やわたの文化財一斉公開(八角堂・伊佐家)へ

  • 2019.05.25 Saturday
  • 18:32

今日と明日の2日間、八幡市の文化財が特別公開されています。

全箇所はこちら

 

私も本日、八幡観光してきましたのでそのコースをご案内します。

全部で7か所のうち、今回初公開だったのが八角堂です。

 

長らく八角堂は荒廃していたのですが、平成24年に石清水八幡宮境内が国史跡に指定された際に、

この離れた場所も境内の一部として指定されたことから、修復工事が進み、

5年もの年月をかけて、今回明治期の姿を取り戻すこととなりました。

 

IMG_4347.JPG

 

八角堂は、鎌倉時代の初め、順徳天皇の御願により建てられた八角形の仏堂で、

慶長12年、豊臣秀頼によって再建されました。

もともとは石清水八幡宮境内にありましたが、

明治の神仏分離によって、現在の松花堂庭園からほど近いこの地へ移されました。

この場所は、西車塚古墳で、古墳時代前期(4世紀頃)の木津川左岸最大級の前方後円墳であり、

八角堂はその後円部墳頂に建てられています。

ちなみに現在の松花堂庭園の場所は、東車塚古墳です。

古墳の上なので、入口からは階段で少しだけ上ります。

 

IMG_4359.JPG

 

IMG_4400.JPG

 

IMG_4360.JPG

 

八角形と言っても正八角形ではなく、正方形の四隅を切り取った形をしています。

これは石清水八幡宮に特有の建物の形だそうです。

 

IMG_4345.JPG

 

 

今日明日は特別に内部も公開されており、入ることができました。

 

IMG_4380.JPG

 

残念ながら、ご本尊はここにはいらっしゃいません。

ご本尊は、阿弥陀如来坐像で鎌倉時代の作で、重要文化財に指定されています。

像の高さは3mもあり、台座、光背を入れると5.80メートルもある大変大きなもので、

金色に輝き、仏師・快慶の作風を示すと言われています。

現在は、正法寺に納められています。

正法寺の住職こそが、明治時代の初め、廃仏毀釈で石清水八幡宮の境内から仏教に関わる

建物や道具が取り除かれる際、八角堂を現在の場所に移したのです。

そのおかげで、八角堂のみが、かつて石清水八幡宮の境内にあった仏堂のなかで、廃仏毀釈を免れ、

八幡市内に唯一現存し、現在に至っています。

今日明日は、正法寺も特別公開されているので、この阿弥陀如来座像を拝むことができます。

まだご覧になったことのない方は、八角堂に行かれた次に、必ず正法寺に訪れていただきたいです。

 

IMG_4348.JPG

 

さて、ご本尊はいらっしゃいませんが、内部の彩色は美しくよみがえっています。

牡丹や唐草が、柱や貫に色鮮やかに描かれており、流れや太さが少しずつ異なり、一つとして同じものがないのが

見どころです。

 

IMG_4386.JPG

 

 

 

IMG_4374.JPG

 

IMG_4373.JPG

 

IMG_4372.JPG

 

IMG_4371.JPG

 

IMG_4370.JPG

 

IMG_4369.JPG

 

IMG_4368.JPG

 

IMG_4394.JPG

 

東西南北四方には、梵字が入っています。

 

IMG_4388.JPG

 

IMG_4387.JPG

 

IMG_4361.JPG

 

IMG_4379.JPG

 

すべて異なった文字が入っています。

正面のみ大きさが大きく、またヒノキの素材も秀頼のころのものだそうです。

ちなみに正面は、明治時代の移築の際、東正面から南正面に改められています。

 

IMG_4391.JPG

 

八角堂の屋根は、8つの角に2こずつ鬼瓦が据えられています。

鬼瓦の横には瓦師の名前が彫ってあり宇治の「源左衛門」という、1600年代後半から

1700年代前半に京都南部にある寺院の鬼瓦を作っていた職人で、

八幡市内ではほかに正法寺や石清水八幡宮摂社の狩尾社を手掛けています。

市外では三室戸寺や万福寺、醍醐寺などにも納めているようです。

鬼瓦の顔は一つとして同じものがなく、表情を見ているだけでも面白いです。

 

IMG_4385.JPG

 

IMG_4384.JPG

 

IMG_4364.JPG

 

IMG_4363.JPG

 

その中に一つ、特筆すべき鬼瓦があります。

なんと鬼の顔が正面だけでなく、両側面にもあり、3つ組み合わさった珍しいものがあります。

 

IMG_4396.JPG

 

これは16の鬼瓦のうちひとつだけで、東北東、つまり鬼門に据えられています。

鬼門封じの考え方によるものだと推察されます。

 

IMG_4383.JPG

 

また宝珠の下の露盤に四方2つずつ、合計8つの三つ巴紋が据えられています。

そこも、北東の1枚のみ、まわし方がほかの7つと異なっています。

 

IMG_4362.JPG

 

石清水八幡宮の社殿にも、三つ巴のまわし方が逆向きなものがひとつだけあったりします。

これは当時の職人さんが間違ったのではなく、鬼門封じであったり、完全なものをあえて作らず未完にしておくという

日本人の考え方によるものです。

おもしろいですね。

 

八角堂はかつて、石清水八幡宮境内の内、本殿に向かって西側にありました。

現在の三女神社の裏あたりです。

かつては西谷門があり、大阪方面からの参詣路の入り口でした。

門をくぐると北に八角堂、南に大塔といわれる巨大な仏塔がそびえたち、参詣者を

出迎えていました。

いまではなにも残っておらず、想像がつきませんが、西口は仏教色がかなり濃かったことが伺えます。

 

IMG_4376.JPG

 

IMG_4375.JPG

 

 

 

IMG_4378.JPG

 

明日26日も、11時・12時半・14時と説明も行われます。(見学は11時から15時随時可)

暑いですが、青もみじと青空と朱色のコントラストも美しい八角堂へ是非お越しください。

 

IMG_4392.JPG

 

IMG_4382.JPG

 

11時の説明会を終えると、すぐお隣の松花堂庭園でお食事はいかがでしょうか。

吉兆では、松花堂弁当がいただけます。

 

IMG_4411.JPG

 

IMG_4401.JPG

 

IMG_4405.JPG

 

IMG_4406.JPG

 

IMG_4408.JPG

 

IMG_4409.JPG

 

IMG_4403.JPG

 

八幡のキーパーソン松花堂昭乗ゆかりの松花堂弁当を本場で召し上がってみてください。

 

オススメのコースとしてはその後、正法寺へ行って、八角堂のご本尊をご覧ください。

 

私は以前お伺いしたことがあるので、今回は、伺ったことのなかった伊佐家へ行ってきました。

場所は流れ橋から徒歩すぐ。

 

IMG_4412.JPG

 

IMG_4414.JPG

 

IMG_4413.JPG

 

 

流れ橋のかかる木津川には、水がほとんどなく砂が露呈しています。

ふもとのお茶畑はお茶摘みが終わったとこなのか覆いが外されていました。

 

 

IMG_4416.JPG

 

伊佐家は代々天領の庄屋を務めた家で、敷地は2600屬發△蝓

蔵など何棟もの建物からなりますが、主屋は享保19年(1734年)の入母屋づくりの茅葺屋根で立派な建物です。

国の重要文化財となっています。

茅葺は戦前までは10年ごとにやりかえていたのですが、最近は材料も手に入りにくくなり、

吹き替えの期間が長くなってきているそうです。

 

IMG_4417.JPG

 

ほとんど285年前のままの建物で、おくどさんや井戸跡など江戸時代の生活様式も

見ることができ大変面白いです。

おくどさんは普段用と冠婚葬祭用の大きなものとありました。

お嫁に来た時にのってきゃはったかもという籠まで残っています。

主屋は、桃山でとれたという土を使った赤壁が特徴なのですが、これも現在ではとれなくなっており、

昔の家屋を維持する大変さをお聞きしました。

ご当主の伊佐さんに、丁寧にご説明していただいたのもとてもよかったです。

11時・13時・14じ(見学は11時から15時)300円

 

 

 

 

私は、今回この2か所が初めてだったので、2つだけにしましたが、

皆様はせっかくなので、行ける範囲で廻ってみてくださいね。

 

明日で、現在の車両が終わりになり、見納め、乗りおさめになる男山ケーブルもオススメです。

 

ただし大変暑いですので、熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

 

京阪電車で帰る前に、当店にお立ち寄りいただき、かき氷やグリーンティーなど、

冷たいものでクールダウンご休憩はいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

春季献茶祭のご案内

  • 2019.05.23 Thursday
  • 14:35

   



5月28日、石清水八幡宮で春季献茶祭(表千家献茶祭)が行われます。
尺八 都山流宗家 中尾都山氏が奏でる秘曲「岩清水」の調べのなか、
不審庵 表千家家元のお点前により濃茶・薄茶が点てられ御神前に献上されます。
また、境内各所にはお茶席が設けられます。

緑が美しく、薫風が気持ち良い好季節に
おいしいお茶とお菓子をいただきながら、ゆったりと過ごされてみるのはいかがでしょうか。



当日券も出ますので、同門でなくてもどなた様でもご参加いただけます。
新茶や高山茶筅の販売なんかもあって気楽に楽しめます。
18673136_1933044890248986_2400612167784357654_o.jpg
18700835_1933044893582319_5251540031330948394_o.jpg

18738970_1933044790248996_5523752050584945796_o.jpg
・表千家の献茶祭参列
・薄茶席3席
・煎茶1服
・玉露1服

春季献茶祭
5月28日(火)
お問い合わせは石清水八幡宮へ。075-981-3001
当日は、山上の走井餅老舗石清水八幡宮境内店も営業しております。
お土産に、門前名物走井餅をお求めください。
なお、男山ケーブルは車両入替のため運休です。
山上までは徒歩20分またはお車かタクシーをご利用ください。

さようなら男山ケーブル

  • 2019.05.22 Wednesday
  • 11:19

石清水八幡宮御本殿のある男山山上へとつなぐ男山ケーブルが

この度大幅なリニューアルをされることとなりました。

1968年より親しまれてきた、ベージュとえんじ色の「ザ京阪特急カラー」であった車両に

お乗りいただけるのは、今週末で最終となります。

記念でご乗車しておきたい方はお早めに!

 

IMG_8030.JPG

 

IMG_8031.JPG

 

IMG_8032.JPG

 

IMG_8034.JPG

 

IMG_1569.JPG

 

5/27から6/18まで車両入替の工事が行われ、6/19より新たな車両へ生まれ変わります。

また、10月1日からは「男山ケーブル」の名称も「石清水八幡宮参道ケーブル」となり、

山麓の駅名は「八幡市」から「ケーブル八幡宮口」駅へ、

山上の駅名は「男山山上」から「ケーブル八幡宮山上」駅へ

それぞれ名称変更となります。

 

IMG_2858.JPG



 

 

新しい車両は楽しみですし、観光客の方へはわかりやすい名前へとなったのかもしれませんが、

昔から慣れ親しんだ名前が変わるのは案外寂しいものですね。







 

工事に伴い、5/27から6/18は、男山ケーブルは運休となります。

代替のタクシー輸送があるようですが、この機会に徒歩での参拝もおすすめです。

そもそも1926年に男山ケーブルが誕生しましたが、石清水八幡宮創建から

ケーブルができるまでの1000年以上は、ご参拝の手段はご自身の足だったわけです。

ケーブルが誕生してからも、戦争のため運休されたり、戦後も贅沢品だと言われ

徒歩でのご参拝が主流でした。

一の鳥居をくぐり、昔からの参道を歩いた方が見どころはたくさんありますよ。

また本ブログで、参道の見どころについてご紹介いたします。

 

やわたの文化財一斉公開のご案内

  • 2019.05.21 Tuesday
  • 15:40

今週末5月25日(土)26日(日)の二日間、

【新緑 やわたの文化財一斉公開】が開催されます。

八幡市内の8か所もの社寺等が特別に公開されます。

観光案内所などでチラシをもらうと、スタンプラリーができるようになっており、

集めたスタンプの数で特典もあります。

新緑の美しい散策に絶好の時期、やわたの文化財を廻ってみませんか?

 

なかでも、平成26年から5年もの保存修理工事が行われていた八角堂が

初公開されます。

時間帯によっては説明も行われ、今回の目玉といえるでしょう。

明治期の極彩色を取り戻した八角堂をお見逃しなく!!

 

IMG_4347.JPG

 

下記の8か所が一斉公開されます。

 

1、国宝 石清水八幡宮

 

 

 

貞観元年(859年)に、奈良・大安寺の僧、行教律師によって宇佐よりこの地に勧請され、翌2年に創建されました。
ご祭神は、応神天皇、神功皇后、比彗膺世了或世如朝廷の崇敬も厚く、伊勢神宮に次ぐ第二の宗廟として崇められました。


源義家が7歳のとき、石清水八幡宮で元服し、「八幡太郎義家」と名乗ったことも有名です。


国宝の社殿は、寛永8年(1631年)徳川家光公の造営によるものです。
社殿の内側には織田信長公寄進の黄金の樋があります。
これは石清水八幡宮に天災などが降りかかった時にはこの樋を換金して
対処に当たるようにと言われたと伝えられています。

また、回廊は極彩色に彩られた鳥や動物などの見事な彫刻で取り囲まれています。
これらは、徳川家光公の命によって稀代の名工と謳われる左甚五郎が手掛けたもので

そのうちの一つ「目貫の猿」にはこのような伝説が残っています。
猿が夜中に彫刻から抜け出し悪さをして人々を困らせていたところ、

彫刻の右目にくぎを刺したところ抜け出して悪さをすることがなくなったと伝わっています。
 

普段から一日2回、社殿の内部は神職さんの案内で見せていただけますが、(有料1000円)

今回は、回数が4回に増え、またこの二日間限定で「仏眼仏母尊像」も特別公開されます。

 

5時半〜18時半

 

2、飛行神社

 

 

飛行機の発明、というとライト兄弟が有名ですが、実はそれより12年も前に
忠八によって成功されていました。
ですが、当時日本は日清戦争のまっただなか。
忠八は時代の流れに翻弄され、無念の涙をのんだのでした。

ときは流れ、世界が飛行機の時代へと動くとともに、
飛行機による犠牲者が多くみられるようになります。
それを知った忠八は、同じ飛行機を志した人間として
これを見すごすことはできないと、その霊を慰めるために
大正4年に八幡の自邸内に私財を投じて飛行神社を創建し、
航空安全と航空事業の発展を祈願しました。

 

 

資料館(有料300円)も併設されており、カラス型飛行器や

忠八所縁の資料が展示されています。

 

八幡市駅から徒歩5分

9時から16時

 

3、神應寺

 

IMG_4260.JPG

 

IMG_4258.JPG

 

IMG_4257.JPG

 

神應寺は貞観2年(860)宇佐より石清水八幡宮を勧請した奈良の大安寺の高僧、行教に
よって、応神天皇の霊を奉安するために建立されました。

文禄年間(1592〜1596)、征韓の役にあって豊臣秀吉は、石清水八幡宮に詣で、軍の先鋒に神官を望みましたが、

神社側は恐れて命に服しませんでした。

秀吉は機嫌を損ねたのですが、神應寺住僧の機転で、征韓の首途にはまず應神天皇の御寺に参詣すべきと進言。

秀吉は機嫌を直し、寺領200石を寄進したそうです。

男山中腹に位置する本堂には、豊臣と徳川の家紋がふたつならんでおり、大変珍しいものです。

普段は本堂を公開されておられませんが、この日は

もとは石清水八幡宮の開山堂にお祀りされていた行教律師坐像が特別公開されます。(有料500円)

駅からは徒歩1分ですが、階段が5分!

青もみじも美しいので、がんばって登ってください!

 

10時〜15時

 

4、善法律寺

 

IMG_4232.JPG

 

IMG_4235.JPG

 

IMG_4236.JPG

 

 

 

IMG_4239.JPG

 

石清水八幡宮の法務寺院として開山した善法律寺。

境内の紅葉は足利義詮に嫁ぎ、義満を産んだ善法寺家の良子が寄進したもので、

もみじ寺と呼ばれています。
もとは石清水八幡宮に祀られていたご本尊の八幡大菩薩像、
力強い愛染明王像、不動明王像、
石清水八幡宮頓宮からもたらされた宝冠阿弥陀如来像、
平安時代の地蔵菩薩像、
石清水八幡宮観音堂の本尊であった十一面千手観音像、
このほかにもたくさんの仏像の数々。
石清水八幡宮の旧社殿の材料を用いて寛永年間に建立された本堂の中は、神仏習合の名残が色濃く残り、
本当に素晴らしいものです。

普段は非公開ですのでこの機会に是非お詣りください。

青もみじも美しいです。

 

13時〜16時

500円

 

 

5、正法寺


 

 

正法寺は、建久2年(1191年)に、高田蔵人忠国が源頼朝の幣礼使としてこの地に居住したことに始まります。
慶長年中(1596〜1610年)には、娘の亀女(号=相応院)が徳川家康の側室となったことで有名です。
それには、こんなエピソードが今に伝わっています。
お亀さんが子どもを行水させていると家康の行列が通りました。
お亀さんは慌てて子どもをタライに入れたまま家の中へ。
これを見ていた家康は
「この人なら元気な子どもを生んでくれるに違いない」
と見初めたといいます。
お亀さんは、尾張藩主となる義直を産みました。
寺は同藩の庇護を受け、八幡領が検地を免除され、
守護不入の特権を得られたのは、
彼女の働きによるところが大きかったそうです。
現在の建物は、寛永7年(1630年)に再建され、
本堂・方丈・唐門・鐘楼など七堂伽藍を備えた名刹です。

また木造阿弥陀如来坐像は、石清水八幡宮の本地仏で、

もとは八角堂に祀られていたものです。

今回、八角堂が特別公開されるので、是非ともセットで見ておかれることをおすすめします。

通常非公開ですが、今回は特別公開されます。

 

八幡市駅からバス

10時半〜15時 

700円

 

6、単伝庵(らくがき寺)

 

 

 

IMG_4242.JPG

 

 

ここは、走り大黒さんをお祀りされている大黒堂の内壁に

参拝者が心願を「らくがき」することで有名で、らくがき寺と呼ばれ親しまれています。

いわば、白壁すべてが絵馬がわり。

大黒さんは南北朝時代、石清水八幡宮の改築の際に、楠正成が武運長久を祈願して寄進した楠から

刻まれていて、走っておられるお姿が特徴です。

普段から平日は公開されていません。

今回はお茶席も設けられます。(500円)

 

八幡市駅から徒歩10分

9時から15時

拝観100円

らくがき祈願 300円

 

7、八角堂

 

 

IMG_4345.JPG

 

IMG_4350.JPG

 

八角堂は、慶長12年、豊臣秀頼によって再建された八角形の仏堂で、

もともとは石清水八幡宮境内にありましたが、

明治の神仏分離によって、現在の松花堂庭園からほど近いこの地へ移されました。

この場所は、西車塚古墳で、古墳時代前期(4世紀頃)の前方後円墳であり、

八角堂はその後円部墳頂に建てられています。

本尊の木造阿弥陀如来坐像は国の重要文化財に指定されており、

現在は正法寺境内に祀られています。

長らく八角堂は荒廃していたのですが、平成24年に石清水八幡宮境内が国史跡に指定された際に、

この離れた場所も境内の一部として指定されたことから、修復工事が進み、

5年もの年月をかけて、今回明治期の姿を取り戻すこととなりました。

改修後初の一般公開となる今回は、説明会も設けられ、内部も見せていただけるようです。

 

松花堂庭園から徒歩すぐ

11時〜15時

(説明会は11時・12時半・14時の三回)

 

8、伊佐家住宅

 

江戸時代に庄屋を務めた伊佐家の住居。

主屋は、今では入手困難な壁土「桃山」を用いた赤壁で、

入母屋づくりの茅葺屋根で立派な建物です。

国の重要文化財となっています。

 

流れ橋や四季彩館の方面です。


 

10時半〜15時

ガイド付き見学は11時・13時・14時

見学料300円

黒糖ういろ

  • 2019.05.16 Thursday
  • 10:59

鳩ケ峯ういろの季節味が、さくらから黒糖へ切り替わりました。   

 

DSCN0467.JPG

黒糖ういろ 700円

沖縄波照間産の黒糖を使用。
懐かしい香りと、コク。
甘すぎず、おいしくお召し上がりいただけます。

 

DSCN0492.JPGDSCN0492.JPGDSCN0492.JPG

 

 

DSCN0477.JPG

 

当店の鳩ケ峯ういろはつるりとしていて、もちもちとした食感が人気です。
それは一般的に使用する米粉よりもきめが細かく高価な、上用粉という
種類の米粉を使用しているからです。
日持ちはしないのですが、
だからこそおいしい生ういろ、是非ご賞味ください。

 

ういろは苦手、という方にも食べていただきたいです。

 

定番の白、抹茶と季節限定味で常に三種類ご用意しています。
冬限定の酒かす味が出るまで黒糖味をお楽しみください。

 

これからの季節は少し冷やしてもおいしいです。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM