100年ぶりの里帰り

  • 2018.09.17 Monday
  • 18:29

昨日、8名の作家さんの展覧会「春秋遊会 ”受け継ぐこと 伝えること・・・”」のうちの

走井茶会において「帰ってきた走井茶屋」というサブタイトルで

100数年ぶりに大津の本家の地で走井餅をお作りし、お客様にお召し上がりいただきました。

 

35671453_2110580455828761_2163620961117536256_n.jpg

 

走井の水が今もわき続ける、創業の地。

6代目が日本画家橋本関雪に売却してからは、離れた京都・八幡の地で、

血と技を受け継ぎ、商いを続けてきました。

この度、橋本関雪のご子孫の方や展覧会関係者の皆様のご厚意により、

また創業の地で、走井餅を作ること、そしてお客様に召し上がっていただくことができました。

皆様に心より深く感謝いたします。

 

20180916_103852.jpg

 

私が11代目としてお店を継ぐことになってからここを訪れた時、

いつか私もここで先祖がしていたように走井餅を作ってみたい、と

思いを強くしたのは10年ほど前のことです。

でもそれは叶わぬことだと、胸にしまっていました。

この地を離れてから100数年間、7代目以降がきっと夢見ていたことです。

 

IMG_6846.JPG

 

広大な走井の屋敷跡の中でも、今回実演をさせていただいたのは百歳堂という場所でした。

ここには、初代が関寺から手に入れた小野小町百歳像が祀ってあります。

先祖がこの小町像を深く信仰していたことは聞いたことがあります。

現に、7代目が大津から八幡へ持って帰ってきた屋号の看板や、

商品のレッテルにも百歳堂の文字があります。

この地での実演は、小町にも見守られている気がして、とても心強く思いました。

 

 

 

 

41848452_2189965997890206_1908288879106981888_n.jpg

 

経緯や由来をお話ししながら、お客様の目の前で走井餅をお作りし、その場でお召し上がりいただくと、

皆様がおいしい!と喜んでくださいました。

場所や先祖の思いも大事ですが、お客様においしいと言って喜んでいただくことが

まず第一に大切なことだなぁと改めて思いました。

もちろん、場所があったから、先祖がいたから、商売はしていたのですが、

それだけでは成り立ちません。

その時代時代に、おいしいと言って食べてくださるお客様がいたからこそ

走井餅は続いてきたのです。

 

私の作った走井餅を、お客様が喜んでくださる。

すべての原動力はやはりそこにある。

11代目として胸を張って、これからも毎日、走井餅を作り続けたいと思います。

 

20180917_165734.jpg

 

20180917_165708.jpg

 

20180917_165850.jpg

 

1537097301748.jpg

 

41907733_2189965971223542_510185189268258816_n.jpg

 

御縁をいただきました皆様、お越しいただきました皆様、応援してくださった皆様、

この度は誠にありがとうございました。

 

 

20180916_103958.jpg

 

20180916_104134.jpg

 

平成30年勅祭石清水祭

  • 2018.09.15 Saturday
  • 20:15

平成30年9月15日、石清水八幡宮では、

勅使参向の元、勅祭石清水祭が厳粛裡に斎行されました。

あいにくの天候で、雨儀となり、絹屋殿著御の儀は省略されました。

 

 

午前3時ごろ 神幸行列

 

41736241_2189390347947771_5380222582995812352_n.jpg

 

20180915_035836.jpg

 

IMG_1373.JPG

 

20180915_040403.jpg

 

20180915_041458.jpg

 

IMG_1364.JPG

 

41804359_2189390394614433_7973340144864329728_n.jpg

 

午前5時半ごろ 奉幣の儀

 

41790465_2189390434614429_6201242591359401984_n.jpg

 

41721349_2189390414614431_346029658019463168_n.jpg

 

IMG_1397.JPG

 

IMG_1409.JPG

 

IMG_1413.JPG

 

IMG_1438.JPG

 

20180915_123832.jpg

 

41768506_2189528554600617_715686446530297856_n.jpg

 

41697968_2189528514600621_3268736164005150720_n.jpg

 

IMG_1427.JPG

 

午前8時ごろ 放生会

雨儀となり、胡蝶の舞は安居橋でなく、頓宮前舞台で行われました。

 

IMG_1417.JPG

 

IMG_1424.JPG

 

IMG_1421.JPG

 

41791735_2189528431267296_493771791357968384_n.jpg

 

41810903_2189528457933960_5425581148493316096_n.jpg

 

 

午後5時ごろ 還幸の儀

 

IMG_1440.JPG

 

41761503_2189630977923708_1264192416345227264_n.jpg

 

IMG_1447.JPG

 

41761473_2189630887923717_8312181101372112896_n.jpg

 

IMG_1456.JPG

 

IMG_1464.JPG

 

41741885_2189630927923713_8475642986812669952_n.jpg

 

IMG_1467.JPG

 

IMG_1461.JPG

 

上卿以下の雁列といわれる頓宮西側での列立は

雨儀により礼堂内に変更となりました。

 

41853865_2189630854590387_5690408780425068544_n.jpg

 

 

今年も石清水祭に参列させていただきましたことを心より感謝いたします。

今後も八幡大神様の御神徳に感謝し、精進してまいります。

ありがとうございました。

石清水祭にお越しの際は走井餅老舗へお立ち寄りください

  • 2018.09.14 Friday
  • 10:00


 

いよいよ今夜から、勅祭石清水祭が斎行されます。

男山山上の御本殿から一年で一度のこの日のみ、

八幡大神様が山麓へお臨みになられます。

山麓の頓宮殿では天皇陛下のお遣いである勅使参向のもと、

天皇陛下のお供え物 御幣物が奉幣される、大変格式のあるお祭りです。

 

IMG_7890.JPG

 

当店は、頓宮殿より徒歩1分もかからない場所にあります。

一年に一度、普段はのんびりとした山麓が、なんともいえない特別な重厚な雰囲気に包まれるこの日が、

とても好きで、また、こんなに貴重な神事が行われているところのすぐそばにいさせていただいていることが

改めてありがたく感じる日です。

 

 

石清水祭は、今夜の真夜中に神幸、早朝に奉幣、朝に放生行事、そして明日の夜に還幸、と

神事があるため、なかなか参列はしにくい時間帯ではあるのですが、

今年は土曜日でもありますので、是非皆様もお越しいただき、素晴らしい雰囲気を体感していただきたいと思います。

 

お越しの際は、石清水八幡宮門前名物走井餅をお求めください。


10個入り 1300円

(5個入り700円から40個入り5000円まで)

 

 

朝8時から営業しています。

茶店でも朝8時からお召し上がりいただけます。



抹茶と走井餅 600円

 

季節の和菓子は、月見団子・栗抹茶羊羹・わらび餅の三種類です。

 

走井餅と月見団子

煎茶付 450円
抹茶・珈琲・グリーンティー・冷やし飴付 650円
 

走井餅と栗抹茶羊羹

煎茶付 480円

抹茶付・珈琲・ひやしあめ付 各680円

 


走井餅とわらび餅

煎茶付 450円
抹茶・珈琲・グリーンティ付 650円

 

かき氷もまだ継続中!(ほうじ茶氷は終了しました)


11923244_544327179049967_5473730270783382092_n.jpg

走井餅しぐれ 750円

 

「八幡の梨氷」 900円

 

現在の梨の品種は、「新高」です。

 

20180906_112853.jpg

 

ぜんざいは冷やしも温かい方も両方しています。


冷やし白玉ぜんざい 600円

 


冷やし抹茶ぜんざい 700円

 

 

ぜんざい 600円

 

抹茶ぜんざい 700円

 

 

おうどんは温かいお出汁に変わりました。



走井うどん 820円(走井餅1個付)

 


走井うどんの赤飯膳(走井餅付) 1120円

 

皆様のお越しをお待ちしております。

石清水祭各論6 還幸の儀

  • 2018.09.13 Thursday
  • 17:50

還幸の儀 午後4時半   @山麓頓宮 (一般見学不可)

 

15日夜中に山上から山麓へ降りてこられ、頓宮殿で一日お過ごしになった八幡大神様。
15日夕刻にまた、400人ものお供の行列を従え山上へとお戻りになられます。

御神体を御鳳輦におうつしになる神事は勅使さまのもと行われます。

 

 

 

16時半

還幸の儀に先立ち、地元・八幡の産土神の高良社に夕御饌(ゆうみけ)がお供えされます。

 

IMG_4079.JPG

 

IMG_4080.JPG

 

IMG_7897.JPG

 

これは上卿は関わらないため、斎館の前で行列されています。

 

IMG_7898.JPG

 

上卿は4.5mもある赤い裾(きょ)をまとめて折りたたみ左手で持っています。

裾を折りたたむのは召使の仕事。

 

IMG_7899.JPG

 

これも決して上卿が雑談しているのではなく、召使に命令を出しているところです。

 

 

 

17時 還幸の儀

 

上卿以下著座

 

IMG_4085.JPG

 

斎館前の礼堂に入られました。

姿勢を正されたり、崩されたり、合図とともに上卿以下が一斉に行われます。


DSC_4688.JPG

 

けんれん

御神前の御簾(みす)が神職さんの手により
巻きあげられ、御開扉となります。

 

IMG_4086.JPG

 

IMG_4087.JPG

 

 

献饌

神饌(しんせん)がお供えされます。

 

IMG_4091.JPG

 

IMG_4089.JPG

 

 

上卿「見参(げざん)」を被見

外記が上卿に見参という神禄を受ける者の名簿をすすめています。

 

 

 

IMG_7906.JPG

 

外記(五位)は、太政官の主典で文書を司る役職です。

明るい赤と入欄のほうという古風な束帯姿が定め。

外記以下はさいぢゃくという短い裾を著けています。

 

垂簾(すいれん)

大切なところは五色幕がはられ一般の目には触れないようにされます。

 

IMG_4101.JPG

 

IMG_4103.JPG

 

 

 

 

神宝御剣拝受

神様のおそばに常にある神宝御剣が先にうつされます。

「御躰の神剣(ぎょたいのしんけん)」とも尊ばれ、御神体三座につきそれぞれ

「一の御剣」「二の御剣」「三の御剣」とあります。

 

 

IMG_7907.JPG

 

 

神職によって頓宮内から持ち出され、神宝御剣神人に手渡されます。

行列の間中、神宝御剣神人は神剣を捧持し、御鳳輦に近侍します。

 

 

上卿以下は礼堂から出て、履き物を履き替えます。

 

IMG_4112.JPG

 

移動されるまでの間、椅子の横に履き物だけがずらりと並んでいるのが、

なんともかわいらしく見えます。

 

DSC_4685.JPG

 

DSC_4688.JPG

 

 

 

履き物を履き替えると上卿以下は頓宮西側に列立します。

この整列の姿は、渡り鳥の飛ぶ姿に似ていることから「雁列(がんれつ)」と呼ばれます。

 

 

 

長い裾がわかりますでしょうか。

 

 

 

 

 

出御

御神体を御鳳輦におうつしになります。

 

まず舞台に三座の御鳳輦が到着。

 

IMG_4121.JPG

 

一座ずつ頓宮内へ

 

 

IMG_4129.JPG

 

白絹の直垂・麻綿たすき姿の駕與丁長神人(かよちょうのおさじにん)が、

出御・入御の際には格別の奉仕をします。

 

 

御神霊をおうつしになっている間、神人は控えています。

 

 

また御鳳輦が頓宮殿手前の舞台に奉安(ほうあん)される際に「ケヒー」という声がかけられます。
これは「警蹕(けいひつ)」と呼ばれる作法で、通常は「オー」という音が一般的ですが、

石清水祭においては「ケヒー」という特殊な警蹕がかけられます。

 

 

DSC_4692.JPG

 

 

 

三座の御神体が御鳳輦におうつりになると、御発御になります。

 

IMG_4141.JPG

 

行列を従えます。

 

DSC_4707.JPG

 

 

DSC_4717.JPG

 

 

18時半ごろ行列をしたがえ出発。表参道をゆっくりとした歩みで上られ、

山上の御本殿にお戻りになられます。

 

 

 

頓宮南門から二の鳥居の間の参道付近(山麓)では

どなた様でも還幸行列を見ることができます。

夜中の神幸行列より、見物の方が多くいらっしゃいます。

一時間弱の立ち見です。

 

シリーズでお伝えしてきました石清水祭。

言葉などが難しかったかと思いますが、少しはご興味を持っていただけましたでしょうか。

結局のところ、15日の朝8時から9時の放生会、または15日夕方18時から19時の還幸行列のどちらかが

観光しやすいポイントでしょうか。

 

いよいよ明日からです。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石清水祭各論5 放生行事

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 12:33

放生行事 午前8時ごろ @放生川・安居橋
魚や鳥が放され、生きとし生ける物の平安をお祈りされます。
童児による胡蝶の舞の奉納がおこなわれます。



朝8時。
お祭りの舞台は頓宮からすぐお隣の放生川と安居橋に移ります。 

放生会は、石清水祭の起こりとなった行事です。

石清水祭は、石清水八幡宮創建より四年後の貞観5年(863年)清和天皇の御代、旧暦8月15日、
宇佐宮の放生会にならって「石清水放生会」として始められました。

八幡大神様が放生川の辺にお臨みになり、魚や鳥を解き放つことにより、生きとし生けるものの
平安を願われたのです。

天暦2年(948年)、村上天皇の御代からは勅会となり、歴代の天皇陛下が毎年勅使を遣わされ、国家の安寧と

国民の幸福を祈請してこられました。

その後、円融天皇の天延2年(974)に、朝廷の諸節会と同じく、雅楽寮の楽人舞人を遣わし、音楽や舞を

演奏することが定められました。

また、後三条天皇の延久2年(1070)には、上卿が勅使を兼ね、参議、近衛次将ら朝廷の諸高官を率いて参向し、

天皇行幸の儀に準じて御鳳輦の渡御を行うなど、荘厳になっていきます。

しかし、後花園天皇の御代の末頃(〜1464)からは、諸国戦乱のため、しばしば斎行が延期されるようになり、

ついに後土御門天皇の文明年間(1470頃)以降は、中絶されてしまいました。

それから約200年後の霊元天皇の延宝7年(1679)に再興されました。

明治初年の大改革により、石清水放生会の名は「仲秋祭」「男山祭」などと改称されたのち、

大正7年より「石清水祭」と改称され、現在に至っています。

 

1000年以上にわたり受け継がれてきた、祭の原点ともいえる放生行事。
祝詞奉唱のなか、川へ魚が、空へは鳩が放され、
橋の上で童子による胡蝶の舞が奉納され、石清水祭のうちの

見どころの一つです。



 

舞台となる川は放生川。

河川名としては大谷川と言いますが、放生行事が行われるこのあたりだけは

この名がついています。

かかる橋は安居橋、通称は太鼓橋です。

放生行事が行われやすいように、端の中央北側一部が出っ張っています。


安居橋の上に、「八幡」の語源である、紅白各四流の大幡が設置され、禰宜以下の神職が現れました。

ここからは宮司・権宮司はご奉仕されません。

 





修祓


大祝詞奉唱



放魚




放鳥









胡蝶の舞

4名の童子が背中に蝶の羽をつけ、山吹の花を挿した天冠をかぶり、

山吹の花の枝を持って舞います。
橋のふもとでは楽人が雅楽を奉奏します。

 

 

 


 

この放生行事は、さざなみ公園よりどなたでも見ることができます。
所要時間は1時間弱。立ち見です。

そして、この放生行事が終わると夕方5時にまた、御神霊が頓宮より
行列をなして山上のご本殿へと戻られる還幸の儀まで
奉納舞楽や奉納演武のほか、これといった祭りごとは行われません。

 

午前10時 舞楽奉納

 

 

 

13時 奉納演武

 

 

夕方からは、頓宮境内はまた崇敬者のみしか入れなくなりますが、

日中は自由に入ることができますので、

御鳳輦や行列の道具、お花神饌を近くで見ることができます。

 

御鳳輦

IMG_7890.JPG

 

IMG_7892.JPG

 

IMG_7895.JPG

 

 

御花神饌

IMG_7868.JPG

 

行列の小道具

IMG_7885.JPG

 

IMG_7886.JPG

 

IMG_7888.JPG

 

IMG_7889.JPG

 

IMG_7883.JPG

 

IMG_7881.JPG

 

 

「石清水八幡宮のお祭りは9月15日」とお思いになって、一般的な時間(お昼頃)に

お越しになっても、何も行われていません。

朝8時から9時ごろまでの放生行事を見学されるか、夕方18時ごろに還幸行列を見学されるしか

お祭りの雰囲気は味わえませんのでご注意ください。

 

次回、石清水祭各論6還幸の儀にて最終回といたします。

いよいよ近づいてまいりました。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM