紅葉速報

  • 2017.11.18 Saturday
  • 09:58

石清水八幡宮山麓 見ごろ

 

お写真は昨日(11/17)のものです。

今日はあいにくの雨ですが、

昨日は空の青さととイチョウの黄色のコントラストが最高に美しかったです。

 

石清水八幡宮の紅葉は、ようやく見ごろに入ったところなので、

これからピークを徐々に迎える段階です。

なので、まだまだ1週間は楽しめそうです!

 

IMG_8801.JPG

 

IMG_8800.JPG

 

IMG_8783.JPG

 

IMG_8797.JPG

 

IMG_8802.JPG

 

IMG_8784.JPG

 

IMG_8786.JPG

 

IMG_8814.JPG

 

IMG_8810.JPG

 

IMG_8776.JPG

 

IMG_8777.JPG

 

明日、11月19日、石清水八幡宮では交通安全大祭が斎行されます。

山上での祭典のほか、山麓の頓宮駐車場(高良神社イチョウの前)でも

車のご祈祷をしていただけます。
この場所まではお店から徒歩3分なので、いつもは車では来ないのですが、

私もこの日だけは車でやってきて、ご祈祷していただいています。







石清水八幡宮の御祭神・比彗膺斥佑禄〜三女神とも呼ばれ、
交通安全の神様として篤く信仰されています。

皆様も、お車、バイクのご祈祷と、お守りを是非どうぞ!

 


車用交通安全お守り


車用交通安全ステッカー




バイク用交通安全お守り



バイク用交通安全ステッカー

 

 

 

紅葉速報

  • 2017.11.17 Friday
  • 11:14

神應寺 見ごろ

 

イチョウは今が最高ですが、もみじは来週の方がよさそうですね。

まだまだこれから十分楽しめそうです。

 

 

IMG_8720.JPG

 

IMG_8721.JPG

 

IMG_8726.JPG

 

IMG_8728.JPG

 

IMG_8730.JPG

 

IMG_8731.JPG

 

IMG_8736.JPG

 

IMG_8738.JPG

 

IMG_8740.JPG

 

IMG_8743.JPG

 

IMG_8748.JPG

 

IMG_8732.JPG

 

IMG_8753.JPG

 

IMG_8754.JPG

 

IMG_8756.JPG

 

IMG_8757.JPG

 

IMG_8760.JPG

 

IMG_8765.JPG

 

IMG_8766.JPG

 

IMG_8769.JPG

 

IMG_8772.JPG

 

IMG_8734.JPG

 

11月25日(土)26日(日)には「紅葉まつり」が行われ、境内はにぎやかになります。

普段は本堂を公開されておられませんので、無料で開放されるこの日は是非お詣りしたいですね。

もとは石清水八幡宮の開山堂にお祀りされていた行教律師坐像や、

狩野山雪筆の観菊図杉戸絵、神應寺とかかわりの深い

豊臣家や徳川家にまつわる寺宝なども特別公開されます。

 

また、見晴らしの良いお部屋にお茶席も設けられ、気持ちの良い素晴らしい景色を見ながら

走井餅とお抹茶がいただけます。

是非この機会にお越しくださいませ。

 

神應寺もみじ祭り

11月25日(土)26日(日)10時〜15時

拝観無料 お茶席は500円

 

 

 

紅葉速報

  • 2017.11.16 Thursday
  • 11:19

善法律寺 見ごろ

 

大分色づいてきました。

場所によって、真っ赤なところとまだまだ青いところと。

ご住職は、今週末がピークでは?とおっしゃっていました。

 

IMG_8719.JPG

 

IMG_8667.JPG

 

IMG_8674.JPG

 

IMG_8673.JPG

 

IMG_8672.JPG

 

IMG_8676.JPG

 

IMG_8677.JPG

 

IMG_8679.JPG

 

IMG_8683.JPG

 

IMG_8686.JPG

 

IMG_8689.JPG

 

IMG_8693.JPG

 

IMG_8694.JPG

 

IMG_8698.JPG

 

IMG_8699.JPG

 

IMG_8718.JPG

 

善法律寺は普段は本堂は予約制でお庭のみの拝観となりますが、

11月25日(土)26日(日)の二日間に限り、本堂特別公開が行われます。

 

IMG_8358.JPG

 

石清水八幡宮の法務寺院として開山した善法律寺。
もとは石清水八幡宮に祀られていたご本尊の八幡大菩薩像、
力強い愛染明王像、不動明王像、
石清水八幡宮頓宮からもたらされた宝冠阿弥陀如来像、
平安時代の地蔵菩薩像、
石清水八幡宮観音堂の本尊であった十一面千手観音像、
このほかにもたくさんの仏像の数々。
石清水八幡宮の旧社殿の材料を用いて寛永年間に建立された本堂の中は、神仏習合の名残が色濃く残り、
本当に素晴らしいものです。

この機会に是非お詣りください。

 

そして、同じく25日(土)26日(日)の二日間、初公開の金剛庵にて

はじめて「もみじ茶席」を開催されます。

 

IMG_8359.JPG

 

 

お部屋からは池ともみじを眺めることができ、また床の間には初公開の

橋本関雪「仙境図」がかけられます。

 

そして、茶席のお菓子は、善法律寺ゆかりの、亥の子餅。

亥の子餅はかつて能勢餅と言われ、大阪北部の摂津能勢から宮中や将軍家に献上されていたのですが、

その地は善法寺家の荘園でした。

お赤飯をついて餅にし、たっぷりの餡で包み、栗をのせたお菓子です。

餅は猪の肉、栗は猪の骨、笹は猪の牙を表しており、

その餅が猪に似せてあるのは八幡三神の応神天皇が若き頃、猪に助けられて危機を逃れた故事にちなんでいます。

 

製造は当舗が担当させていただきます。

 

 

この亥の子餅をお召し上がりいただける機会はこの二日間のみ。

善法律寺もみじ茶席のほか、当舗でも特別販売を行います。

どうぞご賞味ください。

 

紅葉速報

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 12:51

石清水八幡宮山麓 見ごろ

 

IMG_8625.JPG

 

IMG_8626.JPG

 

IMG_8627.JPG

 

IMG_8629.JPG

 

IMG_8630.JPG

 

IMG_8633.JPG

 

IMG_8636.JPG

 

IMG_8647.JPG

 

IMG_8637.JPG

 

IMG_8640.JPG

 

IMG_8642.JPG

 

IMG_8643.JPG

 

IMG_8650.JPG

 

IMG_8652.JPG

 

IMG_8656.JPG

 

IMG_8657.JPG

 

 

 

石清水八幡宮 山上 見ごろ

 

IMG_8619.JPG

 

IMG_8622.JPG

 

IMG_8624.JPG

 

いよいよ京都八幡の紅葉も見ごろになってきました。

今青葉の紅葉までが赤くなり、全体が色づくにはあと少し、といった感じでしょうか。

それでも十分に美しいです。

これから、もう少しするとピークを迎えるでしょう。

まだまだしばらく楽しめそうです。

 

 

 

 

紅葉速報

  • 2017.11.14 Tuesday
  • 14:26

白沙村荘(京都市左京区)見ごろ

 

IMG_8575.JPG

 

IMG_8566.JPG

 

昨日お店が定休日だったので、京都・銀閣寺畔の白沙村荘へ出かけてきました。

 

ここは、大正時代から昭和初期にかけて活躍した日本画家・橋本関雪の
住居兼アトリエで、建物や庭園にいたるまで彼が手がけた作品であり、
現在は橋本関雪記念館として公開されています。

橋本関雪は、約100年前、当家が大津の走井餅の本家の場所をひきはらい、
八幡へ越してきたあと、荒廃していた屋敷を買い取り、
保存に努めてくださった人物で、ご子孫の方々とは今も親交があります。
 

国の名勝にも指定されている10000屬砲盖擇崘鮑斬質颪里庭の紅葉は、今まさに見ごろを迎えています。

どこを切り取っても素晴らしい景色です。

 

IMG_8563.JPG

 

IMG_8564.JPG

 

IMG_8565.JPG

 

IMG_8573.JPG

 

IMG_8577.JPG

 

IMG_8578.JPG

 

IMG_8585.JPG

 

IMG_8587.JPG

 

IMG_8588.JPG

 

IMG_8591.JPG

 

IMG_8592.JPG

 

IMG_8593.JPG

 

IMG_8610.JPG

 

IMG_8611.JPG

 

IMG_8615.JPG

 

庭園をぐるりと散歩した奥に美術館があります。

二階建てになっており、1階、2階ともに関雪の画や屏風が展示されています。

2階のテラスからは大文字山が見渡せます。

 

IMG_8605.JPG

 

山々が色とりどりに染まるにはあともう少しと言ったところですが、

青空のもと、とても気持ちの良い眺めです。

美術館では18日から「関雪と印象」と題した企画展が開催されます。

大正・昭和期を代表する京都画壇の二人の画風を並べてみることができる展示は、

とても楽しみです。

 

 

 

また現在、関雪のアトリエであったこちらの存古楼という建物で、「春秋遊会」という合同展が行われています。

 

IMG_8574.JPG

 

陶芸、日本画、茶の湯、仏像彫刻、木工芸、染色、漆芸、皮革の若手作家さんの作品が展示されています。

新しいものと古いものが違和感なく同居しています。

作家さんとお話しすることもできて、モノを作る人の情熱が伝わってきます。

この美しいお庭と作品を見ながらお抹茶もいただけます。

19日(日)まで開催されています。

 

合同展フェイスブックページはこちら

 

IMG_8580.JPG

 

白沙村荘へは八幡市からは京阪電車出町柳行きで終点まで。

そこからタクシーで5分ほどです。

 

紅葉は、場所によって真っ赤に色づいているところと青もみじの所とがあるので、

まだしばらく楽しめそうです。


白沙村荘 橋本関雪記念館

休みなく毎日開館 10時〜17時

入館料1500円

 

紅葉情報

  • 2017.11.12 Sunday
  • 15:15

松花堂庭園 見ごろ

 

IMG_8503.JPG

 

IMG_8516.JPG

 

IMG_8518.JPG

 

IMG_8519.JPG

 

IMG_8520.JPG

 

IMG_8527.JPG

 

IMG_8528.JPG

 

IMG_8533.JPG

 

IMG_8534.JPG

 

IMG_8535.JPG

 

IMG_8536.JPG

 

IMG_8539.JPG

 

IMG_8540.JPG

 

IMG_8541.JPG

 

IMG_8542.JPG

 

IMG_8549.JPG

 

IMG_8556.JPG

 

IMG_8550.JPG

 

IMG_8551.JPG

 

IMG_8555.JPG

 

IMG_8558.JPG

 

松花堂庭園の場所は、もともと東車塚古墳だったのですが、明治時代の廃仏毀釈の折に、石清水八幡宮から

松花堂昭乗の住んでいた草庵茶室や泉坊書院が移築され、なんと古墳の上に庭園ができました。

 

今では国の史跡および、名勝に指定されています。

 

松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)とは、江戸時代初期に活躍した石清水八幡宮の社僧です。
「書」「和歌」「絵画」「茶の湯」に優れ、小堀遠州などとともに寛永年間を代表する文化人でもありました。
 

庭園内には草庵茶室の他にもいくつも茶室が設けられ、毎週日曜日にはお茶会が催されます。

 

また美術館も併設されており、ちょうど今の展示は昭乗の書画をたのしめます。

 

松花堂庭園へは八幡市駅からバスかタクシーで。

歩くと30分以上かかります。八幡市駅からのレンタサイクルや

駐車場もありますのでお車でも。

 

松花堂庭園

075-981-0010

http://www.yawata-bunka.jp/syokado/index.htm

月曜日定休 

紅葉速報

  • 2017.11.10 Friday
  • 16:14

神應寺 色づき始め

 

 

山門より180段の階段を上ります。

 

 

IMG_8394.JPG

 

参道にも紅葉がたくさん。見ごろにまだしばらくかかりそうですが、色づき始めています。

 

IMG_8395.JPG

 

 

階段を上りきると本堂が見えてきます。

 

IMG_8403.JPG

 

本堂には、豊臣と徳川の家紋がふたつならんでおり、大変珍しいものです。

 

神應寺は貞観2年(860)宇佐より石清水八幡宮を勧請した奈良の大安寺の高僧、行教に
よって、応神天皇の霊を奉安するために建立されました。

文禄年間(1592〜1596)、征韓の役にあって豊臣秀吉は、石清水八幡宮に詣で、軍の先鋒に神官を望みましたが、

神社側は恐れて命に服しませんでした。

秀吉は機嫌を損ねたのですが、神應寺住僧の機転で、征韓の首途にはまず應神天皇の御寺に参詣すべきと進言。

秀吉は機嫌を直し、寺領200石を寄進したそうです。

 

IMG_8402.JPG

 

IMG_8408.JPG

 

 

神應寺には、淀屋辰五郎の墓があります。

 

IMG_8423.JPG

 

淀屋は江戸時代初期の豪商で大阪中之島を開拓し、
大阪の発展に貢献しました。
「淀屋橋」にその名が残っています。

 

IMG_8424.JPG

 

 

他に、飛行神社を創建した二宮忠八や淀城主のお墓などもあります。

 

IMG_8420.JPG

 

IMG_8417.JPG

 

本堂よりも少し小高いところにある墓地からは、京都市内が見渡せます。

 

IMG_8421.JPG

 

そしてさらに少し階段を上ると、男山ケーブルを見ることができます。

 

IMG_8411.JPG

 

IMG_8412.JPG

 

ケーブルがちょうど通るタイミングでお写真に収めてみてくださいね。

 

11月25日(土)26日(日)には「紅葉まつり」が行われ、境内はにぎやかになります。

普段は本堂を公開されておられませんので、無料で開放されるこの日は是非お詣りしたいですね。

もとは石清水八幡宮の開山堂にお祀りされていた行教律師坐像や、

狩野山雪筆の観菊図杉戸絵、神應寺とかかわりの深い

豊臣家や徳川家にまつわる寺宝なども特別公開されます。

 

また、見晴らしの良いお部屋にお茶席も設けられ、気持ちの良い素晴らしい景色を見ながら

走井餅とお抹茶がいただけます。

是非この機会にお越しくださいませ。

 

IMG_8414.JPG

 

神應寺もみじ祭り

11月25日(土)26日(日)10時〜15時

拝観無料 お茶席は500円

 

もみじの色づき具合は今後もブログにてお伝えする予定です。

 

 

 

 

 

 

 

紅葉速報

  • 2017.11.07 Tuesday
  • 11:46

善法律寺 色づき始め

 

IMG_8330.JPG

 

IMG_8333.JPG

 

IMG_8336.JPG

 

八幡市で紅葉の名所と言えば善法律寺です。

 

境内の紅葉は、善法律寺宮清の孫娘、良子が寄進したものです。
良子は、足利二代将軍義詮に嫁いで義満を産みました。
将軍家と善法寺家の密接な関係は続き、寺は隆盛を極めました。
義満も20回以上八幡を訪れています。

 

 

IMG_8340.JPG

 

IMG_8342.JPG

 

IMG_8343.JPG

 

IMG_8345.JPG

 

IMG_8353.JPG

 

IMG_8355.JPG

 

IMG_8356.JPG

 

善法律寺は普段は本堂は予約制でお庭のみの拝観となりますが、

11月25日(土)26日(日)の二日間に限り、本堂特別公開が行われます。

 

IMG_8358.JPG

 

石清水八幡宮の法務寺院として開山した善法律寺。
もとは石清水八幡宮に祀られていたご本尊の八幡大菩薩像、
力強い愛染明王像、不動明王像、
石清水八幡宮頓宮からもたらされた宝冠阿弥陀如来像、
平安時代の地蔵菩薩像、
石清水八幡宮観音堂の本尊であった十一面千手観音像、
このほかにもたくさんの仏像の数々。
石清水八幡宮の旧社殿の材料を用いて寛永年間に建立された本堂の中は、神仏習合の名残が色濃く残り、
本当に素晴らしいものです。

この機会に是非お詣りください。

 

そして、同じく25日(土)26日(日)の二日間、初公開の金剛庵にて

はじめて「もみじ茶席」を開催されます。

 

IMG_8359.JPG

 

金剛庵↓

 

IMG_8349.JPG

 

IMG_8365.JPG


IMG_8347.JPG

 

お部屋からは池ともみじを眺めることができ、また床の間には初公開の

橋本関雪「仙境図」がかけられます。

 

そして、茶席のお菓子は、善法律寺ゆかりの、亥の子餅。

亥の子餅はかつて能勢餅と言われ、大阪北部の摂津能勢から宮中や将軍家に献上されていたのですが、

その地は善法寺家の荘園でした。

お赤飯をついて餅にし、たっぷりの餡で包み、栗をのせたお菓子です。

餅は猪の肉、栗は猪の骨、笹は猪の牙を表しており、

その餅が猪に似せてあるのは八幡三神の応神天皇が若き頃、猪に助けられて危機を逃れた故事にちなんでいます。

 

製造は当舗が担当させていただきます。

 

 

この亥の子餅をお召し上がりいただける機会はこの二日間のみ。

善法律寺もみじ茶席のほか、当舗でも特別販売を行います。

どうぞご賞味ください。

 

 

IMG_8360.JPG

 

IMG_8361.JPG

 

 

 

IMG_8367.JPG

 

IMG_8369.JPG

 

IMG_8368.JPG

 

男山を借景に大好きな景色。

 

松浦ご住職のお話によると、今年は例年よりも色づきが早いそうです。

 

また、随時紅葉速報をお伝えします。

 

 

善法律寺へは当店より東高野街道を南へ徒歩約15分
公式ホームページはこちら

紅葉速報

  • 2017.11.04 Saturday
  • 18:30

石清水八幡宮山上 ほぼ青葉

 

IMG_8321.JPG

 

IMG_8322.JPG

 

IMG_8323.JPG

 

IMG_8324.JPG

 

IMG_8325.JPG

 

IMG_8329.JPG

 

 

石清水八幡宮山麓 ほぼ青葉

 

IMG_8268.JPG

 

IMG_8269.JPG

 

IMG_8271.JPG

 

IMG_8273.JPG

 

IMG_8283.JPG

 

IMG_8286.JPG

 

IMG_8309.JPG

 

IMG_8312.JPG

 

IMG_8316.JPG

 

IMG_8267.JPG

 

 

今季初の紅葉速報です。

種類にもよりますが、まだまだこれからといった状況です。

八幡の紅葉スポットのご案内

  • 2017.11.02 Thursday
  • 10:48

まだ色づき始めていない京都・八幡ですが、これから定期的に紅葉速報もこのブログでお伝えしていこうと思っています。

お出かけの参考にしてみてください。

 

さて、今日は、色づいたらこんなにきれいだよーという昨年までのお写真で

八幡の紅葉の名所をお伝えします。

 

 

石清水八幡宮 山上




 

 

 

正直なところ、石清水八幡宮は常緑樹が多く、あまり名所というほどではありませんが、

ところどころところどころに色づいた神域の紅葉は、とても美しいです。

 

 

石清水八幡宮 山麓










山麓はなんといってもイチョウの黄葉。

そしてとりどりに色づいた男山を是非見上げてください。とても美しいです。

 

 

 

 

善法律寺

 













八幡でもみじ寺と言えば、ここ善法律寺。

境内の紅葉は足利二代将軍義詮に嫁いで義満を産んだ、善法律寺宮清の孫娘、良子が寄進したものです。
11月25日(土)26日(日)は、本堂の特別公開と

もみじ茶席と題してお寺ゆかりの亥の子餅とやわたの碾茶がいただけるお茶席が初めて開催されます。


 

神應寺

 

 


 






 

神應寺も紅葉の名所として、毎年もみじ祭りを開催されています。

今年のもみじ祭りは11月25日(土)26日(日)。当日は本堂の特別公開と

お茶席が設けられます。

神應寺は本堂周辺のほか、参道の紅葉、また参道から見える男山ケーブルの鉄橋も見どころです。

 

 

 

松花堂庭園

 

 

 

 

 

 

 

松花堂庭園では整備された庭園と茶室との景色を楽しめます。

日曜日にはお茶室内でお抹茶もいただけます。

また併設されている料亭吉兆では八幡が発祥である松花堂弁当をいただくことができます。
   

 

 

 

・石清水八幡宮山上

・石清水八幡宮山麓

・善法律寺

・神應寺

・松花堂庭園(庭園内有料)

 

 

以上の5か所の紅葉情報を随時お伝えしていきます。

お楽しみに!

ちなみに例年通りなら、11月下旬が見ごろです。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM