一休寺納豆の仕込

  • 2017.07.30 Sunday
  • 13:44

一年で一番暑い土用の時期。

この陽射しを利用して、梅干しを干したり、茶道では灰を作ったりしますが、

一休寺納豆の仕込も行われます。

先日、早朝より行われる一休寺納豆の仕込のお手伝い(という名の見学)に

八幡市のお隣、京田辺市にある一休寺さんへ寄せていただきました。

 

 

納豆というと、スーパーで売っている糸引き納豆を想像されたことでしょう。

一休寺納豆はそれとは異なり、浜納豆、大徳寺納豆というとぴんと来られるでしょうか。


 

一休禅師が数百年前に伝えたことから、その名がある一休寺納豆は、

初めての方はただしょっぱい、塩っ辛いと

思われるかもしれませんが、発酵食品独特のその香りとうまみがだんだんと感じられて、白ご飯のお供に最適です。

 

蒸した大豆と大麦のはったい粉、麹を加えて混ぜ、麹蓋といわれる専用の舟にならし、

蔵で2日間発酵させたものがこちら。

 

IMG_7408.JPG

 

蔵から出したての種は、麹菌が生きているのでほんのり温かい。

発酵の力を感じるときです。

 

麹蓋の中で固まっている種をへらでかいてあけ、ほぐします。「麹かき」。

 

IMG_7409.JPG

 

IMG_7401.JPG

 

IMG_7402.JPG

 

IMG_7410.JPG

 

ほぐした種を塩水をはった納豆桶にうつして、混ぜます。

プクプクと泡が出てきて、麹が呼吸していました。

 

IMG_7412.JPG

 

IMG_7414.JPG

 

IMG_7434.JPG

 

IMG_7420.JPG

 

IMG_7432.JPG

 

IMG_7438.JPG

 

1年間毎日、日中は桶のふたを開けて天日干しし、撹拌を繰り返すのだそう。

お日さんの力と和尚さんの手により、一年かけて水分のとんだ真っ黒の一休寺納豆になるのです。

 

機械化することなく、業者が入ることもなく、昔から変わらず、和尚さんが手塩をかけて作られています。

これからも大切にいただきたいと思います。

 

是非一度みなさまもご賞味ください。

 

IMG_7426.JPG

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM