さくらであい館

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 13:36

 

3月25日に、八幡の桜の名所である背割堤にさくらであい館という施設と展望台がオープンします。

場所は背割堤の入り口の御幸橋を挟んだすぐお向かいです。

 

 

さくらであい館はお土産店やレストランは併設されていないので、お手洗いなどのちょっとした休憩スペースのイメージです。

背割堤は、桜の時期は、10日間で約20万人ものお花見客がお越しになりますが、

通年では木津から嵐山、また大阪とのサイクリングロードの中間地点でもあり、

自転車乗りの方がたくさん通られる場所です。

 

またひときわ目立つ展望台は、高さこそそんなに高くはありませんが、

周りに高い建物が何もない場所なので、桜並木はもちろんのこと、宇治川・木津川・桂川の三川が

淀川へと合流する地点を望むことができます。

今年のお花見は上空からというのもいいですね。

(ただし大変な混雑が予想されます)

 

 

 

 

 

そして、今週末はオープニングイベントとしてさくらであい館で三川であいマルシェという物産展が行われます。

八幡市はじめ近隣の市町村から、農産物や飲食ブース、お土産物、工芸品など約70店舗が集結します。

当店も出店しますので是非お越しください。

まだ桜のつぼみは固そうですが、この時期だからこそゆったりと川の流れや京都大阪両方面を展望できることと思います。

 

三川であいマルシェ

3月25日(土)26日(日)

10時から15時

詳細はコチラ

 

 

本日の様子です!

 

 

 

 

【お花見期間について重要なご案内】
お花見の期間は喫茶メニューが変更になります。
期間:3/28〜4/16
走井餅セット・お花見セット(走井餅&桜餅)のみ
うどん等の軽食はしませんのでご了承ください。

一升餅の製造を休業します。
期間:4/5〜4/9
発送、店頭引き取り、オンラインショップともに休業いたしますのでご注意ください。

 

 

<出店販売のご案内>

◎背割堤 4/1〜4/10

◎石清水八幡宮 4/1〜4/10・15・16 ※変更しました(3/22現在)

◎石清水八幡宮くすのき茶屋(喫茶)4/1〜4/10

◎京阪八幡市駅前 4/1〜4/10・15・16

◎松花堂庭園 3/31〜4/16(随時配達)

◎八幡市観光案内所 4/1〜4/10

 

本店は3/28〜4/16まで休まずに、毎日営業いたします。

なお、これらの予定は桜の開花状況により予告なく変更する場合がありますのでご注意ください。


お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようにお願い申し上げます

 

神應寺のお墓

  • 2017.03.20 Monday
  • 11:01

本日はお彼岸のお中日。

おはぎはご準備になりましたか?

朝からたくさんご用意していますので、お墓参りでご先祖さんにお供え用と、

お寺さんへのお供え用と、ご自身で召し上がる用と、お買い求めにいらしてくださいね。


 

今年のお彼岸のお中日は、お天気も良くぽかぽかで、お墓詣り日和です。

 

うちのお墓はお店から歩いてすぐの神應寺にあります。

初代から7代目までは大津なのですが、7代目から9代目までは八幡です。

 


 

山門は当店より徒歩1分ですが、そこからが要健脚の階段が続きます。

その参道は駅前渓谷と言われ、竹ともみじのマイナスイオンに包まれます。


 

本堂は寺紋として豊臣家の太閤桐の紋と徳川家の三つ葉葵の紋の両家の家紋使用が
認められており、かつての石清水八幡宮界隈の栄華を見ることができます。





 

墓地は本堂からさらに一段と高台になったところにあり、京都市内や

宇治市内を一望できます。

 

 

神應寺を開山した行教律師のお墓もあります。


 

行教律師とは石清水八幡宮を勧請した大安寺の和尚。

今でも行教律師開山忌には、石清水八幡宮神職と合同法要が行われています。



他に神應寺には淀屋辰五郎のお墓もあります。



淀屋は江戸時代初期の豪商で大阪中之島を開拓し、大阪の発展に貢献しました。
「淀屋橋」にその名が残っています。

八幡に住んでいた時期があり、その邸宅跡には門が残り、石碑が建っています。





神應寺墓地には他に飛行神社創建の二宮忠八や淀城主のお墓もあり、

うちのご先祖様もそうそうたる面々と共に、見晴らしのいいところから

あくせく働く私をのんびりと見守ってくれてはるのかもしれません。

 

 

 

松花堂月釜

  • 2017.03.12 Sunday
  • 14:14

 

毎月第二日曜日は、松花堂月釜の日。

ひと月たつと表情の変わるお庭と、趣向の凝らされたお茶席を楽しみに、

毎月伺っています。

 

 

今年は本当に寒くて長い冬でしたが、このお空。

春、来てますね〜。

やっぱり春に変わる頃ってうれしいものですね。

 

 

 

今月からは、月釜という大寄せ茶会のほかに、

毎週日曜日に少し気軽な日曜茶席も行われています。

気軽と言っても小間のお茶室の中で、お点前を拝見しながら、ご亭主にお道具の取り合わせのお話を

伺いつつ、お抹茶とお菓子をいただけるというもの。

とっても贅沢な時間です。

茶道の心得のない方は、緊張されるかもしれませんが、

そもそも観光客の方のために開かれている気楽なものなので、

遠慮しないで扉を叩いてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥のさえずりが聞こえ、とっても気持ちのよい日でした。

 

若女将の八幡遠足と走井餅実演

  • 2017.03.08 Wednesday
  • 15:25

去る3月4日、まいまい京都さん主催のミニツアー

「若女将が作る春の走井餅茶会!八幡珍スポットめぐり」のガイドを務めさせていただきました。

 

17名もの皆様にご参加いただきまして、楽しく八幡遠足と、走井餅実演を行えましたことを

心より感謝申し上げます。

 

京阪八幡市駅スタート!

 

 

エジソン記念碑と引窓碑のあるエジソン通りを通過。

 

 

私の庭、石清水八幡宮山麓めぐり。

 

 

 

たいこ橋を渡って、

 

 

らくがき寺と

 

 

飛行神社へ。

 

らくがき寺では堀尾ご住職に、飛行神社では友田宮司にお話もしていただき

厚く御礼申し上げます。

 

 

約90分ぐるりとお散歩してお店へ戻ってきました。

 

 

お待ちかね、走井餅の実演タイム!

 

 

 

真剣に見てくださっています!

 

 

 

できたての走井餅をお召し上がりいただき、「柔らかい!おいしい!」と喜んでいただきました。

 

皆様、ありがとうございました!

 

引窓

  • 2017.03.07 Tuesday
  • 15:22

京阪八幡市駅のすぐ前に、「引窓南邸跡」と記された石碑が立っています。

 

 

「引窓ひきまど」と聞いてピンと来られた方もいらっしゃることでしょう。

歌舞伎の演目にもあり、昨年末は京都の顔見世で、現在は東京歌舞伎座で三月大歌舞伎の中で

上演されています。

 

 

フィクションの物語なので、実際にここに主人公の南与兵衛が住んでいたわけではないのですが、

当店もある、ここ高坊地域がお話のモデルになったそうです。

 

 

私も早速、東京歌舞伎座へ足を運んできました。

 

 

場所は京都、八幡の里。

八幡の中でも「高坊」ですから、同じ町内の私が親近感を覚えないはずはありません。

このあたりは田舎で薄暗く、葦が生い茂り、引窓という天窓で明り取りをしていたとか。

日の設定は、中秋の名月の前夜の、今でいう石清水祭、当時の放生会の前日です。

罪人を探すのに「くずは、橋本を探す」や、河内への逃げ道に「狐川を通り」など

近辺の地名が出てきてなじみ深く、ストーリー以外でも楽しめました。

 

石清水八幡宮や八幡は、歌舞伎のほかに踊りや謡曲などの演目にもたびたび登場し、

やはり昔からこの地はそれらの舞台になるほどの所だったのだなぁと、

八幡市民にとってはうれしく、誇りに思う時です。

 

 

 

 

現在、東京の歌舞伎座で行われている三月大歌舞伎。

引窓は夜の部の一幕にて、松本幸四郎さんによって演じられています。

 

また、今月の演目「引窓」にちなんだお菓子として、当店の鳩もなかを

歌舞伎座において販売しています。

 

是非皆様も、歌舞伎をお楽しみいただき、ゆかりの地・八幡のお菓子をお手に取っていただければと思います。

 

松花堂でお茶とお花

  • 2017.02.12 Sunday
  • 14:16

松花堂庭園へ出かけてきました。

毎週第二日曜日は庭園内のお茶室で月釜(お茶会)が開かれています。

 

 

 

 

 

 

 

寒波の影響で極寒なのですが、お写真を見る限り暖かそうに見えますよね。

光が春色なのです。

毎日辛くなるほどの寒さですが、春はそこまで来ているのですね。

 

お茶室の前では紅白の梅が出迎えてくれました。

ほのかに良い香りも漂っています。

 

 

 

 

 

お茶会は、梅、うぐいす、節分、初午と2月の趣向で、とっても楽しめました。

思えば、今年に入ってからお茶会に寄せていただいたのは初めて。

1月は何かとバタバタしていたので、お茶室でこうしてゆったりとお茶をいただけることを

改めてうれしく幸せに思いました。

 

 

 

続いて、同じく松花堂で行われているいけばな展にも寄せていただきました。

 

 

これは毎年2月に行われているもので、私がお稽古させていただいている先生も出瓶されているので

毎年観に行っています。

 

 

梅、チューリップ、スイートピー、菜の花と春満開。

 

 

流派が違うと、生け方もそうですが、使用する花材も異なるので、とても勉強になりました。

 

こちらでもお呈茶がありましたので、梅のお饅頭と共に一服いただきました。

 

 

お茶もお花も習い始めて二十年たちますが、

日頃の修練不足により、月日だけがたち、なかなか思うように身につきません。

でも一度もやめたいと思ったことはありません。

 

本日松花堂にて、茶道も華道もどちらも好きだなぁと再確認しながら

これからも精進したいと思いました。

松花堂吉兆

  • 2017.02.10 Friday
  • 10:04

 

 

松花堂弁当といえば、全国的に通用する言葉だと思いますが、
そのいわれを御存じの方はどれほどいらっしゃるでしょうか?

まず、松花堂弁当の定義ですが、あいまいなお店もあるようですが
四つ切の弁当箱に入ったお弁当のことをさします。

では松花堂とは何でしょうか?

石清水八幡宮の社僧で江戸期に活躍した松花堂昭乗の名からきています。
昭乗は僧侶としての地位が高いだけでなく、書や茶の湯など文化的な面でも活躍し
自坊である石清水八幡宮山内の瀧本坊で、小堀遠州らを招いて
茶会や文化サロンを開いていました。

 

時は流れ、吉兆創業者の湯木貞一が松花堂昭乗忌の茶会へ招かれた折、
昭乗が道具入れとして使用していたという四つ切の箱を目にして、
お弁当箱として使用することを思いついたそうです。

実物は、吉兆で使われているものよりも小さく浅いのですが、
松花堂美術館で展示されていることがあります。

いまや「松花堂」というと昭乗さんよりお弁当の方が有名となっていますね。
 

その由縁により、八幡市にある松花堂庭園美術館には京都吉兆が併設されており、
本場の松花堂弁当が味わえます。

 

先日、松花堂弁当をいただきに行ってきました。

 

 

四つ切の箱に盛りつけられると、ごま豆腐・八寸・お造り・炊き合わせがそれぞれに
味が混ざることがありません。
またごま豆腐やお造りは冷たく、炊き合わせは温かく供されます。


お弁当のほかに、お椀とご飯、香の物、デザートの抹茶ゼリーがいただけます。


 

 


 

さすが吉兆さん、どのお品もとってもおいしく満足です。

なんといってもお出汁がおいしくてほっこりしますね。

このお味は家庭ではできません。

 

ちなみにお値段は税サ込で4000円です。

昼夜問わず食することができる松花堂弁当。
皆様も八幡にお越しの際は、本場の味に舌鼓を打ってみてはいかがでしょうか。

 

と、いつもならここで記事は終了するのですが、本日は朗報です!

 

2月15日(水)から21日(火)までの一週間、京都高島屋で

吉兆松花堂店さんのお昼の懐石がいただけます。

 

地階に「京の味どころ」というお食事処があるのですが、ここは京都の様々な料亭から店主自らお越しになって

一週間ごとに各お店のお料理がいただける場所で、お店に行かなくても同じ味が味わえると好評です。

 

 

上記の期間、吉兆松花堂店さんが出張されます。

カウンターのみの割烹スタイルで、松花堂吉兆三田料理長の手さばきや会話を楽しみながらお料理がいただけます。

今回は松花堂弁当ではなく、特別ミニ懐石5400円(税込)とのことです。

 

八幡はすぐにはちょっと行きにくいけど、京都高島屋なら気軽に行けるわ、という方は是非是非お立ち寄りください。

そして、興味を持っていただいて、次回八幡にお越しいただけるきっかけとなれば、私もうれしく思います。

 

京都吉兆松花堂店 三田料理長

おけいはん

  • 2017.01.22 Sunday
  • 10:16

「京阪のる人おけいはん」

このキャッチコピーでピンと来る方は、京阪電車圏の方ですね。

 

ここ八幡市は、唯一通っている鉄道が京阪電車であり、私もずっとお世話になっています。

また石清水八幡宮へ上る男山ケーブルも京阪電車の運営です。

 

 

 


 

今年の初詣の京阪電車のポスターは石清水八幡宮でした。

ご覧になられましたか?http://www.okeihan.net/okeihan/poster/

 

実は、京阪電車には代々「おけいはん」というモデルさんがいて、

その方と共に石清水八幡宮でのポスター撮りの後、当店にもお越しになりました。

そして京阪電車ホームページ内の撮影裏話というコーナーで当店のこともご紹介いただいています。

http://www.okeihan.net/okeihan/making/vol4.php

 

さらに、おけいはんミニ検定が現在ホームページ内から挑戦できるのですが、その問題にも走井餅が登場しています。

そしてそして、解答して応募した方から抽選で当店の「鳩もなか」が当たります!

1月31日まで応募できるようなので、是非挑戦してみてくださいね!

http://www.okeihan.net/okeihan/mini/

 

映画ロケ協力

  • 2016.12.22 Thursday
  • 13:04

あれは確か、八幡の町も一年で一番寒い、今年の節分のころ…

そんな寒さを吹き飛ばすようなさわやかな笑顔の福士蒼太さんと

透き通るような瞳の小松菜奈さんがお見えになりました。

 

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の撮影のためです。

 

映画が公開になったということで、早速私も見てきました。

 

最後の方ですが、お店が少し映っています。

舞台の中心は京都のもっと北の方ですが、八幡では

他に駅前ロータリーやたこやきやさん、石清水八幡宮も映っています。

エンドロールにはしっかり当店のお名前も入れていただいていました。

 

よろしければ是非ご覧くださいませ。

 

 

映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

http://www.bokuasu-movie.com/

 

京都検定

  • 2016.12.16 Friday
  • 10:01

12月11日に開催された平成28年度第13回京都・観光文化検定試験(通称 京都検定)の問題のうち、

八幡に関連する問題をピックアップしました。

 

【2級 2-13】

ライト兄弟に先駆けて有人飛行機「飛行器」を考案するも資金難から実現できなかった二宮忠八が、

航空安全と航空事業の発展を祈願するために創建した飛行神社は何市にあるか。

(ア)宇治市 (イ)向日市 (ウ)長岡京市 (エ)八幡市

 

【2級 8-77】抜粋

京都市外では「らくがき寺」の通称で知られる(77)など、臨済宗寺院は数多くある。

(ア)円福寺 (イ)智恩寺 (ウ)単伝庵 (エ)妙喜庵

 

【2級 9-89】

山上にあるために参拝用のケーブルカー(鋼索線)が現在も設置されている神社・寺院は、

次のうちどれか。

(ア)石清水八幡宮 (イ)伏見稲荷大社 (ウ)愛宕神社 (エ)醍醐寺

 

 

 

 

 

 

解答

【2級 2-13】(エ)八幡市

 

飛行神社の鳥居は機体と同じジュラルミン製。

 

 

先日は三菱重工さんがH-2Bロケット6号機の打ち上げ成功のお礼参りにお越しになったそうです。

忠八の時代より航空業界は進歩していますね。

 

 

【2級 8-77】(ウ)単伝庵

 

 

走り大黒さんをお祀りされている大黒堂の内壁に

参拝者が心願を「らくがき」することができます。

 

 

 

この白壁は新年に塗り替えられるので、今の時期はきっと一番皆様のお願い事がぎゅうぎゅうづめでしょうね。

元日に真っ白1番に書くもよし。でもそれは今まで何年もの皆様のお願い事の上に書かせていただいていると思うと

感慨深いことですね。

 

 

 

【2級 9-89】(ア)石清水八幡宮


 

言わずと知れた石清水八幡宮。

でもこの問題には「御本殿が」と抜けていますね。

「山上にあるために」だけでは山麓の頓宮や山中は石清水八幡宮ではないようにとられてしまいます。

平成版徒然草52段「仁和寺のある法師」にならないよう声を上げたいところです。

 

 

男山ケーブルは山上までおよそ2分半の旅。

この鉄橋はケーブルでは日本一の高さを誇ります。



 

 

当ブログの読者さんなら簡単ですよね!

 

ちなみに当店、走井餅も幾度となく京都検定の問題にしていただいております。

 

【2010年 2級】
歌川広重の錦絵「東海道五十三次」の大津宿にも登場した(     )は、
現在、石清水八幡宮の門前名物ともなっている。
(ア)松風 (イ)唐板 (ウ)吹き寄せ (エ)走井餅

【2009年 3級】
歌川広重の「東海道五十三次」にも登場する大津名物で、明治の末から石清水八幡宮門前でも売られている菓子はなにか。
(ア)鳩餅 (イ)長五郎餅 (ウ)走井餅 (エ)粟餅


 



 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM