松花堂庭園・美術館

  • 2013.07.24 Wednesday
  • 16:54
連日「そうだ 京都、行こう。」のお話ですみません。

でもそれほどまでに京都・八幡では、石清水八幡宮がJR東海のCMに初めて
取り上げられたことに、大いに喜び盛り上がっているのです。

もちろん私もご多分に漏れず、もっと八幡を知ってもらいたい、
せっかくならあそこもここも行って楽しんでもらいたい!と、
地元を愛するが故の八幡PRであること、ご了承いただきたく思います。

本日は「松花堂庭園・美術館」をご紹介します。


美術館では現在、「 八幡のはちまんさんー受け継がれる美と伝統ー」という
企画展が開催されています。



私も本日出かけてきました!

会期は4期に分かれておるので、私が本日見たお宝と
皆様がお越しの時のお宝は変わっているかもしれませんが、
素人の感想を少し述べますと…(写真は撮れないのであしからず)

まず、目に飛び込んできたのはガオーちゃんこと狛犬。
私が子供のころから親しんでいた高良神社ではなく
同じく石清水八幡宮の摂社である若宮社のものです。
とにかくキンキラキンで修復まもなく新しく、細部の彩がとても
美しくて迫力がありました。
「ザ、魔除け」という感じでインパクト大です。

それと春日局や八幡ゆかりのお亀の方あらため相応院が
石清水八幡宮にあてたお手紙の文字の芸術的なこと。
江戸時代の女性は独特の仮名遣いで文字を書いていたそうで、
まっすぐ揃って書くわけでもなく、あっちにいったりこっちにいったり、
おっきくなったりちいさくなったり絵画のよう!
書く方も読む方も大変!
この時代に生まれなくてよかったと思ってしまいました。

勅祭石清水祭についてのDVDもじっくり30分見て勉強してきました。
来る9月15日の予習です。

皆様も数々のお宝を見ていろいろと思いをはせてみてください。
私の子どもみたいな感想ではなく、もっと高尚なご感想をお抱きでしょうが…

ちなみに今夏、石清水八幡宮では日本刀展をしていますが、
本格的な美術品展示はしておらず、お宝はこちらの美術館に貸し出されております。
お宝をじっくり見たい!という方は松花堂美術館に絶対に行くべきです。


そして併設の松花堂庭園にもぜひ入ってみてください。




今は修復中の部分もあるため格安の100円で入れます。
竹やお茶室など風情ある庭園を楽しめます。








暑〜い日中。
つくばいの前にあるこの竹筒に耳を当ててみてください。



きん、こん、かん。
水琴窟(すいきんくつ)です。
涼しげな音を奏でています。
気温が少し下がった気になりますよ。

では本日はここまで。

松花堂庭園美術館のホームページはこちら。
http://www.yawata-bunka.jp/syokado/index.htm
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM