春の萬人講のご案内

  • 2018.04.14 Saturday
  • 13:01

IMG_4448.JPG

 

4月20日は八幡の円福寺のお祭りです。

円福寺は臨済宗のお寺。

日供合米(にっくごうまい)といわれる托鉢で、うちにも毎月何度か雲水さんがお見えになります。

 

修行道場のため、観光のためには普段は一切公開されていません。

萬人講といわれるお祭が春と秋の年に2度あり、

その日だけ境内が特別公開され、どなたでも入りお参りすることができます。

 


IMG_8193.JPG


 

 

DSCN0027.JPG

 

円福寺の達磨大師坐像は、日本最古の達磨像で、聖徳太子の御自作と伝えられています。

大和国達磨寺から八幡に移り石清水八幡宮社務田中家に秘蔵されていたもので、
国の重要文化財に指定されています。

この達磨さんに諸々の願い事の成就をお祈りすることができます。

 

DSCN0030.JPG

 

DSCN0038.JPG

 

順路に沿って、境内を進むとたくさんのおまいりがあり、

なんだかご利益のテーマパークのようでとても楽しいのです。

 

IMG_8183.JPG

 

こちらはウスシマさんのおまじない。

 

DSCN0034.JPG

 

東司(お手洗い)の周りを笠をかぶって、「オンクロダーノ・ウン・ジャク・ソワカ」とお経を唱えながら一周すると
寝たきりを防ぐと伝えられています。

これは仏教の守護神、ウスシマ明王さんで、不浄を転じて清浄ならしめる徳を有すると言われています。

 

DSCN0035.JPG

 

他にも和尚さんがきょうさくで肩をたたいてくださるおまじないや

法話もあり、もりだくさんのフルコース。それぞれに行列ができています。

なかでも和尚さんが赤いお膳で運んできてくださる精進料理は、
開運、厄除け、中風のまじないにきくと厚く信仰されています。

 

DSCN0041.JPG

 

お食事は和尚さんのお手作り。

早朝から薪をくべて、こしらえられるそうです。本当にありがたい。

春のお祭りはいつもタケノコ尽くしで大変おいしいのです。

 

IMG_8188.JPG

 

お札さんとご祈祷済みのお箸は持ち帰ります。

 

食後にはお茶席にも立ち寄り、デザートも欠かせません。

 

DSCN0057.JPG

 

DSCN0053.JPG

 

是非、みなさまも最古のだるまさんを拝みに、そしてお心づくしのお弁当をいただきに

萬人講に参加されてはいかがでしょうか。

IMG_4442.JPG

 

IMG_8185.JPG

 

なお、当日は円福寺で走井餅と鳩もなかを特別販売いたします

お土産にどうぞお求めください。

 

 

円福寺萬人講

4月20日(金)朝7時半〜午後2時半まで

2000円(ご祈祷とお弁当付)

 

樟葉駅より直通のバスが出ます。

 

 

 

円福寺ホームページはこちら

 

背割堤

  • 2018.04.13 Friday
  • 11:57

去年の今頃はまだ桜満開でしたが、今年はすっかり葉桜となった背割堤へ出かけてきました。

 

IMG_0618.JPG

 

IMG_0619.JPG

 

IMG_0620.JPG

 

IMG_0621.JPG

 

IMG_0622.JPG

 

IMG_0635.JPG

 

IMG_0639.JPG

 

もうすっかり観光客の方もおられず、地元の方が散歩している程度のいつもの光景です。


背割堤は、木津川と宇治川の間の堤防のことをさします。

八幡市は、三重県東部から流れてくる木津川と、琵琶湖からの宇治川、京都北部からの桂川の

三川が合流し、淀川となる場所です。

淀川は大阪湾へと流れ出ます。

 

近年畔にさくらであい館という展望塔ができたので、その様子を上空からも眺めることが

できるようになりました。

 

DSCN0631.JPG

 

IMG_0650.JPG

中央の背割堤を挟んで右側が宇治川。

左側が木津川です。

木津川は砂が多いのが見てとれます。

砂浜が広がり、昭和30年代には水泳場も開設されていたほどです。

高度経済成長期に伴い、土砂の採集が盛んになり、閉鎖されました。

 

IMG_0643.JPG

 

展望塔からはぐるりと360度のパノラマの景色を見ることができます。

 

IMG_0661.JPG

こちらは木津川と男山。

男山はいわずとしれた国宝 石清水八幡宮のある山です。

標高は140メートル。

鳥居や本殿などはあえて見えない造りとなっていますが、山上に御本殿があり、

ひとやま全域が神域と言われています。

また男山全域が国の史跡に指定されています。

かかる橋は御幸橋。

石清水八幡宮への天皇・上皇の行幸、御幸が多いことから名づけられています。

近年、橋は老朽化の問題から、以前の場所より少しだけ上流に架け替えられましたが、

親柱は昭和二年のものが引き続き使われています。

 

IMG_0645.JPG

 

DSCN0604.JPG

 

IMG_0662.JPG

木津川の上流には京阪電車の鉄橋がかかります。

電車が走り抜ける景色もかなり素敵です。

京阪電車のポスターなどで使用されるアングルは、八幡市のものが多いです。

昼間もいいのですが、夜も電車の明かりが水面に反射して美しいものです。

 

IMG_0656.JPG

こちらは宇治川の上流方面。

近年、名神や京滋バイパスなど高速道路がたくさんできて、八幡市は本当に便利になりました。

景色は以前の方が良かったですが、これはこれでまた見慣れると

良く思えてきました。

 

IMG_0658.JPG

宇治川と天王山。

八幡市の川を挟んで対岸は大山崎。

 

このように、木津川・宇治川・桂川が淀川となる合流地点であり、

男山の対岸には天下分け目の天王山。

京都盆地と大阪平野の接点でもあり、生駒山系の最北端でもあります。

昔から生態系や水陸交通、軍略的にも八幡はとても重要な場所だったのです。

 

これが現代では、京阪電車の八幡市駅から徒歩10分たらずという便利な場所であり、

春には桜並木が250本も続くわけですから、人気が出ないはずがありませんね。

ちなみに背割堤が桜並木となったのは、ここまだ40年ほどのことです。

1970年代までは松並木だったそうですが、松くい虫にやられてしまい、かわりにソメイヨシノが植えられ、

現在は全国屈指のお花見スポットとなっています。

 

さくらであい館

9時〜17時

無休

無料

まいまい京都企画「若女将と行く八幡遠足と走井餅実演ツアー」のご報告

  • 2018.03.15 Thursday
  • 12:14

去る3月10日、まいまい京都さん主催のミニツアー

「若女将が作る春の走井餅茶会!八幡珍スポットめぐり」のガイドを務めさせていただきました。

 

寒い中ではありましたが、青空に恵まれ、私自身たのしく八幡遠足と走井餅実演を行うことができました。

 

ご参加いただきました皆様、企画してくださったまいまい京都様、

ご協力くださった石清水八幡宮様、単伝庵様、飛行神社様に厚く御礼申し上げます。

 

今後また機会がありましたら、ご参加のほどどうぞよろしくお願いいたします。

 

当日の様子をまいまい京都さんのお写真を拝借して掲載します。

 

 

DSC_6211.JPG

 

午前10時 京阪八幡市駅出発。

 

28828868_1639045066171764_7065660991954762637_o.jpg

早速あらわれるエジソンさん。

 

28698550_1639045042838433_7159874559182572888_o.jpg

石清水八幡宮境内へ。一の鳥居と鳩について。

 

28700758_1639044776171793_1949734995197933946_o.jpg

頓宮。

私の大好きな勅祭石清水八幡宮について熱く語る。

 

28698408_1639045106171760_6727345808290902972_o.jpg

私の子供のころからの庭(笑)を廻る。

 

28619522_1639045149505089_419137491999983593_o.jpg

日本最大級の石づくりの五輪塔。

 

28618935_1639044846171786_1415445357237116046_o.jpg

神應寺は山門の前だけ。

ちょうど男山ケーブルに遭遇しました。

 

28619248_1639045139505090_8012035645095373436_o.jpg

氏神さん高良神社では、石清水八幡宮の神職さんに御解説いただきました。

 

28827522_1639044836171787_6928290604104800295_o.jpg

安居橋を渡ります。

 

28619521_1639044896171781_1930070670805655339_o.jpg

淀屋辰五郎の邸宅跡前を通過。

 

28618915_1639044916171779_7816256257814089250_o.jpg

らくがき寺と言われる理由を納得。

 

飛行神社では宮司さんにお話しいただきました。

 

IMG_9685.JPG

男性が多かったので、飛行機のエンジンなどに関心が集まりました。

 

28700817_1639043566171914_6981090921092334821_o.jpg

約1時間半のお散歩ののち、お店に到着。

 

タスキに前掛け姿で実演タイムの始まりです。

走井餅の由来などをお話ししながら。

 

28698761_2061518210734986_7651283672605685000_o.jpg

 

28954136_1639044779505126_2433572041130194100_o.jpg

 

28701379_1639043859505218_2555283037574121158_o.jpg

 

男性が多かったので甘いものはどうかなぁと思ったのですが、

できたての走井餅を喜んでいただけたようでうれしかったです。

 

 

本当にありがとうございました。

 

松花堂庭園とまちかど雛めぐり

  • 2018.03.11 Sunday
  • 15:03

今日は、松花堂庭園へ出かけてきました。

 

IMG_9772.JPG

 

IMG_9773.JPG

 

IMG_9774.JPG

 

お天気のいいこと!

春の光と青空はウキウキしますね。

 

IMG_9779.JPG

 

IMG_9803.JPG

 

庭園は、梅、さざんか、椿、馬酔木が咲き乱れ、まるで桃源郷!

鳥たちもうれしそうに飛び回っていました。

 

IMG_9780.JPG

 

IMG_9782.JPG

 

IMG_9786.JPG

 

IMG_9789.JPG

 

IMG_9792.JPG

 

IMG_9795.JPG

 

IMG_9802.JPG

 

松花堂庭園内にはつばき園があり、さまざまな種類の椿が植えられています。

 

IMG_9809.JPG

 

今、ちょうど見ごろ。

色々な種類が咲いていて、どれも可憐でかわいいです。

 

IMG_9808.JPG

 

IMG_9804.JPG

 

IMG_9807.JPG

 

IMG_9812.JPG

 

椿は咲いている時期が長いので、まだしばらく楽しめそうです。

松花堂庭園では。3月30日〜4月1日の3日間、「つばき展」が開催されます。
その時には、つばき園以外にも、多種類の椿を切り花、鉢植え、盆栽、いけばななど

いろいろな趣向で楽しむことができます。

 

ちょうどその頃には、桜も満開なはず。

お花いっぱいの松花堂庭園が今から楽しみですね。

 

帰り道、本日最終日の「まちかど雛まつり」の雛めぐりの続きをしてきました。

 

松花堂庭園

IMG_9816.JPG

 

IMG_9815.JPG

 

IMG_9817.JPG

 

IMG_9818.JPG

 

吉兆 松花堂店

IMG_9813.JPG

 

正法寺

IMG_9826.JPG

 

IMG_9821.JPG

園児たちの手作り雛も

 

志水公民館

IMG_9828.JPG

 

御菓子司 亀屋芳邦

IMG_9829.JPG

御菓子でできています。

 

善法律寺

IMG_9830.JPG

 

浄泉寺

IMG_9831.JPG

 

IMG_9832.JPG

 

理容マツザキ

IMG_9839.JPG

 

伊藤工務店

IMG_9838.JPG

 

磯田家

IMG_9833.JPG

 

上林家

IMG_9836.JPG

 

IMG_9837.JPG

うまく写せませんでしたが、格子の中にもおひな様。

 

 

 

今年のまちかど雛まつりは全57か所中、38件廻ることができました。

今年は本日で終わりですが、また来年の開催を楽しみにしていて下さい。

 

 

 

 

 

八幡まちかど雛まつり

  • 2018.03.09 Friday
  • 17:49

現在開催中の「八幡まちかど雛まつり」ですが、今週日曜日までといよいよ閉幕が近づいてきました。

私も今日は、マップ片手に26か所めぐってきました!

 

まるで宝探しのように、「あ、あそこにもおひなさん!あ、こっちにもやはる!」と

発見の度に子供みたいに楽しんでしまいました。

また、各館が趣向を凝らしていて、時代物のおひなさまや、立派な七段飾り以外でも

お店のモチーフを絡めたものや、時事ネタを絡めたものなど、思わずクスっと笑ってしまうような展示も多く、

何件見てもあきません。

全部で57か所。

お気に入りやインスタ映えを見つけて、ぶらりと町歩き楽しんでみてください。

 

それでは、ずらりと26か所ご紹介します。

数字はマップによるものです。

マップはこちらからダウンロードも可能です。

 

1、八幡市観光案内所

 

IMG_9671.JPG

 

IMG_9669.JPG

目線の先に、走井餅が!

 

IMG_9667.JPG

 

IMG_9668.JPG

 

IMG_9670.JPG

 

2、八幡市駅前交番

 

IMG_9673.JPG

 

3、観光情報ハウス

 

IMG_9650.JPG

 

IMG_9651.JPG

 

IMG_9652.JPG

 

4、カフェ・キャンドル

 

IMG_9649.JPG

 

6、京都銀行

 

IMG_9648.JPG

 

7、あしはら本店

 

IMG_9647.JPG

 

8、立本家

 

IMG_9645.JPG

 

IMG_9646.JPG

 

9、やわた走井餅老舗

 

IMG_9480.JPG

 

IMG_9483.JPG

 

10、眠りの家 山田屋

 

IMG_9676.JPG

 

11、てづくりや こころ

 

IMG_9677.JPG

 

12、飛行神社

 

IMG_9681.JPG

 

IMG_9678.JPG

 

IMG_9679.JPG

 

IMG_9683.JPG

 

IMG_9684.JPG

 

IMG_9685.JPG

 

IMG_9686.JPG

 

13、山柴公民館

 

IMG_9687.JPG

 

IMG_9688.JPG

 

14、塩山呉服店

 

IMG_9690.JPG

 

IMG_9692.JPG

 

IMG_9693.JPG

 

15、大澤電気商会

 

IMG_9727.JPG

 

16、みささ堂

 

IMG_9725.JPG

 

IMG_9726.JPG

 

17、ギャラリー城ノ内

 

IMG_9694.JPG

 

IMG_9695.JPG

 

IMG_9696.JPG

 

IMG_9697.JPG

 

18、高井家

 

IMG_9698.JPG

 

19、なかい洋品店

 

IMG_9700.JPG

 

20、ビューティーサロンナカネ

 

IMG_9704.JPG

 

21、シルエット

 

IMG_9702.JPG

 

22、大澤家

 

IMG_9703.JPG

 

24、本妙寺

 

IMG_9706.JPG

 

IMG_9707.JPG

 

IMG_9708.JPG

 

25、町家サロンひだまり

 

IMG_9710.JPG

 

26、森田設備

 

IMG_9711.JPG

 

29、お茶の福翠園

 

IMG_9724.JPG

 

30、雅庵

 

IMG_9723.JPG

 

32、丸太

 

IMG_9715.JPG

江戸時代初期 紙製雛人形↑

 

京阪風古今雛(約200年前)↓

IMG_9718.JPG

 

IMG_9719.JPG

 

IMG_9720.JPG

 

IMG_9721.JPG

 

IMG_9722.JPG

 

やわたまちかど雛まつり

〜3月11日(日)まで

 

主な場所は八幡市駅前から松花堂庭園までの東高野街道沿いです。

展示時間や休館日などは各展示場所によって異なります。

全部で57件。施設、お店、一般のお宅などさまざまです。

マップは京阪八幡市駅前や松花堂庭園、走井餅老舗他で配布しています。

こちらからダウンロードも可能です。

 

 

 

 

まちかど雛まつりのご案内

  • 2018.02.24 Saturday
  • 13:56

今年で第7回目になります八幡まちかど雛まつりが、3月3日から始まります。

昨年までは4月の開催でしたが、今年から3月開催となりますのでご注意ください。

 

八幡の町中、57か所もの店先や個人宅の前に様々なおひな様が飾られています。

時代物のおひなさまから、手作りのもの、ちょっとおもしろ趣向のものなどそれぞれです。

無料で道端から眺めることができますので、ふらふらと街歩きしてみてくださいね。

 

 

 

ピンクののぼりを目印にマップを片手にふらふら歩いてみてください。

マップは駅前の観光案内所や観光情報ハウスなどでもらえます。

当店にも置いています。

こちらからダウンロードも可能です。

 

 

少しだけ昨年のお写真をのせます。

今年はまた趣向が異なると思いますので、楽しみにしてください。

 

立本家

 

 あしはら本店

 

京都銀行

 

八幡市観光案内所

 

 

 

観光情報ハウス

 

 

八幡市駅前交番

 

眠りの家 山田屋

 

てづくりや こころ

 

 

飛行神社

 

 

 

当店も参加しています!!

走井餅老舗

 

IMG_9480.JPG

 

IMG_9483.JPG

 

おひな様は私の祖母のもの。

色紙は橋本関雪。

今年は曾祖母手作りの折り紙のおひな様もたくさん飾っています。

 

IMG_9486.JPG

 

こちらは八幡市で活動されているガラス作家伊藤泰三さんのもの。

 

やわたまちかど雛まつり

3月3日(土)〜3月11日(日)まで

 

主な場所は八幡市駅前から松花堂庭園までの東高野街道沿いです。

展示時間や休館日などは各展示場所によって異なります。

みなさまも楽しみながら八幡散策してみてくださいね!

 

 

ガラスのおひなさま

  • 2018.02.15 Thursday
  • 14:32

床の間におひな様をかざりました。

 

IMG_9471.JPG

 

ガラスのおひな様です。

吹きガラスの空気の泡がきらきらと輝いていて、素敵でしょ。

 

IMG_9470.JPG

 

IMG_9469.JPG

 

とっても気に入っています。

 

 

実はこちらのガラス作家、伊藤泰三さんは八幡の方で、

ガラス工房も八幡にあります。

 

八幡の工房で販売もされているのですが、

先日まで京都の高島屋で1週間、販売の催事をされていたので覗いてきました。

 

DSC_5700.JPG

 

_20180214_145006.JPG

 

DSC_5699.JPG

 

DSC_5698.JPG

 

DSC_5701.JPG

 

DSC_5703.JPG

 

DSC_5709.JPG

 

ワイングラスやこの一輪挿しも素敵…

 

今回私が求めたおひな様もたくさんの種類があります。

ひとつひとつ手作りなので、すべて表情が違います。

 

DSC_5704.JPG

 

DSC_5707.JPG

 

DSC_5708.JPG

 

八幡の工房では体験も行われています。

八幡と言えば、筍、お茶、梨、和菓子、松花堂弁当など

食べ物の名産が多いですが、素敵でおしゃれなガラス工芸もお土産にいいですね。

 

SUN GASS STUDIO KYOTO 伊藤泰三さん

http://www.sun-glassstudio.jp/

 

DSC_5712.JPG

 

IMG_9472.JPG

松花堂茶会へ

  • 2018.02.11 Sunday
  • 17:35

昨日に続き、今日も松花堂へ出かけてきました。

明るい日差しを期待していたのですが、今日もどんより寒空。

みぞれ交じりのつめたいお天気となりました。

 

IMG_9424.JPG

 

毎年2月の2週目の日曜日に月釜というお茶会に参加するため、こちらに伺っているのですが、

毎年はもっと梅もほころんでいるのですが、今年はまだやっと開いた程度。

それでも参加してきたお茶会に梅のお道具がたくさん出ていて、

たっぷりと梅を堪能してきました。

 

IMG_9440.JPG

 

IMG_9438.JPG

 

IMG_9437.JPG

 

それとは別に、今日は地元、京都八幡高等学校の伝統文化部(茶道)の生徒による

お茶会が開催されていました。

きっと猛特訓してお稽古されたであろう高校生のお点前とお運びに、清々しい気持ちになりました。

生徒は男子も女子もいて、皆真剣で、きっとかなり緊張はされていたでしょうが、

とても素敵なお茶会で、心から楽しませていただきました。

 

IMG_9441.JPG

 

IMG_9442.JPG

 

お話を伺うと茶道部の生徒は5名しかいないのだそうです。

そのうち3年生がこの春卒業すると部員は3名になるんだとか。

春から新入生がたくさん入ってくれるといいなぁ。

 

IMG_9429.JPG

 

八幡の高校生が恵まれているのは、市内に松花堂庭園があり、気軽にお茶室が利用でき、

日々のお稽古の成果をお茶会という形で披露できること。

そしてお茶に関心のある方が多く、今日もたくさんのお客様がお越しだったこと。

せっかくの恵まれた環境なので、もっと茶道に興味をもつ学生が増えて、
茶道部が盛んになればいいなあと願います。

 

IMG_9449.JPG

 

IMG_9452.JPG

 

私も同じ八幡市民として、また茶道を嗜む者として、どうしたら彼らを応援することができるかなあと

考えてみたのですが、まず、このような学生茶会に積極的に参加することかなと思いました。

 

茶道の日々のお稽古って、ただお点前を習得するだけでは、どうしても辛かったりつまらなく感じることもあるかと思います。

でも、お茶会という披露の場があれば、その日を目標に修練できますし、

当日は普段の高校生活では出会えないようなお客さまとの触れ合いもあり、

勉強になったり励みになったりするものです。

 

今日のお茶会も予約不要でどなたでも参加できるものでした。

皆様も今後またこのような機会があれば、是非、足を運んでみてください。

 

IMG_9456.JPG

 

IMG_9459.JPG

 

八幡高校の皆さん、本日はお疲れ様でした。

これからもがんばってください!!!

 

 

松花堂美術館へ

  • 2018.02.10 Saturday
  • 14:23

今日は朝から松花堂美術館へ出かけてきました。

いつもは松花堂庭園の方ですが、今日は庭園へは行かず、美術館です。

同じ敷地内ですが、正面が庭園入口、右手が美術館、美術館手前にお土産ショップ、

美術館と庭園入口の間に料亭吉兆が建っています。

 

IMG_9415.JPG

 

IMG_9413.JPG

 

本日より12日まで毎年恒例のいけばな展が開催されています。

 

IMG_9410.JPG

 

IMG_9409.JPG

 

会場内には、各流派のいけばなが展示されています。

 

IMG_9401.JPG

 

IMG_9394.JPG

 

春の訪れを感じさせる、黄色やピンクのお花も多く、いい香りも漂っていて

うれしい気持ちになります。

様々な流派が同時に見られるので、流派による生け方の違いや花器の違い、

また珍しいお花も見られてとても勉強になります。

無料なので是非覗いてみてください。

 

同じく美術館で開催されている新春展にもようやく伺うことができました。

 

IMG_9412.JPG

 

戌年にちなんで犬の画や、新年にふさわしい歌留多などが展示されています。

芦雪、芳中、抱一の一度は見たことのあるかわいらしい犬の姿に思わず微笑んだり、

松花堂昭乗が確立した松花堂流の書の流れるような文字の美しさに見とれたり、

豊かな時間を過ごすことができました。

 

新春展は18日(日)までです。

 

松花堂美術館の良さはゆったりとみられるところ。

まちなかの美術館のように、人の後頭部ばかり見て、解説はおろか作品もろくに見られないといったことはまずありません。

じーっくりと好きな作品を好きなだけ眺めていられます。

 

まだまだ寒い日々が続いていますが、こんな季節だからこそ、

気持ちがパッと明るくなるいけばなや美術鑑賞はいかがでしょうか。

 

 

相槌稲荷

  • 2018.02.06 Tuesday
  • 14:46

明日は初午。

お稲荷さんの祭日です。

そこで、本日は八幡にあるお稲荷さんについて書いてみようと思います。

 

石清水八幡宮を当店の前の一の鳥居から境内に入るのではなく、

その横の川沿いを道路のまままっすぐに進むと突き当りに下馬碑があり、

そこから表参道へつながる階段が始まります。



 

その手前に三條小鍛冶相槌稲荷神社があります。

 

DSC_3723.JPG

 

DSC_3715.JPG

 

DSC_3716.JPG

 

三条小鍛冶宗近とは、さまざまな伝説があるほどの平安時代の有名な
刀鍛冶で、宗近の刀は、国宝となっております。
また、京都・祇園祭の長刀鉾の初代の長刀も、宗近が奉納したと
伝えられています。

石清水の名水でも宗近は刀を打ったと伝えられており、
その所以でここにお祀りしてあるそうです。
 

 

DSC_3734.JPG

 

相槌稲荷の鳥居の裏に回ると、当舗7代目である井口嘉四郎の文字があります。

奉納していることがわかります。

 

DSC_3719.JPG

 

というのも、走井餅の形の由来は、大津・走井の名水で宗近が名剣を鍛えたという
故事にちなみ、刀の荒身をかたどっております。

 

 

 



実は、明治時代に大津から、7代目が支店を八幡の石清水八幡宮の門前に
構えたのは、石清水八幡宮と八幡が宗近とかかわりがあったことも
理由の一つなのです。

 

DSC_3714.JPG

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM