夏休みの思い出

  • 2013.08.01 Thursday
  • 09:50
ときは平成5年のこと……

朝6時、セミの大合唱で目を覚ます。

洗顔、着替えを早々に妹と二人
石清水八幡宮一の鳥居をくぐり抜ける。







いち、にぃ、と石段の数を数えながら
表参道を駆け上がる。






はちまんさんの朝。

木々の隙間からもれる日差しは目に眩しく、
肌に触れる空気はひんやりと気持ちいい。



391.392.…
だんだんと足早になる二人。

396!



ここで必ず「おはよう!」と
お馬さんにあいさつ。

そのころ、石段を登り切った場所に
白い神馬がいた。

三の鳥居から神苑の会場までは猛ダッシュ!!





夏休み期間中、毎朝6時半から石清水八幡宮の山上で行われる
ラジオ体操に参加していた。

神職さんが前にたち、体操を先導してくれる。
そして終わると境内で鳩のハンコをカードについてくれた。

並んだ鳩のハンコを眺めるのが夏のなによりの楽しみだった。

数分の体操をしに、毎朝男山を駆け上がった。
体操よりも往復の運動量の方がはるかに多い。

ここらの子どもは、そうやって大きくなる。

はちまんさんは八幡の子どもにとって最高の遊び場だ。
セミとりに、さわがに探しに、クワガタ捕り。





石清水八幡宮が大変大きな神社であるという事を
この頃はまだ知らない。

神域で育ったありがたみに気付くのはまだずっと先の話だ。



「夏の子どもを育てるのは青い空と太陽だけじゃないのです。」







石清水八幡宮 ラジオ体操
2013年8月1日〜12日
朝7時半から

今年もはじまったようです。
元気な子どもたちよ、行ってらっしゃい!!
コメント
夏休みの思い出・・か? 私なんかもう遥か彼方のことですね(笑)。
ラジオ体操も近くの児童公園でしたと思います。思いますぐらいですから記憶も定かではありません。
まだ、11代目さんでしたら記憶もしっかりとあることでしょう。
大きくなって初めて自分の住んでいる所の良さを知るというのも生きてきた証ではないですか?

話は変わりますが私は風が好きなんです。どこからか吹いて来てどこかへ行ってしまう、
風のようにどこへでも飛んで行けたらきっと素晴らしいなあ・・と気持ちもいいでしょうしね。
だから、少しきざっぽい名前にしたのです(笑)。
涼しい風も好きです(笑)。
  • 京の風!
  • 2013/08/01 10:26 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM