松花堂庭園へ

  • 2017.10.01 Sunday
  • 15:13

今日は松花堂庭園に出かけてきました。

8月、9月とお伺いすることができなかったので、久々です。

 

庭園はほんのりと薄づき、秋の気配に。

 

IMG_7949.JPG

 

IMG_7953.JPG

 

IMG_7959.JPG

 

IMG_7977.JPG

 

IMG_7975.JPG

 

IMG_7979.JPG

 

IMG_7951.JPG

 

IMG_7978.JPG

 

三色の彼岸花や、秋の七草に出会えました。

秋の七草は、春の七草よりも認知度が低いかもしれませんね。

 

女郎花(おみなえし)・尾花(すすき)・桔梗(ききょう)・撫子(なでしこ)・藤袴(ふじばかま)・葛(くず)・萩(はぎ)

 

IMG_7966.JPG

 

なかでもこちら、松花堂庭園と女郎花はとてもゆかりがあります。

 

IMG_7965.JPG

 

世阿弥作の謡曲「女郎花」


「男山のふもとに住む小野頼風と深い仲にあった都の女が、
男の足が遠のいたのを恨み悲しんで、放生川に身を投げた。
女の脱ぎ捨てた衣が朽ちて、そこから女郎花が咲き出し、
恨み顔に風なびいている姿をはかなんだ頼風も、後を追って入水した。
これを憐れんだ人々は、塚を築いて、女塚、男塚とした。
邪淫の妄執に苦界を彷徨っていた男女の亡霊が、この塚から現われて、
旅僧回向を乞い、そのおかげで結ばれた。」

 

平安初期の叶わぬ恋の物語。

名所旧跡にことよせた能作の一つといわれています。

 

 

松花堂庭園にはこの女郎花塚・女塚があります。
そして女郎花塚のそばに、女郎花の花。

 

IMG_7964.JPG

 

女郎花塚には、やはりこの時期にお参りしておかないといけないですね。

 

 

 

 

IMG_7961.JPG

 

萩もシャワーのようにお見事。

 

IMG_7962.JPG

 

IMG_7971.JPG

 

可憐でかわいいです。

 

IMG_7955.JPG

 

本日より、夏季はお休みされていた日曜茶席も再開されました。

四畳半のお茶室の中で、お菓子とお抹茶をいただけます。(600円)

肩ひじ張らずに、作法がわからなくても、どうぞお気軽にというコンセプトです。

 

 

本日は裏千家流。

お点前も見せていただき、おいしくたのしく過ごさせていただきました。

 

 

日曜日に松花堂庭園にお越しになられたら、是非こちらのお茶席でおもてなしを体験してみてください。

 

IMG_7957.JPG

走井餅づくり体験

  • 2017.08.30 Wednesday
  • 09:02

先日、ここ八幡市と愛媛県八幡浜市の中学生交流事業の一つとして、

走井餅づくり体験のお手伝いをさせていただきました。

 

八幡市に飛行神社を創建した二宮忠八が、愛媛県八幡浜市の出身であることから

毎年夏に両市で交流事業が行われています。

 

八幡市の中学生が八幡浜市に行く年と、八幡浜市から八幡市へ来られる年と一年ずつで、

今年は、八幡浜市から約20名の中学生がやってきて、八幡市を楽しんでいただきました。

 

二泊三日で、飛行神社や石清水八幡宮を参拝したり、流れ橋を見たりと盛りだくさんのスケジュールの中、

走井餅づくり体験と松花堂弁当作りが行われました。

 

 

引率の先生方を含めた約60名が2チームに分かれ、走井餅づくりと松花堂弁当のお吸い物実演見学を

交代で体験していただきました。

 

私は走井餅づくりの講師として、参加させていただきました。

 

IMG_7518.JPG

 

IMG_7601.JPG

 

IMG_7532.JPG

 

IMG_7546.JPG

 

IMG_7619.JPG

 

IMG_7632.JPG

 

IMG_7571.JPG

 

IMG_7641.JPG

 

IMG_7604.JPG

 

IMG_7585.JPG

 

IMG_7565.JPG

 

両市の生徒たちともに、真面目に話を聞いてくれて、熱心に走井餅を3つ作りました。

柔らかいお餅に手を粉で真っ白にして悪戦苦闘しながらも、笑顔もたくさん見られてうれしかったです。

終了後は3つのうち1つをすぐに食べていただきました。おいしいと言ってもらい一安心。

八幡市の生徒も、走井餅は食べたことあるけど作り立ては初めてと喜んでくれました。

あとの二つの走井餅は松花堂庭園のお茶室でお抹茶と共にいただくとのことで、

それはまた、素晴らしい雰囲気の中でおいしさも引き立ったことでしょう。

 

走井餅づくりの後は、昼食タイムで私もご一緒させていただきました。

八幡市が発祥の地である松花堂弁当。

なんとお吸い物には鱧が入っていて、その鱧は八幡にある料亭、京都吉兆さんの鱧きりの実演を

見せていただくという贅沢。

 

IMG_7671.JPG

 

 

IMG_7669.JPG

 

 

神社がある、お寺がある、山がある、川がある、庭園がある、茶室がある、

弁当がある、料亭がある、和菓子がある。

八幡市は魅力がたくさんだなぁと八幡市民である私も改めて思いました。

八幡市らしい数々のおもてなしで八幡浜市の生徒たちも楽しんでくれたのではないかと思います。

 

私も貴重な経験をさせていただき、とても楽しい時間でした。

 

IMG_7578.JPG

 

 

翌日の京都新聞にも掲載されました。

 

IMG_7678.JPG

お地蔵さん

  • 2017.08.24 Thursday
  • 11:13

こないだの土日にお祭りが終わった町内も多いようですが、

本来なら今日24日がお地蔵さん、地蔵盆の日です。

ですので、今日はお地蔵さんのお話にしましょう。

八幡でお地蔵さんと言えば、善法律寺の子守地蔵さんがあります。




もみじの寺として有名な善法律寺。

境内の紅葉は、足利二代将軍義詮に嫁いで義満を産んだ、善法律寺宮清の孫娘、良子が寄進したものです。

つい紅葉を見に、秋にだけ訪れることとなりがちですが、

お地蔵さんのお参りも是非、この台風シーズンに来たいものです。




 

というのも、善法律寺のお地蔵さんは
昭和9年の室戸台風で犠牲になった子供たちの慰霊塔の上に祀られています。
私の母校でもある八幡小学校の前身の八幡尋常高等小学校に室戸台風が襲い、
校長先生や児童の合わせて34名が尊い命を失いました。

今のようにテレビで天気予報が頻繁に流され、警報が出る時代とは異なり
どんなに恐ろしかったことでしょう。

八幡小学校在学中は、被災したおばあさんが語り部として毎年お越しになっていたので

私もその壮絶な体験を聞いて、いつも涙していたのを覚えています。
児童会の子は代表して、善法律寺へお参りへ来ていました。

私の祖母の姉も、ちょうどこのとき八幡尋常高等小学校の6年生で、被災しました。
脳しんとうを起こし、遺体安置所に放置されていたのを
医者である叔父がむしろをあけて確認したところ、たまたま姪がおり、
脈を診ると命があったので助け出されたそうです。

慰霊碑の上に地蔵尊が祀られ、いつしか子守地蔵尊と呼ばれるようになりました。


 


刻まれたお名前を見ると胸が痛くなります。

小学生という若さで、わが子を先に亡くすという親の苦しみははかりしれません。

「行ってらっしゃい」のいつもの通りの声掛けが、

これが最後になるなんて、だれが想像するでしょう。

いつも親にかけてもらっていた「気を付けてね」の声。

子供にとってルーチンのようで耳にも止まらなかった言葉が、

親の深い愛情のこもった言葉だったことに今更ながら気づかされます。

地蔵盆

  • 2017.08.20 Sunday
  • 12:09

昨日と今日、京都市内を歩いているとあちこちで、お地蔵さんの周りに提灯を一杯並べて、

子供たちと大人が集まっている光景を目にされると思います。

京都では夏の終わりに地蔵盆という風習があります。

本来なら、8月23日24日に行うのですが、最近はどこの町内も直前の土日に行うことが多くなりました。

 

 

京都で各町内ごとにたくさんお祀りしてあるお地蔵さん。

子供たちを見守ってくれてはります。

地蔵盆は、そのお地蔵さんの年にいっぺんのお祭り。

 


 

うちの高坊町内も、私が子供のころは盛大に地蔵盆をしてはって、

夏休みが終わりかけの最後のイベントでほんまに楽しみにしてました。
 

その二日間、時間ごとに楽しいことがあるんです。

10時 すいかわり 13時 おやつ 15時 のど自慢 19時 盆踊り

みたいな楽しいばっかりの夢のような時間割が配られていて、

時間ごとに町会所に行きます。

時間を知らす係もあって、当番の子たちが鐘を鳴らしながら町内を歩きます。

家にいてもその鐘の音で、また遊びに行くのです。

 

大人になって、もうそんな楽しみもなくなってしまいましたが、やっぱり地蔵盆の季節になると

あぁ、もう夏も終わりやなぁとなんかもの悲しくなりますね。

 

八幡も少し歩くだけでもたくさんのお地蔵さんに出会えます。

お店からはちまんさんの山麓を5分ほど南に歩くと
相槌稲荷のお隣に平谷地区のお地蔵さん。






そこから西へ3分ほど
念仏寺さんのお地蔵さん。






 

そこからさらに西へ3分。

森のお地蔵さん。

 

 

 

念仏寺さんに戻って、そこから北へ5分。
田中町のお地蔵さん。









そこから東へ3分。
山柴地区のお地蔵さん。







そこから徒歩1分。
土井地区のお地蔵さん。









規模は町内によって様々ですが、
それぞれが大事にしてはるのがよくわかります。

毎日、きれいに花がいれてあるし、
地蔵盆になったらいろんなお供えがしてある。
お世話をしてくれてはる方々のおかげです。

町を守ってくれたはるお地蔵さん。
景色として見過ごさずに、前を通る時は立ち止まって手を合わせたいものですね。

 

【お知らせ】

8月21日(月)22日(火)とお休みをいただきます。

飛行神社

  • 2017.08.13 Sunday
  • 09:58

昨日は、日本航空墜落事故から32年の日でした。

八幡には飛行神社という、飛行機に特化したお宮があります。

昨日、飛行神社では御霊鎮祭が斎行され、520柱の御霊の安寧と

このような悲しい事故が二度と繰り返されないようにと一層の航空安全がご祈願されました。

   



夏休みは飛行機を使ってご旅行される方も多いでしょうから、
ぜひ飛行神社に航空安全祈願のお参りをしてください。
自分が飛行機に乗るときはもちろん、家族や友人が飛行機に乗るときも
お参りしてお守りを受けてきます。
創建した二宮忠八が愛媛県八幡浜市出身で、故郷とよく似た地名のここ八幡市で
晩年を過ごしたことから、八幡市には飛行神社が鎮座しています。
全国でも珍しいお空専門の神様には、市外府外海外各地からお参りが絶えず、
航空自衛隊やパイロットにCAさん、ロケットまで
あらゆるお空にかかわる方々がお越しになるようです。





二宮忠八はまだ飛行機のない時代に
空飛ぶカラスをヒントにプロペラ飛行器の飛行実験に成功するも
日清戦争中であり、思うように開発が進まず、ライト兄弟に先を越されてしまったという
数奇の運命をたどりました。
戦争さえなければきっと忠八の方が先に「飛行機発明者」となっていたといわれています。
今では当たり前の飛行機ですが、開発されるまではたくさんの人々が
空を見上げ、鳥を見て、「あ〜空を飛んでみたいな〜」とロマンを抱いてはったのでしょうね。




飛行神社には資料館が併設されており、
忠八が飛行器開発までに至った資料や、神社に寄進されたプラモデルなどが多数展示されており
男子なら釘づけ間違いなし。
夏休みの課題にもお勧めですよ。



飛行神社
http://hikoujinjya.kyoto.jp/
当店より徒歩2分

今日の松花堂庭園

  • 2017.07.09 Sunday
  • 13:56

梅雨空真っ只中の松花堂庭園の様子です。

 

毎月第二日曜日に行われている松花堂月釜というお茶会に参加しているので、

ひと月ごとにお伺いするのですが、先月とは必ず異なった表情を見せてくれます。

 

IMG_7031.JPG

 

IMG_7033.JPG

 

IMG_7034.JPG

 

IMG_7035.JPG

 

水辺が何とも涼やかですね。

そんな中、姫ヒオウギのオレンジ色が映えます。京都は祇園祭もいよいよです。

 

IMG_7039.JPG

 

IMG_7043.JPG

 

IMG_7044.JPG

 

IMG_7045.JPG

 

ヤマモモの実も鈴なりでおいしそう。

大きな木が3本もありました。実がついてない時期はあまり気づかないものですね。

 

IMG_7051.JPG

 

IMG_7048.JPG

 

IMG_7052.JPG

 

IMG_7056.JPG

 

IMG_7059.JPG

 

そして暑い時期、特にお勧めしたいのが、梅隠前の水琴窟。

 

IMG_7061.JPG

 

竹筒にそおっと耳を当ててみてください。

キーンコーンカーン

なんとも涼しげな音がします。

昔の日本人の知恵と感性を尊敬します。

 

IMG_7067.JPG

 

 

お茶会には待ち時間がつきものです。

1席は40〜50分かかりますので、そのお席が定員いっぱいだったら、

次のお席まで待たなければなりません。

お待合のお部屋でじっと座って待っているのもいいのですが、

せっかくのお庭ですので、私は勝手言って出させていただいてお庭を散策させてもらいます。

今日は水琴窟の音色に夢中になっていたら、あっという間にお時間が来ていました。

もちろんお茶会も涼やかな趣向でとっても良かったです。

 

6月の松花堂庭園

  • 2017.06.11 Sunday
  • 15:52

本日は第二日曜日。

私が必ず松花堂庭園へお伺いする日です。

というのも、松花堂では月釜会といわれるお茶会が毎月第二日曜日に行われており、

それに年間通してお客様として参加しているからです。

IMG_6701.JPG

 

IMG_6705.JPG

 

1か月ごとに寄せていただくと、季節の移ろいがとてもよくわかります。

かわってなさそうで、確実に変わっている。

 

IMG_6710.JPG

 

IMG_6704.JPG

 

IMG_6688.JPG

 

先月は新緑が勢いあふれんばかりという感じでしたが、

1か月たって、少し落ち着いた印象。

 

IMG_6721.JPG

 

IMG_6723.JPG

 

IMG_6692.JPG

 

IMG_6694.JPG

 

季節のお花が楚々と咲いていて、見つけると嬉しくなります。

 

IMG_6690.JPG

 

IMG_6706.JPG

 

IMG_6711.JPG

 

松花堂庭園は、お花があちこちに派手に咲いているお庭ではないので、

一見つまらなく思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

さりげなく咲く花がかえっていとおしく感じます。

 

IMG_6716.JPG

 

IMG_6719.JPG

 

先月、堂々たる姿を見せていた大山蓮華も終盤。

今日は、そのお隣で花を開き始めた沙羅が、可憐でとっても印象的でした。

 

IMG_6712.JPG

 

IMG_6713.JPG

 

IMG_6715.JPG

 

お茶会ももちろん季節を楽しめる趣向で、これからうっとおしい梅雨がやってこようとはしていますが、

四季のある日本でよかったなと思いました。

 

IMG_6728.JPG

さくらであい館

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 12:25

背割堤のお向かいに今春できた「さくらであい館」に遅ればせながら出かけてきました。

 

DSCN0631.JPG

 

八幡市駅より徒歩5分ほど。

 

DSCN0604.JPG

 

御幸橋を渡ると左手が背割堤、道路を挟んだ右側にさくらであい館は建っています。


 

 

背割堤もひと月前はピンク色の帯で、お花見のお客さまでいっぱいでしたが、

すっかり新緑の季節となり、ハイキングやサイクリングの方がちらほらといる程度となりました。

 

DSCN0629.JPG

 

DSCN0635.JPG

 

DSCN0643.JPG

 

さくらであい館の中へ入ってみます。

道の駅を想像されている方も多いかと思いますが、基本的になにもありません。

 

DSCN0649.JPG

 

ベンチはありますが、カフェは併設されていません。

自動販売機はあります。

お土産も販売されていません。

お手洗いと休憩所、というイメージでしょうか。

 

 

DSCN0644.JPG

 

DSCN0646.JPG

 

周辺地域の紹介パネルがあり、うちの店の昔の姿がちらりと映っていました。

 

DSCN0647.JPG

 

目玉はこの展望塔でしょう。

 

DSCN0632.JPG

 

エレベーターで上ります。

 

 

エレベーターを降りるとすぐにこの景色。

今は緑色なので分かりにくいですが、背割堤の方向を向いています。

 

DSCN0671.JPG

 

DSCN0677.JPG

 

DSCN0679.JPG

 

DSCN0670.JPG

 

順路に沿って左回りします。

 

DSCN0673.JPG

 

木津川下流 枚方方面


DSCN0653.JPG

 

男山の全景が美しく見えます。

 

DSCN0656.JPG

 

DSCN0663.JPG

 

木津川上流 八幡市内方面

 

DSCN0662.JPG

 

京阪電車の鉄橋です。

 

 

宇治市内方面

 

DSCN0660.JPG

 

宇治川上流方面

京滋バイパス 久御山淀

この辺りは高速道路も入り組んでいます。

 

DSCN0665.JPG

 

名神大山崎JCT方面

 

DSCN0666.JPG

 

宇治川下流 高槻方面

天王山です。

 

DSCN0668.JPG

 

一周まわって背割堤。

背割堤の右が宇治川、左が木津川。

 

DSCN0675.JPG

 

ここは三川合流地域で、あと1本、京都市内を流れてきた桂川が合流し、

大阪湾へと流れる淀川へと名前を変えるのですが、桂川が見えません。

もう少し高さがあれば見えたのでしょうが、残念です。

 

それでも駅から直ぐとは思えない、壮大な自然の景色を見ることができ、

心身のリフレッシュに最適です。

こんなに近くに山と川に恵まれて、都会でも田舎でもあり、八幡市はいい環境だなと

改めて思いました。

 

桜の季節はもちろん素晴らしい眺めでしょうが、それ以外の季節もそれぞれの表情が楽しめそうです。

 

帰りは階段でおりました。

 

DSCN0669.JPG

 

DSCN0676.JPG

 

9時から17時まで。

無料です。

 

 

初夏の松花堂庭園

  • 2017.05.14 Sunday
  • 17:45

本日は、松花堂月釜会。

松花堂庭園で毎月第二日曜日に開かれているお茶会の日でした。

 

庭園に入るとまず目に飛び込んできたのが、森の貴婦人と言われる大山蓮華。

純白の花弁がとっても美しい。

 

DSCN0494.JPG

 

DSCN0501.JPG

 

DSCN0502.JPG

 

DSCN0503.JPG

 

蕾がまだまだたくさんあって、これから次々に開きそうです。

 

他に、勢いを感じたのは竹。

様々な種類の竹が植えられている松花堂庭園。

いたるところでニョキニョキと顔を出しています。

 

DSCN0507.JPG

 

皮がめくれた下からは、みずみずしい青竹が。

 

DSCN0504.JPG

 

DSCN0523.JPG

 

青もみじも光に照らされ美しく。

 

DSCN0540.JPG

 

DSCN0519.JPG

 

赤いプロペラもかわいい。

 

DSCN0537.JPG

 

青梅はすずなり。

 

DSCN0531.JPG

 

つつじも花盛り。

 

DSCN0538.JPG

 

鯉は気持ちよさげに泳ぎ。

 

DSCN0515.JPG

 

苔はしっとりと。

 

DSCN0548.JPG

 

 

生命力をたくさん感じた初夏の松花堂庭園でした。

 

DSCN0536.JPG

 

DSCN0520.JPG

 

 

新緑の神應寺

  • 2017.05.07 Sunday
  • 12:50

紅葉の名所は、新緑も美しいシリーズで、今回は神應寺をご紹介します。

 

DSCN0379.JPG

 

神應寺は貞観2年(860)宇佐より石清水八幡宮を勧請した奈良の大安寺の高僧、行教に
よって開創されました。
石清水八幡宮のご祭神である、応神天皇の霊を祀るために
創建されたことから往古は応神寺とされていましたが、
天皇の名ははばかられるとのことで、
文字を逆にし、神応寺と改められました。

 

DSCN0381.JPG

 

山門までは当店から徒歩1分ですが、男山中腹にある本堂までは階段が続きます。

 

DSCN0386.JPG

 

参道は青もみじが美しく、駅から直ぐの渓谷であるため、その名も駅前渓谷と呼ばれています。

 

DSCN0391.JPG

 

DSCN0392.JPG

 

DSCN0393.JPG

 

DSCN0397.JPG

 

DSCN0398.JPG

 

DSCN0399.JPG

 

階段は少ししんどいですが、登ってみると視界が開け、見晴らしも素晴らしいです。

宇治川、木津川、桂川が淀川に交わる三川合流地域、その堤防の背割堤、

遠くは京都市内まで一望できます。

 

DSCN0402.JPG

 

また、石清水八幡宮へとつなぐ男山ケーブルも間近に見ることができます。

 

DSCN0406.JPG

 

DSCN0408.JPG

 

DSCN0410.JPG

 

DSCN0412.JPG

 

この男山ケーブルの橋脚は、日本一の高さだそうです。

 

DSCN0417.JPG

 

散策に気持ちの良い季節は短いものです。

是非、自然豊かな八幡へ遊びに来てくださいね。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM