石清水八幡宮境内をぐるり

  • 2013.08.18 Sunday
  • 10:07
 石清水八幡宮夏の夜間特別拝観にお越しになった際、
なるべく順路通りにお参りください。

以前にもお参りに来られたことがあり境内をよく知っている方は、
走井餅老舗境内店の前の階段を登られる方が多いのですが、
(実は一番近道)今はこんな素敵な切り絵で結界がしてあります。



というのも、境内をぐるりと回って存分に楽しんでいただきたいという
神社の意向なのです。

境内店の前を通り、右側に見えてくるのがほんまもん京みやげ広場。



これらの店舗は8月31日までの臨時出店ですので、ぜひご覧になってください。
16時から21時まで営業しています。(ただし月・火は休み)

そしてそちらを通り抜けると、



エジソン記念碑があります。
エジソンは八幡の真竹を白熱電球のフィラメントに使用して、
初めて電球の実用化に成功しました。
今回のライトアップでこそLEDも併用されていますが、
エジソンと八幡の竹のめぐりあわせがなければ、
世界はまだ薄暗いままだったかもしれません。
明かりというのはしみじみ大切なものです。

八幡市民でエジソンと竹の関係を知らなかったら「もぐり」やと
言われるぐらいの常識です。
京阪八幡市駅前にもこんな銅像があります。





男前です!
並んで写真をとってもいいかも?!


山上に話を戻しましょう。


エジソン記念碑を通り抜けると、清峯殿(研修センター)があります。





こちらでは特別展と、走井餅の喫茶コーナーもあります。


 

そちらをぬけるといよいよ…



ちょっとぶれてますが、三の鳥居です。
石造りなので普段はこんな色ですが、



赤いライトに照らしだされて、赤い鳥居に変身しています。

一ツ石も赤に。



こちらも今までなら、踏んづけてしまいそうでしたが、



今は、ちゃんと結界も案内板もあって、もう見逃す心配はありません。



ちなみに一ツ石とは広い境内の中でもパワースポットの一つで、
「勝負石」や「お百度石」とも呼ばれています。
古くは競馬の出発点になったり、お百度参りの起点になったそうです。

さて、幻想的な参道を通りましょう。









青い光に照らし出されているともうそこは幽玄の世界、異空間です。
そしてついに見えてきました。







ご本殿です。

行った気分になってしまいましたか?
いえいえ、実際に見ると感動はひとしおです。

是非、順路通りお進みになり、石清水八幡宮の夏の夜を目いっぱいお楽しみください。


ちなみに毎晩、石清水八幡宮境内店は私11代目が当番をつとめております。
道案内はさせていただきますので、どうぞお気軽に!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM