お庭と千歳屋の話

  • 2017.07.29 Saturday
  • 14:52

猫の額ほどの、といえば猫に失礼になりそうなぐらい、小さな、お店のお庭の剪定が先日終わりました。

 

IMG_7359.JPG

 

IMG_7440.JPG

 

石清水八幡宮の一の鳥居が見えるということが一番の自慢。

 

IMG_7441.JPG

 

他は、うちが大津から八幡へ越してきたとき、この場所は旅籠だったのですが、

その旅籠時代のモチノキやつつじ、石などを使用している、ということぐらいでしょうか。

 

IMG_7444.JPG

 

うちがここで商売をしてからすでに107年ですから、モチノキやつつじはそれより前からの樹齢です。

加えて、周りをコンクリートで固めてしまっていることもあり、かなり元気がなくなってしまっているのは

かわいそうに思っています。

モチノキは八幡市の「緑の保存樹」に指定されています。

 

お庭に出している床几も旅籠時代のもの。

 

IMG_7445.JPG

 

裏面に、屋号「千歳屋」と書かれています。

 

IMG_7446.JPG

 

千歳屋さんの創業が文化12年(1815年)なので、江戸時代から、

たくさんの人のお尻の重みに耐えてきたなんてすごいですよね。

昔のもんは丈夫やった、職人の仕事はすごかった、というのはおばあちゃんの口癖ですが、その通りだと思います。

 

今の時期は暑いですが、季節のいい時、またワンちゃん連れの方、おタバコを吸われる方は

お庭の床几にも腰かけてみてください。

 

 

ちなみに当舗は八幡で開業当時から昭和48年までは千歳屋さんの文化12年(1815年)の棟上げの建物のまま、

営業していました。


 

店内にずらりと掲げている講札も千歳屋さんのもの。

 

IMG_7460.JPG

 

昔は講を組んでお参りに来られていたので、指定宿を示す目印の看板です。

どのお宿に泊まればいいのかわからなくならないように、また悪徳のお宿ではないということを

示す役割だったようです。

 

IMG_7461.JPG

 

IMG_7462.JPG

 

IMG_7463.JPG

 

IMG_7464.JPG

 

IMG_7465.JPG
 

この辺は、旅籠が多かったそうです。

そもそもは男山には宿坊が立ち並んでいました。

明治43年に京阪電車が開通してからは、交通の便が良くなり、
千歳屋をはじめ、旅籠は次々と廃業に追い込まれたということです。
 

 

 

コメント
太郎様

お返事遅くなり、大変大変申し訳ありません<m(__)m>
せっかくコメントをいただいていたのに、なんと2か月半も気づかずに放置してしまっていたとは、申し訳ございませんでした。
ご無礼をお許しくださいまして、今後とも走井餅老舗をどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • やわた走井餅老舗
  • 2017/10/15 4:25 PM
お庭 綺麗に出来上がりましたね。


いつも 格調高いお庭で 一服させてもろてます。


おやじさんに歴史などを教えて貰ったり。。。


男山八幡宮に走井さん有りですね。


益々のご繁栄を祈って居ります(^^)v


暑さ厳しき折り 自愛専一に。
  • 太郎
  • 2017/07/29 7:05 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM