたお餅が刺さっています。



厄年の方は是非手に入れたいですね。

厄年には、運気が下がり、災難や不幸が身に降りかかりやすいと言われています。
厄年なんて気にしない、といえばそれまでですが、

先人が長い経験と知恵から統計学として見出してきた習慣を

転ばぬ先の杖として、厄除け参りをしておいてもよいかもしれません。

 

 

 

 

また石清水八幡宮では、一般的な厄年のほかに、方除けの厄除け祈願も

行われています。

 

 

九星方位の考え方で、毎年変わるのですが、今年の鬼門に当たるのは二黒土星、裏鬼門が五黄土星。

これらは凶方位とされ運気が低迷し、災いを招きやすくなる小厄といわれています。

今年の大厄とされるのは八白土星。

他の凶方位よりも災難を招きやすく、新しい物事を始めるには注意が必要です。

この大厄を八方除け、つまり八方ふさがりというのです。

 

邪気つまり鬼が鬼門から入ってくると考えられており、都の裏鬼門に位置するのが石清水八幡宮。

国家鎮護の神さまとして重要なポジションを担ってきました。

石清水八幡宮が厄除け参りの信仰が厚いことも納得です。

 

 

 

厄除大祭 焼納神事

1月19日(土) 10時より1時間程度

山上 神苑 焼納場にて

参列自由

厄除け餅は先着です。

 

 

走井餅老舗も1月20日まで休まず毎日営業しています。

石清水八幡宮へ御参拝の折は、走井餅老舗へお立ち寄りください。

山上の石清水八幡宮境内店も20日まで毎日営業しています。

境内店の場所は、焼納神事の行われているすぐ隣です。

小正月

  • 2019.01.15 Tuesday
  • 14:08

今日は1月15日。

お正月飾りのしめ縄は全部下げました。

とんどさんと言われ、1月14日の夜か15日の朝に、お正月飾りは燃やされます。

今朝、7時半に善法律寺の前を通りがかったら、和尚様が法衣を着てらして、すでにお焚きあげの最中でした。

うっとこは1月19日の石清水八幡宮の焼納神事にてお焚きあげしていただきます。


 

床の間の若松も下げて、万年青にいけかえました。

 

IMG_2436.JPG

 

万年青(おもと)は四季を通じて青々した葉と、冬に色づく赤い実の力強い美しさ、
また内側の新葉が成長するにつれて外側の古葉が枯れ落ちる特徴から
新旧の交代する関係が永続につながるめでたいものとして
古くから正月の祝い花として用いられてきました。

節分まではまだ猪と共におめでたいしつらえで。

 

IMG_2417.JPG

橋本関雪 豪猪

 

 

 

そして、小正月と言えば、小豆粥。

 

IMG_2441.JPG

 

赤い色が魔よけの意味もある小豆入りのお粥をいただき、一年間の邪気を払い無病息災を願います。

ホクホクの小豆に、つきたてのお餅、やさしいおかいさん。

たっぷりといただき、体も温まりました。

昔は嫌いだったこの小豆粥ですが、年々おいしく感じられて、毎月食べてもいいぐらい。

 

元日から使うてた祝箸を使うのもこれで終わり。

 

世間はもうすっかりお仕事モード、通常運行と言ったところでしょうが、

石清水八幡宮は本日から19日まで厄除け大祭期間が始まり、

厄除のお詣りにたくさんの方でにぎわいます。

うっとこの通常運行にはまだまだもう少し。

節分までは、華やかな雰囲気が続きます。

 

1月20日まで、休まず毎日営業いたします。

石清水八幡宮へ御参拝の折は門前名物走井餅をお求めください。

山上の石清水八幡宮境内店も20日まで休まず営業しています。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

青山祭のご案内

  • 2019.01.14 Monday
  • 10:28

1月18日夕方5時より石清水八幡宮では青山祭が行われます。

 

道祖神を迎えて行われるこの青山祭は、数ある石清水八幡宮の祭りの中でも
呪術のような独特の雰囲気があります。

山上の御本殿ではなく、山麓の頓宮前が斎場となる数少ない神事でもあります。

 

石清水祭では八幡大神様の御旅所となる頓宮殿。

ここはかつて疫神堂ともよばれていました。
頓宮の前にこの日だけ特別な八角形の青柴垣が設けられます。

 

 

 

 

IMG_9282.JPG

 

中央には清砂が盛られ、榊の神籬を刺し立ててあります。

神々を迎える神道祭祀の源流です。

 

IMG_9280.JPG

 

IMG_9283.JPG

 

 

 

日没とともに道を司る神々を迎え、篝火のゆらめくなか、
国家安泰・厄除け開運が祈願されます。

 

鎌倉時代の文献にも記載されているほど歴史があり、
古くは道饗祭(みちあえのまつり)または疫神祭(えきじんさい)ともいわれ、

天下に疫病がはやらないように防ぐ、疫病除けの神事でしたが、

時代が下るにつれ厄除け神事として行われるようになり、
石清水八幡宮の厄除け参りの起源とも言われています。

 

次第中の、降神・昇神の文字が独特ですよね。

ちょっとぞくっとするのは私だけでしょうか。


 

都の裏鬼門であり、山城国(京)と摂津国(大阪)の国境でもある石清水八幡宮。

悪いものはこの地より入らせないという悪霊退散の考え方であり、

また入ってくるのをとめるのは、山上の御本殿の近くではなく、

入口の山麓ということで、この青山祭は山麓の一の鳥居付近で行われているのです。

 

 

修祓に続き、

やちまたひこ・やちまたひめ・くなどのかみを降神させます。

 

 


献饌

 

祝詞奏上

 

撤饌

 

昇神


 

神事が終わるころにはすっかり日が落ち、寒空の下、篝火の灯りのみがたよりとなります。

この貴重な時間を皆様も体験されてみてはいかがでしょうか。

当日受付でご自由に参列できます。

山麓の頓宮殿へお越しください。ただし、屋外での参列のため大変寒いです。

温かくしてお出かけください。

 

青山祭

1月18日(金)17時より1時間程度

場所 山麓頓宮

 

 

頓宮へは当店の前を通り過ぎ、徒歩1分なので、当店で甘酒でも召し上がって

温まってから参列されてもいいですね。

当店の甘酒は米麹製でノンアルコールなので、その後の神事参列も問題ありません。

 

1月20日まで、休まず毎日営業いたします。

石清水八幡宮へ御参拝の折は門前名物走井餅をお求めください。

山上の石清水八幡宮境内店も20日まで休まず営業しています。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

はちまんさんの厄除け参り

  • 2019.01.13 Sunday
  • 16:00

   

IMG_2403.JPG

 

石清水八幡宮は厄除け開運の神社として信仰が厚く、
なかでも毎年1月15日から19日までは
厄除大祭が催され、たくさんの参拝客でにぎわいます。

厄除け大祭期間中は、ご祈祷を受けた方に厄除けぜんざいの振る舞いがあったり、
厄除け用に特別なお札がいただけます。



石清水八幡宮の厄除けは八幡御神矢を受け、
それを手に持ちご祈祷を受ける慣わしになっています。

石清水八幡宮の八幡御神矢は、正月の縁起物の破魔矢ではなく、
八幡大神様の御神徳をいただく「おふだ」にあたります。
厄除大祭の期間は、求めた御神矢を神楽殿で巫女さんが舞いながら
お清めしてくれます。
神楽の音色がありがたく響きます。





ご本殿内では黄色の清衣をはおり、ご祈祷していただきます。
神職さんにお祓いを受け、気を整え、正座にてご祈祷を受けます。(椅子もあります)
神職さんに自分の名前と住所などが読み上げられると気持ちが引き締まります。

直会のお神酒とお下がりを受け、本殿からおりますと
清め衣に氏名と懇願、年齢を書き込み、
男性は若宮社、女性は若宮殿社に納め厄除け参りは終了です。





 

若宮社 男性の守り神

 

若宮殿社 女性の守り神

 

いずれも本殿の周りにあります。

 

石清水八幡宮で厄除けを特に特別期間として設けておられるのは

1月15日から19日ですが、年間を通じてご祈祷していただけます。

一説には節分までにお参りを済ませた方がよいそうです。

 

厄年には、運気が下がり、災難や不幸が身に降りかかりやすいと言われています。
厄年なんて気にしない、といえばそれまでですが、

先人が長い経験と知恵から統計学として見出してきた習慣を

転ばぬ先の杖として、厄除け参りをしておいてもよいかもしれません。

 

 

厄年早見表どうぞご参考に!

 

 



 

 

石清水八幡宮ご参拝の折には門前名物走井餅をお求めください。

当店は1月20日まで、山麓の本店、山上の石清水八幡宮境内店共に休まず毎日営業いたします。

 

なお、明日(1/14)は、石清水八幡宮周辺は交通規制がかかります。

ご参拝の折は、公共交通機関をご利用ください。

 

えべっさんで残り福

  • 2019.01.12 Saturday
  • 11:13

毎年恒例京都ゑびす神社へお参りへ行ってきました。

関西では「えべっさん」といい、商売繁盛のお詣りでにぎわいます。

 

IMG_2424.JPG

 

今宮戎、西宮戎など大阪、兵庫に大きなえべっさんが、

また小さなえべっさんも各地にありますが、うちは昔から京都の祇園にある

えべっさんにお参りに行きます。

子供のころから、お正月忙しかったのがひと段落して、

家族でお出かけするのが恒例行事でした。

 

「10日えびす」といって、10日が一番盛り上がる日ですが、

昨日は11日の残り福へ。

 

IMG_2422.JPG

 

昨年の笹をおろし、お納めします。

古いお札をかえすのと同じ感覚です。

 

IMG_2426.JPG

 

御本殿へお参りを済ませたら、今年の笹をいただきます。

「商売繁盛で笹もってこーい」

 

1547255380136.jpg

 

1547255375743.jpg

 

1547255371668.jpg

 

49739358_2258511281035677_6441365635829071872_n.jpg

 

49711510_2258511231035682_5346471720666529792_n.jpg

 

舞妓さんから笹をいただくと、福娘さんに飾りをつけていただきます。

 

50014601_2258511321035673_3299099796081475584_n.jpg

 

1547254978131.jpg

 

色々選ぶのが楽しい。

 

IMG_2428.JPG

 

餅屋なので稲穂と米俵は欠かさずにつけてもらいます。

 

IMG_2431.JPG

 

IMG_2432.JPG

 

商売繁盛をお祈りして!

 

IMG_2435.JPG

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM