本日の紅葉速報

  • 2018.11.16 Friday
  • 13:48

背割堤 見ごろ

 

IMG_2035.JPG

 

IMG_2029.JPG

 

背割堤は、木津川と宇治川の間の堤防のことをさします。

八幡市は、三重県東部から流れてくる木津川と、琵琶湖からの宇治川、京都北部からの桂川の

三川が合流し、淀川となる場所です。

淀川は大阪湾へと流れ出ます。

1.4kmの背割堤には、200本以上の桜並木が連なり、全国屈指のお花見スポットとして知られています。

9月の台風でかなりの本数が折れてしまい、閉園が続いていましたが、

メンテナンスも終わり、先日より再開されています。

またきっと春には元気よく花を咲かせてくれるでしょう。

桜葉が色づいています。

川風と陽射しが気持ちよく、のんびりとお散歩するのに最適です。

 

IMG_2027.JPG

 

IMG_2026.JPG

 

IMG_2019.JPG

 

IMG_1992.JPG

 

 

 

IMG_2006.JPG

 

IMG_2001.JPG

 

IMG_1989.JPG

 

IMG_1985.JPG

 

IMG_1984.JPG

 

 

 

また近年、さくらであい館という展望塔ができ、上空から360度の景色を眺めることもできるようになりました。

 

IMG_2043.JPG

 

IMG_1963.JPG

 

IMG_1945.JPG

 

IMG_1947.JPG

 

IMG_1950.JPG

 

IMG_1954.JPG

 

IMG_1956.JPG

 

IMG_1977.JPG

 

八幡市駅より徒歩5分で

駅から直ぐとは思えないほどの大自然と絶景をお楽しみいただけます。

朝日も夕日も美しく、八幡観光でお勧めの場所です。

 

本日の紅葉速報

  • 2018.11.15 Thursday
  • 16:37

石清水八幡宮下院・男山山麓 もうすぐ見ごろ

 

IMG_1863.JPG

 

IMG_1866.JPG

 

IMG_1925.JPG

 

IMG_1926.JPG

 

IMG_1929.JPG

 

IMG_1932.JPG

 

IMG_1921.JPG

 

IMG_1939.JPG

 

 

石清水八幡宮上院・男山山上 もうすぐ見ごろ

 

IMG_1888.JPG

 

IMG_1895.JPG

 

IMG_1902.JPG

 

IMG_1899.JPG

 

IMG_1903.JPG

 

IMG_1905.JPG

 

IMG_1883.JPG

 

IMG_1881.JPG

 

IMG_1880.JPG

 

IMG_1874.JPG

 

IMG_1877.JPG

 

IMG_1875.JPG

 

IMG_1892.JPG

 

 

行楽のお客様が増えてきました!

 

本日の紅葉速報

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 13:39

善法律寺 もうすぐ見ごろ

 

IMG_1811.JPG

 

IMG_1784.JPG

 

IMG_1807.JPG

 

IMG_1786.JPG

 

IMG_1788.JPG

 

IMG_1796.JPG

 

IMG_1799.JPG

 

IMG_1805.JPG

 

IMG_1795.JPG

 

IMG_1797.JPG

 

 

 

IMG_1808.JPG

 

IMG_1810.JPG

 

善法律寺 非公開文化財特別公開は11月24日25日。

同日ゆかりの亥の子餅と八幡産のお茶とでもみじ茶席も行われます。

ライトアップは23日24日。初めての試みです。是非お出ましください!

 

 

神應寺 もうすぐ見ごろ

 

IMG_1815.JPG

 

IMG_1827.JPG

 

IMG_1836.JPG

 

IMG_1833.JPG

 

IMG_1837.JPG

 

IMG_1842.JPG

 

IMG_1846.JPG

 

IMG_1851.JPG

 

IMG_1853.JPG

 

IMG_1854.JPG

 

IMG_1857.JPG

 

IMG_1860.JPG

 

神應寺もみじ祭りは11月24日25日。

普段非公開の本堂が特別公開され、まるで現代版空中茶室のような見晴らしの部屋で

お茶席が設けられます。

 

 

 

どちらのお寺も赤くなってきた葉も多いですが、同じぐらい青葉も目立ちます。

今週末は、まだ早そう。

見ごろは来週でしょうか。

 

紅葉速報 <善法律寺>

  • 2018.11.08 Thursday
  • 17:49

善法律寺 色づき始め

 

本日の様子をお届けします。

 

IMG_1666.JPG

 

IMG_1667.JPG

 

IMG_1668.JPG

 

IMG_1669.JPG

 

IMG_1671.JPG

 

IMG_1675.JPG

 

IMG_1678.JPG

 

IMG_1679.JPG

 

IMG_1680.JPG

 

IMG_1683.JPG

 

IMG_1684.JPG

 

IMG_1687.JPG

 

IMG_1689.JPG

 

IMG_1691.JPG

 

IMG_1692.JPG

 

IMG_1685.JPG

 

IMG_1686.JPG

 

 

前回より少し、色づきが進みましたが、今週末は見ごろにはまだですね。

見ごろは来週末、再来週末のどちらでしょうか。

 

 

善法律寺は普段は本堂は予約制でお庭のみの拝観となりますが、

11月24日(土)25日(日)の二日間に限り、本堂特別公開が行われます。

 

石清水八幡宮の法務寺院として開山した善法律寺。
もとは石清水八幡宮に祀られていたご本尊の八幡大菩薩像、
力強い愛染明王像、不動明王像、
石清水八幡宮頓宮からもたらされた宝冠阿弥陀如来像、
平安時代の地蔵菩薩像、
石清水八幡宮観音堂の本尊であった十一面千手観音像、
このほかにもたくさんの仏像の数々。
石清水八幡宮の旧社殿の材料を用いて寛永年間に建立された本堂の中は、神仏習合の名残が色濃く残り、
本当に素晴らしいものです。

この機会に是非お詣りください。

 

そして、同じく24日(土)25日(日)の二日間、金剛庵にて

「もみじ茶席」を開催されます。

お部屋からは池ともみじを眺めることができ、また床の間には

橋本関雪「仙境図」がかけられます。

 

そして、茶席のお菓子は、善法律寺ゆかりの、亥の子餅。

亥の子餅はかつて能勢餅と言われ、大阪北部の摂津能勢から宮中や将軍家に献上されていたのですが、

その地は善法寺家の荘園でした。

お赤飯をついて餅にし、たっぷりの餡で包み、栗をのせたお菓子です。

餅は猪の肉、栗は猪の骨、笹は猪の牙を表しており、

その餅が猪に似せてあるのは八幡三神の応神天皇が若き頃、猪に助けられて危機を逃れた故事にちなんでいます。

 

製造は当舗が担当させていただきます。

 

 

この亥の子餅をお召し上がりいただける機会はこの二日間のみ。

善法律寺もみじ茶席のほか、当舗でも特別販売を行います。

どうぞご賞味ください。

 

○善法律寺本堂特別公開 11/24(土)・25(日)12時〜16時 500円

○もみじ茶席 八幡産のてん茶とゆかりの亥の子餅 500円

○夜間ライトアップ 11/23(祝)・24(土)17時〜20時 

※ライトアップは初めての試みです!こちらも是非!

 

 

紅葉速報 <神應寺>

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 17:03

神應寺 色づき始め

 

IMG_1664.JPG

 

山門は当店から徒歩1分ほど。

そこから180段の階段を上ります。

 

IMG_1635.JPG

 

参道にも紅葉がたくさん。見ごろにまだしばらくかかりそうですが、色づき始めています。

 

IMG_1639.JPG

 

IMG_1638.JPG

 

 

階段を上りきると本堂が見えてきます。

 

IMG_1629.JPG

 

男山中腹に位置する本堂には、豊臣と徳川の家紋がふたつならんでおり、大変珍しいものです。

 

神應寺は貞観2年(860)宇佐より石清水八幡宮を勧請した奈良の大安寺の高僧、行教に
よって、応神天皇の霊を奉安するために建立されました。

文禄年間(1592〜1596)、征韓の役にあって豊臣秀吉は、石清水八幡宮に詣で、軍の先鋒に神官を望みましたが、

神社側は恐れて命に服しませんでした。

秀吉は機嫌を損ねたのですが、神應寺住僧の機転で、征韓の首途にはまず應神天皇の御寺に参詣すべきと進言。

秀吉は機嫌を直し、寺領200石を寄進したそうです。

 

IMG_1631.JPG

 

境内は色づき始めといったところ。

 

 

 

IMG_1606.JPG

 

IMG_1634.JPG

 

IMG_1608.JPG

 

IMG_1626.JPG

 

IMG_1611.JPG

 

IMG_1625.JPG

 

 

 

 

 

 

神應寺には、淀屋辰五郎の墓があります。

 

IMG_1597.JPG

 

淀屋は江戸時代初期の豪商で大阪中之島を開拓し、
大阪の発展に貢献しました。
「淀屋橋」にその名が残っています。

 

他に、飛行神社を創建した二宮忠八や淀城主のお墓などもあります。

 

IMG_1600.JPG

 

IMG_1599.JPG

 

 

本堂よりも少し小高いところにある墓地からは、京都市内が見渡せます。

 

IMG_1602.JPG

 

そしてさらに少し階段を上ると、男山ケーブルを見ることができます。

 

IMG_1596.JPG

 

IMG_1644.JPG

 

ケーブルが通るのは15分に一度。

タイミングよくお写真に収めてみてくださいね。

 

IMG_1621.JPG

 

石清水八幡宮御本殿のある男山山上までをつなぐ男山ケーブル。

鉄橋の橋脚は日本一の高さを誇ります。

 

IMG_1624.JPG

 

IMG_1649.JPG

 

奥ノ院である不動尊も色づき始め。

 

IMG_1657.JPG

 

IMG_1651.JPG

 

IMG_1653.JPG

 

IMG_1655.JPG

 

神應寺からつながっていますので、こちらも合わせておまいり下さい。

 

 

11月24日(土)25日(日)、神應寺では「紅葉まつり」が行われ、境内はにぎやかになります。

普段は本堂を公開されておられませんが、この日は無料で開放されます。

もとは石清水八幡宮の開山堂にお祀りされていた行教律師坐像や、

豊臣秀吉坐像、豊臣秀吉公ご朱印など神應寺とかかわりの深い

豊臣家や徳川家にまつわる寺宝なども特別公開されます。

 

また、宇治川・木津川・桂川を一望できる見晴らしの良いお部屋にお茶席も設けられます。

是非この機会にお越しくださいませ。

 

 

 

神應寺もみじ祭り

11月24日(土)25日(日)10時〜15時

拝観無料 お茶席は500円

 

駅からは徒歩1分ですが、階段が5分!

上ると必ず感動していただけるはずですので、がんばって登ってください!

 

 

 

紅葉速報 〜石清水八幡宮下院〜

  • 2018.11.02 Friday
  • 15:17

石清水八幡宮下院(男山山麓)

 

本日は、当店よりすぐ徒歩圏内の石清水八幡宮下院の色づきをお伝えします。

 

IMG_1544.JPG

一の鳥居と男山

 

IMG_1545.JPG

頓宮北門

昭和天皇の御即位のとき、御所での式典のために
建てられた正門のはらい下げで、菊の御紋がついています。

 

IMG_1549.JPG

頓宮南門

御本殿前、南総門を移築

 

IMG_1550.JPG

高良神社

徒然草第52段にも登場する八幡の氏神様。

まだほぼ青葉ですが、このイチョウの黄葉は見事です。

 

IMG_1552.JPG

 

IMG_1561.JPG

 

IMG_1562.JPG

高良神社御神木タブの木

 

IMG_1569.JPG

男山ケーブル

御本殿のある男山山上まで約3分の旅

 

IMG_1571.JPG

航海記念塔

日本最大級の石造りの五輪塔

 

IMG_1576.JPG

 

IMG_1577.JPG

放生池

 

IMG_1560.JPG

安居橋 通称たいこ橋 と男山

 

男山が錦色に染まるのはまだまだ先のようです。

例年は11月後半。

これからも八幡の紅葉速報をお届けします。

 

八幡の紅葉の見どころはコチラ!

・石清水八幡宮下院(男山山麓)

・石清水八幡宮上院(男山山上)

・善法律寺

・神應寺

・松花堂庭園

 

 

紅葉速報<善法律寺>

  • 2018.10.30 Tuesday
  • 17:44

善法律寺 色づき始め

 

IMG_1514.JPG

 

八幡市で紅葉の名所と言えば善法律寺です。

もみじ寺とも呼ばれています。

 

IMG_1517.JPG

 

IMG_1526.JPG

 

IMG_1536.JPG

 

IMG_1515.JPG

 

IMG_1537.JPG

 

境内の紅葉は、善法律寺宮清の孫娘、良子が寄進したものです。
良子は、足利二代将軍義詮に嫁いで義満を産みました。
将軍家と善法寺家の密接な関係は続き、寺は隆盛を極めました。
義満も20回以上八幡を訪れています。

 

IMG_1520.JPG

 

IMG_1522.JPG

 

 

善法律寺は普段は本堂は予約制でお庭のみの拝観となりますが、

11月24日(土)25日(日)の二日間に限り、本堂特別公開が行われます。

 

石清水八幡宮の法務寺院として開山した善法律寺。
もとは石清水八幡宮に祀られていたご本尊の八幡大菩薩像、
力強い愛染明王像、不動明王像、
石清水八幡宮頓宮からもたらされた宝冠阿弥陀如来像、
平安時代の地蔵菩薩像、
石清水八幡宮観音堂の本尊であった十一面千手観音像、
このほかにもたくさんの仏像の数々。
石清水八幡宮の旧社殿の材料を用いて寛永年間に建立された本堂の中は、神仏習合の名残が色濃く残り、
本当に素晴らしいものです。

その頃は色づきもピークでしょうか?

この機会に是非お詣りください。

 

また、随時紅葉速報をお伝えします。

 

IMG_1540.JPG

 

IMG_1533.JPG

 

善法律寺へは当店より東高野街道を南へ徒歩約15分
公式ホームページはこちら

 

紅葉速報

  • 2017.11.24 Friday
  • 18:42

善法律寺 見ごろ

 

八幡の紅葉もこの週末でフィナーレをむかえそうです!お早目にお越しください!

(紅葉速報は本日で最終といたします)

 

IMG_8921.JPG

 

IMG_8922.JPG

 

IMG_8924.JPG

 

IMG_8930.JPG

 

IMG_8932.JPG

 

IMG_8933.JPG

 

IMG_8934.JPG

 

IMG_8936.JPG

 

IMG_8937.JPG

 

IMG_8938.JPG

 

IMG_8939.JPG

 

IMG_8940.JPG

 

IMG_8943.JPG

 

IMG_8944.JPG

 

IMG_8945.JPG

 

IMG_8947.JPG

 

IMG_8949.JPG

 

明日、あさっては亥の子餅の特別販売日。

 

6個入り 1300円

 

当店では6個入りの販売を、善法律寺では亥の子餅1個と八幡産お茶のお茶席が設けられます。

 

IMG_8359.JPG

 

亥の子餅はかつて能勢餅と言われ、大阪北部の摂津能勢から宮中や将軍家に献上されていたのですが、

その地は善法寺家の荘園でした。

その餅が猪に似せてあるのは八幡三神の応神天皇が若き頃、猪に助けられて危機を逃れた故事にちなんでいます。

善法律寺と亥の子餅の発祥にはそんな由縁があるのです。

 

 

お赤飯をついてはねず色のお餅にし、こしあん(またはつぶあん)で包んでいます。

 

 

 

そして、餅の上には栗をのせ、笹でかざりました。

中の赤飯は猪の肉を

栗は猪の骨を

2枚の笹は猪の牙を表しています。

 

販売、お茶席共に数に限りがありますので、売切れの際はご容赦ください。

 

 

紅葉速報

  • 2017.11.23 Thursday
  • 11:40

石清水八幡宮山上 見ごろ

 

IMG_8919.JPG

 

IMG_8918.JPG

 

IMG_8917.JPG

 

IMG_8916.JPG

 

IMG_8915.JPG

 

IMG_8914.JPG

 

IMG_8912.JPG

 

本日、石清水八幡宮では、新嘗祭が斎行されました。

新嘗祭(にいなめさい)とは、古くから年毎の11月に宮中及び全国の神社で行われる、収穫感謝祭です。

古来、常に日本人の生活・文化の中心である稲米は、その年の豊作・不作により生活を大きく左右するがゆえ、

人々は神々にその豊作を祈り、収穫に感謝し、そして、その年の新穀をまず始めに必ず御神前にお供えしてきました。
 

現代は、当たり前のようにお米があって、農家の方々がどのように手をかけられて、作られたかも

知らない、気にも止めない、そんな世の中になっているかもしれません。

「いただきます」と手を合わせ、感謝することも、日々忙しい合間に食事をとっていると

つい忘れがちです。

新嘗祭のこの日が、また改めて、食事について感謝し、考えるきっかけの日になればいいですね。

 

 

 

石清水八幡宮山麓 見ごろ

 

IMG_8908.JPG

 

IMG_8903.JPG

 

IMG_8898.JPG

 

IMG_8897.JPG

 

IMG_8896.JPG

 

IMG_8895.JPG

 

IMG_8892.JPG

 

IMG_8888.JPG

 

IMG_8885.JPG

 

IMG_8884.JPG

 

IMG_8883.JPG

 

IMG_8879.JPG

 

 

紅葉の見ごろをピークに迎え、ここ八幡市も連日たくさんの観光のお客さまでにぎわっています。

特に、本日、および今週の土曜日、日曜日は、大変な混雑が予想されます。

石清水八幡宮の山上までは、お車で行くと渋滞している恐れがあります。

山麓の駐車場にお止めになって、徒歩かケーブルで上がられたほうがよいでしょう。

 

石清水八幡宮山上までは、徒歩で約20分の階段。

 

IMG_8058.JPG

 

ケーブルは、乗車時間3分、下車後坂道を10分ほど歩きます。

 

IMG_8031.JPG

 

お天気のいい日は、ハイキングがてら男山を歩いてみるのがおすすめです。

 

IMG_8062.JPG

 

ただの石垣に見えますが、実は江戸時代の坊跡。

お宝だらけの参道を歩かなきゃもったいないです。

看板もついていますので、読みながら楽しんでみてください!

 

IMG_8061.JPG

 

IMG_8057.JPG

 

IMG_8071.JPG

 

 

 

 

 

紅葉速報

  • 2017.11.22 Wednesday
  • 18:40

神應寺 見ごろ

 

前回お伺いしたのが、先週の金曜日。

たった数日でこんなにも景色が変わるものですね。

イチョウは落葉がかなり進んでいます。

参道の紅葉は、今がベストかもしれません。

 

IMG_8834.JPG

 

IMG_8836.JPG

 

IMG_8837.JPG

 

IMG_8839.JPG

 

IMG_8842.JPG

 

IMG_8845.JPG

 

IMG_8847.JPG

 

IMG_8849.JPG

 

IMG_8853.JPG

 

IMG_8856.JPG

 

IMG_8859.JPG

 

IMG_8860.JPG

 

IMG_8862.JPG

 

IMG_8863.JPG

 

IMG_8867.JPG

 

IMG_8870.JPG

 

IMG_8874.JPG

 

IMG_8876.JPG

 

IMG_8878.JPG

 

境内には「もみじ祭りの」看板が立ち始めました。

神應寺の「紅葉まつり」は今週末。

普段は本堂を公開されておられませんので、無料で開放されるこの日は是非お詣りしたいですね。

もとは石清水八幡宮の開山堂にお祀りされていた行教律師坐像や、

狩野山雪筆の観菊図杉戸絵、神應寺とかかわりの深い

豊臣家や徳川家にまつわる寺宝なども特別公開されます。

 

また、見晴らしの良いお部屋にお茶席も設けられ、気持ちの良い素晴らしい景色を見ながら

走井餅とお抹茶がいただけます。

是非この機会にお越しくださいませ。

 

神應寺もみじ祭り

11月25日(土)26日(日)10時〜15時

拝観無料 お茶席は500円

 

IMG_8857.JPG

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM