お伊勢さん菓子博開催中

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 14:03

全国菓子大博覧会(通称「菓子博」)は、お菓子の歴史と文化を後世に伝えるとともに、
菓子業界・関連産業の振興と開催地域の活性化に役立てるため、
ほぼ4年に1度、全国各地で開催されている日本最大のお菓子の祭典です。

現在、三重県の伊勢で開催されています。(5/14まで。)

 

当店も社内研修として、昨日出かけてきました。

 

会場では全国のお菓子を集め、展示・販売が行われています。
また、菓匠(和菓子の職人)やパティシエが伝統の技を駆使して制作した
「工芸菓子」も多数展示されています。

 

DSCN0423.JPG

 

DSCN0424.JPG

 

DSCN0425.JPG

 

DSCN0426.JPG

 

DSCN0438.JPG

 

DSCN0422.JPG

 

DSCN0433.JPG

 

DSCN0430.JPG

 

DSCN0421.JPG

 

DSCN0419.JPG

 

江戸の名物餅のコーナーでは走井餅についても展示されていました。

 

DSCN0429.JPG

 

DSCN0436.JPG

 

DSCN0428.JPG

 

そして開催地、伊勢の名物、赤福。

 

DSCN0439.JPG

 

DSCN0440.JPG

 

DSCN0444.JPG

 

DSCN0441.JPG

 

お買い物や食べたりもできて、最近は一般の方向きにイベントが

シフトしてきていますが、もともとはお菓子屋さんのための品評会。


優秀なお菓子には皇族による「名誉総裁賞」や
「内閣総理大臣賞」「農林水産大臣賞」などが授与されます。

 

過去には走井餅老舗の走井餅も
昭和59年 第20回大会で「大臣賞」を受賞、



その後平成10年 第23回大会で最高賞である「名誉総裁賞」を受賞しています。




 

また、平成6年 第22回大会には「菓子産業特別功労賞」を、
平成10年 第23回大会に鳩ケ峯ういろが「全菓博栄誉大賞」を受賞しました。



昭和29年の第13回全国菓子大博覧会(京都開催)の折の
高松宮殿下より菓子博の名誉総裁には毎回宮様がご就任になっており、
平成元年の第21回全国菓子大博覧会(松江菓子博)からは
寛仁親王殿下が名誉総裁を務められ、寛仁親王殿下のご逝去により前回の広島菓子博からは

彬子女王殿下が名誉総裁を務められています。

 

全国菓子大博覧会で宮様から賞をいただくことは菓子業界の中で最高の栄誉であり、
賞をもらうために全国のお菓子屋さんは日々研鑽を重ねています。

 

お伊勢さん菓子博は今週の日曜日まで。

次回はまた4年後の開催(開催地は未定)なので、
お近くの方は出かけてみてはいかがでしょうか。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM