全国のはちまんさん

  • 2017.06.23 Friday
  • 10:03

全国あちこちに八幡神を祀る八幡宮は4万社もあるといわれているそうです。
それぞれ地域の方は信仰する八幡宮を親しみを込めて
「はちまんさん」と呼んでいらっしゃるのではないでしょうか。

全国八幡宮連合の総本部をつとめていらっしゃる石清水八幡宮では
毎年6月に約100社の全国各地の八幡宮の宮司さんが集まり、お祭りをされています。

本年は6月28日(水)、午後5時より鎮護八幡神火祭 が行われます。
神苑の焼納場において全国の八幡宮の氏子から集められた2万本ものご祈祷木が
お焚きあげされます。
大祓詞が唱えられるなか火柱が6mほどあがる姿は圧巻です。









里神楽も奉納されます。





迫力ある祈りの火柱。
全国の八幡宮の氏子の健康が御祈願されます。

6月28日(水)17時から
どなたでも拝観自由です。

水無月

  • 2017.06.01 Thursday
  • 12:29

今日から水無月(6月)ですね。

今朝、早速に石清水八幡宮の世話方さんから、人形(ひとがた)が届きました。

 

人形とは6月30日の水無月の大祓に使用するもので、

人形に半年間の罪・穢れ・災厄をこれに移して、茅の輪をくぐると
暑さきびしい夏を乗り越えられるといわれています。

人形に名前と年齢を書きます。



そして、体の気になるとこをさすります。



そして願いをこめて息を吹きかけます。



これで人形に私の半年分の罪や穢れが移されました。

神事は6月30日の午後3時から。

 

 

「水無月の夏越の祓へする人は、千歳の命延ぶといふなり」
と唄いながら、茅の輪を八の字に3度くぐります。

 


神さんのお祭りごとってじ〜っと座って神事を見ているだけのものが多い中、
これは参列者参加型で楽しいですよ。

申し込み不要で当日どなた様でも参加していただけます。

水無月の大祓式(夏越の祓)
6月30日(金)
15時から
石清水八幡宮山上 南総門前

 

石清水八幡宮に茅の輪が設置されるのはもう少し先。

例年15日ごろに設置されます。

 

 

茅の輪設置期間中はどなた様でもご自由にくぐれますので、

ぜひくぐって穢れを落としてください。

ちなみに人形もお札授与所でいただけます。

30日に参加できなくても人形に上記の要領で災厄をうつして

納めておくと30日にお祓いしてくださいますよ。



もちろんお菓子のみな月も、30日当日もですが、本日も絶賛販売中です。

6月は季節の和菓子、みな月をお楽しみください。

 

みな月 白・抹茶 各150円
 

その昔宮中では、京都の蒸し暑い夏を無事に乗り切れるように
この大祓の日に氷雪を口にしました。
冷凍庫などのない当時に、この時期の氷はとっても貴重なもの。
もちろん庶民の口には入りません。
そこで、氷雪をかたどった三角の形をしたういろに
邪気払いの小豆をのせたお菓子が庶民の間に広まったことが
「みな月」の起こりです。



当店のみな月は白と抹茶の2種類。
少し冷やして食べてもおいしいですよ。

店内でもお飲み物とセットにしてお召し上がりいただけます。

 

石清水八幡宮献茶祭のご案内

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 09:52

 



5月28日(日)、石清水八幡宮で春季献茶祭(表千家献茶祭)が行われます。
尺八 都山流宗家 中尾都山氏が奏でる秘曲「岩清水」の調べのなか、
表千家宗匠のお点前により濃茶・薄茶が点てられ御神前に献上されます。
また、境内各所にはお茶席が設けられます。

緑が美しく、薫風が気持ち良い好季節に
おいしいお茶とお菓子をいただきながら、ゆったりと過ごされてみるのはいかがでしょうか。





私もお客さんとして伺うのを毎年楽しみにしているお茶会です。
新茶や高山茶筅の販売なんかもあって気楽に楽しめます。

2000円で臨時券が販売されますので、
当日でもどなたでも参加できます。

・表千家の献茶祭参列
・薄茶席3席
・煎茶1服
・玉露1服
・男山ケーブル割引券

これらが全てついて2000円とはお値打ちです。

春季献茶祭
5月28日(日)10時〜
お問い合わせは石清水八幡宮へ。075-981-3001
当日は、走井餅老舗石清水八幡宮境内店も営業しております。
お土産に、門前名物走井餅をお求めください。

緑輝く男山

  • 2017.04.30 Sunday
  • 11:08

緑輝く男山

峯行く雲は僕たちの

明日の希望を呼んでいる

あぁ男山男山

 

わが母校の校歌です。

 

新緑の男山、輝いています。

ご参拝に、ハイキングに、是非お越しください!

 

DSCN0243.JPG

 

DSCN0244.JPG

 

DSCN0246.JPG

 

DSCN0249.JPG

 

DSCN0256.JPG

 

DSCN0266.JPG

 

DSCN0258.JPG

 

DSCN0259.JPG

 

 

 

DSCN0267.JPG

 

DSCN0268.JPG

 

DSCN0270.JPG

 

DSCN0272.JPG

 

DSCN0264.JPG

 

◎ゴールデンウィーク期間の営業のご案内◎

 

4/25〜5/7まで休まずに毎日営業します。

8時から18時まで。喫茶ラストオーダーは17時半です。

 

石清水八幡宮の境内店の営業日は、4/29・30・5/3・4・5・6・7

10時から16時。5/4のみ10時〜21時。

 

5/4石清水灯燎華(夜間ライトアップ)の日は、山上の境内店のみ21時まで営業。

(ただし売切れ次第閉店)

山麓の本店は18時までで閉店しますのでご注意ください。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

 

5/5菖蒲祭のご案内

  • 2017.04.28 Friday
  • 10:56

 

石清水八幡宮では、五節供に『石清水八幡宮の御節会(五節供祭)』を斎行されています。

五節供(五節句)とは
1月7日 尽日の節句
3月3日 上巳の節句
5月5日 端午の節句
7月7日 七夕の節句
9月9日 重陽の節句
とされ、古の日本人は季節の移ろいを大事にし、
その節目節目に厄除けや無病息災を願う主要な行事だったそうです。


石清水八幡宮では勅節として江戸時代以前は、石清水祭や御神楽と並び、
重要な行事として行われていました。


1月7日 七草祭
3月3日 桃花祭
5月5日 菖蒲祭
7月7日 七夕祭
9月9日 菊花祭

 

この五節句祭は、お供えとしてお菓子を伴うことが多く、当舗が担当させていただいております。

 

来る5月5日は菖蒲祭。

 

御本殿は菖蒲で飾られ、
烏帽子に菖蒲を飾りつけた神職さんによって八幡大神様へちまきや柏餅などのご神饌がお供えされます。

 

菖蒲のかんざしをつけた巫女さんが優雅に豊栄舞を舞われると、
まるで宮中にいるかのような雅な気分に浸ることができます。

 

祭典終了後は、神職さんのお話を聞きながら直会として

御神前にお供えされた柏餅と菖蒲酒がいただけます。
これは供食といって、神様に召し上がって戴いたものを私たちも皆で分かち戴くいう考えで、

石清水八幡宮では、お菓子を御神前にお供えし、祭典を行い、
お供えしたお菓子を撤下神饌として供食する神事が古より行われていました。

 

 

予約不要、当日受付でどなた様でも参列できます。

また、この時期だけの限定の菖蒲神札や鯉守も販売されます。

こども、特に男の子の成長を祝う日。

今年は石清水八幡宮にお参りしてみてはいかがでしょうか。

5月5日(金)10時より約1時間
参列料 1000円
場所 石清水八幡宮御本殿
詳細は石清水八幡宮へお問い合わせください。

 


 

 

◎ゴールデンウィーク期間の営業のご案内◎

 

4/25〜5/7まで休まずに毎日営業します。

8時から18時まで。喫茶ラストオーダーは17時半です。

 

石清水八幡宮の境内店の営業日は、4/29・30・5/3・4・5・6・7

10時から16時。5/4のみ10時〜21時。

 

5/4石清水灯燎華(夜間ライトアップ)の日は、山上の境内店のみ21時まで営業。

(ただし売切れ次第閉店)

山麓の本店は18時までで閉店しますのでご注意ください。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

石清水灯燎華のご案内

  • 2017.04.22 Saturday
  • 14:01

お花見が終わったと思ったら、あっという間にゴールデンウィークですね。

ご予定はお決まりですか?

石清水八幡宮では、夜間ライトアップが行われます。

 


石清水灯燎華〜いわしみずとうりょうか〜

5月4日(祝)19時〜21時
雨天は5日に順延

石清水八幡宮では10数年前から毎年一度夜間ライトアップが行われています。
献灯といって、行燈の周りに願いや祈りと名前を書き、奉納することもできます(500円)。

 








境内の数百基の石灯籠にもすべて灯りがともされます。



また、灯りと由縁あるエジソン記念碑も照らされます。





境内拝観は無料ですが、有料(1000円)で国宝に指定された御本殿に昇殿し、正式参拝と
文化財の特別拝観も行われます。

 

また境内には抹茶席も設けられ、この日だけの特別なお菓子「石清水」を
お召し上がりいただけます(500円)。




5月4日は当店の石清水八幡宮境内店も21時まで延長営業いたします。

走井餅のほか、柏餅、ちまき、わらび餅もご用意いたします。
是非、石清水八幡宮ご参拝のお土産にお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

◎ゴールデンウィーク期間の営業のご案内◎

 

4/25〜5/7まで休まずに毎日営業します。

8時から18時まで。喫茶ラストオーダーは17時半です。

 

石清水八幡宮の境内店の営業日は、4/29・30・5/3・4・5・6・7

10時から16時。5/4のみ10時〜21時。

 

5/4石清水灯燎華(夜間ライトアップ)の日は、山上の境内店のみ21時まで営業。

(ただし売切れ次第閉店)

山麓の本店は18時までで閉店しますのでご注意ください。

 

皆様のご来店をお待ちしております。

八幡の一番桜

  • 2017.03.19 Sunday
  • 11:18

 

うちから一番近くの、一番目に咲く桜。

サクランボのなる桜。

石清水八幡宮、入ってすぐのお池の畔。

子供のころからこの桜が咲くのが毎年とても楽しみで

毎日毎日つぼみを見に行っていたっけ。

今年はまだほとんど一の鳥居をくぐることができなくて、

でもぱあっと白い華やかな雰囲気に誘われて、近づいてみると満開だった。

6年前、東日本大震災の後、勇気をくれたのもこの桜だった。

今年も変わらずに、きらきらと輝く春の光に照らされて、力強く咲いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃花祭のご案内

  • 2017.02.17 Friday
  • 14:48

 

 

石清水八幡宮で行われる桃の節句のお祭りについてご案内します。

 


石清水八幡宮では、五節供に『石清水八幡宮の御節会(五節供祭)』を斎行されています。

五節供(五節句)とは
1月7日 尽日の節句
3月3日 上巳の節句
5月5日 端午の節句
7月7日 七夕の節句
9月9日 重陽の節句
とされ、古の日本人は季節の移ろいを大事にし、
その節目節目に厄除けや無病息災を願う主要な行事だったそうです。


石清水八幡宮では勅節として江戸時代以前は、石清水祭や御神楽と並び、
重要な行事として行われていました。


1月7日 七草祭
3月3日 桃花祭
5月5日 菖蒲祭
7月7日 七夕祭
9月9日 菊花祭

来る3月3日の上巳の節句は「桃花祭」として斎行されます。
 

   

御本殿前には桃の花が飾られ、
烏帽子に桃の花をつけた神職さんによって八幡大神様へ草餅などのご神饌がお供えされます。

桃のかんざしをつけ、桃色の衣装を着た巫女さんが優雅に豊栄舞を舞われると、
まるで宮中にいるかのような雅な気分に浸ることができます。

 

祭典終了後は、神職さんのお話を聞きながら直会の草餅と桃酒をいただけます。



3月3日に桃酒を飲むと病が治り、また草餅を食べると厄が祓われると伝えられています。



 

予約不要、当日受付でどなた様でも参列できますので、春めき、雅な気持ちになるこのお祭りに
参列してみてはいかがでしょうか。

3月3日(金)10時より約1時間
参列料 1000円
場所 石清水八幡宮御本殿
詳細は石清水八幡宮へお問い合わせください。






 

初午

  • 2017.02.09 Thursday
  • 15:53

今年の初午は2月12日。

初午とはお稲荷さんの祭日です。

初午には紅白の鏡餅をお供えすることが多く、ご注文が徐々に増えてきました。



 

町内にあるお稲荷さん、会社にあるお稲荷さん、商家にあるお稲荷さん、

いずれも大体初午の日に、紅白のお鏡餅をお供えしてお祭りを行います。

 

前日の11日のお渡し分、当日の朝渡し分共にご予約を承っております。

お早めにご注文ください。

 

 

さて石清水八幡宮にあるお稲荷さん、大扉稲荷社をご紹介します。

石清水八幡宮を表参道から歩いて登っていくと、七曲りという階段が続きます。


 

少し階段が緩やかになり、まっすぐ行くと表参道、右側は石清水社へ続く道との

分かれ道の左手に大扉稲荷はあります。



ここのお稲荷さんは、富くじを当ててくれはるといううわさがあります。





 

ちなみに先に書きました、この分かれ道に当たる場所は祓谷影清塚といわれ、

古はお詣り前にお祓いをし、心身を清める場所でもありました。

夏越大祓や年越大祓もここで行われていたそうです。

 

そんな男山の中でも基点となる場所にあるお稲荷さん。

こちらも初午の日に石清水八幡宮の神職さんによってお祭りが行われます。

 

 

また、七曲りのスタート地点、階段下の下馬所付近には三条小鍛冶相槌稲荷があります。







三条小鍛冶宗近とは平安時代の有名な刀鍛冶で、宗近の刀は、国宝となっております。
また、京都・祇園祭の長刀鉾の初代の長刀も、宗近が奉納したと
伝えられています。

石清水の名水でも宗近は刀を打ったと伝えられており、
その所以でここにお祀りしてあるそうです。

ちなみに走井餅の形の由来は、大津・走井の名水で宗近が名剣を鍛えたという
故事にちなみ、刀の荒身をかたどっております。

実は、明治時代に大津から、7代目が支店を八幡の石清水八幡宮の門前に
構えたのも、石清水八幡宮と八幡が宗近とのかかわりがあったことも
理由の一つなのです。

相槌稲荷の鳥居の裏には7代目 井口嘉四朗の文字が刻まれています。



紀元節とエジソン生誕祭

  • 2017.02.08 Wednesday
  • 09:56

2月11日は、建国記念日。

神武天皇が即位したこの日を戦前までは紀元節と言い、昔から祝日でした。

石清水八幡宮では10時より紀元祭という祭が行われ、皇室の繁栄と国家のますますの発展が祈られます。

 

その2時間後の正午からは境内のエジソン記念碑の前で、エジソンのお誕生日を祝い、遺徳を偲ぶ

エジソン生誕祭が行われ、日米両国の国旗が掲揚され、両国歌が境内に響き渡ります。

 

紀元祭の二時間後にこんな特異な光景を見られる神社はなかなかないのではないでしょうか。

しかもそれが国家第二の宗廟石清水八幡宮で行われているというのは…?



 

 

世界の発明王エジソンの最も代表する発明品といえば白熱電球でしょう。

「世界の夜を昼にした」と言われ、文明の進歩を大きく助けました。

 

その白熱電球の発明になくてはならなかったのがここ京都八幡の竹です。

 

エジソンは、最も長く灯るフィラメントの素材を世界中に探していました。

その中で、なんと八幡の真竹をフィラメントに使用した電球が最も長く輝いたのです。





八幡市駅の前にはエジソン通りがあり、エジソンの胸像があります。










その由縁で石清水八幡宮にはエジソン記念碑が建立されています。

 

 

神社の境内にエジソン記念碑とは驚かれるかもしれませんが、実はその歴史は古く、

昭和17年に私のおばあさんが小学校の遠足でその前で記念撮影をしています。



 

このエジソン記念碑は、今のものの先代で展望台にあったころです。

土地の権利の問題で昭和33年に今の場所へ移されます。

 

戦後、GHQが官幣大社をいわば戦犯として潰そうかと石清水八幡宮へ視察に来た際、

エジソン記念碑があったことに友好の念を覚えたという話が残っています。

 

日米友好の懸け橋にエジソンが一役買ったわけです。

 

石清水八幡宮では、毎年2月11日のエジソンのお誕生日と10月18日のエジソンの命日には、

エジソン碑の前で祭典が行われ、日米両国の国旗が並び、両国の国歌が流れます。

 

現代でも科学は日々進歩していて、もう一般庶民の私にはわからないレベルになっています。

しかし、発明の原点はやはりエジソンですよね。

真っ暗だった毎日に光がさしたというのはどう考えても素晴らしい発明だったろうと思います。

1%のひらめきと99%の汗

子供のころに伝記を読んだ記憶が残っています。

 

 

2月11日(土・祝)

10時〜 紀元祭 ご本殿にて

12時〜 エジソン生誕祭 神苑エジソン記念碑前にて

 

どちらの祭典も予約不要で参列できます。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM