本日十五夜 月見団子を

  • 2017.10.04 Wednesday
  • 10:05

今夜は十五夜。

本日はたくさんの月見団子をご用意しています。

 

 

月見だんご 150円

 

東京の月見団子がまん丸の球体に対して、京都は里芋の形を模した形を
しています。
中秋の名月は別名、芋名月ともいわれ、ススキなどの秋草や
畑作物、果実とともに、里芋をお供えすることに由来し、
おだんごも里芋の形を模しているのです。

 


店内でもお召し上がりいただけます。


煎茶付 400円

春は桜を愛でながら花見だんご、
秋は月を愛でながら月見だんご。

季節の移ろいを大切にする風習は、なんとも日本らしく、
そこには昔から、その季節に由来するおいしい和菓子が欠かせません。
 

子供たちに日本の風習を伝えるためにも、やはり

ゲンのモンはちゃんと食べておきたいですね。

 

舌からの記憶、特においしかった思い出というのは子供の心に必ず残りますし、

自分が親にしてもらったことは、その子が親になった時に、また子に

してあげたいと思うと思うのです。

 

そうやって、日本の文化を後世に伝えていきたいものですね。

 

さて、皆様、今夜はどこからお月さんを眺めますか?

お団子を家の中で食べるだけ、より、せっかくなので今夜ぐらいお月さんを眺めてみましょう。

 

八幡では安居橋(たいこ橋)にかかる月が美しいと昔から言われています。

 

 

IMG_7990.JPG

 

 

 

IMG_7986.JPG
 

 

それは元禄7年(1694年)に製作された「八幡八景連歌発句絵巻」からきています。

〕再岨海両
極楽寺の桜
C鼻坂の雨
な生川の蛍
グ袖鏘兇侶 
Ψ邉櫺の雪
大乗院の鐘

300年以上前もここからお月さんを眺めていはったのですね。
また、それらは数々の歌にも詠まれています。
IMG_7981.JPG
IMG_7980.JPG
IMG_7982.JPG
今夜は少し冷えそう。
あたたかくしてお月見してくださいね。
IMG_7994.JPG
IMG_7995.JPG
コメント
miyabiさま

コメントありがとうございます。
「きらっと京滋」ご覧いただきましてありがとうございます。
表紙にしていただくなんて、私も知らなくて、びっくりしました。
見た瞬間にとってもうれしかったです!!
今後とも走井餅老舗をどうぞよろしくお願いします。
  • やわた走井餅老舗
  • 2017/10/08 5:21 PM
お月見当日だというに団子の持ち合わせが無く、
少し前のみたらしで間に合わせてしまいました。。
でも、橋上・湖上からの眺めには及ばずとも
いい感じのお月さんでありました。

それと、情報誌『きらっと!京滋』、
表紙掲載おめでとうございます!
新聞集金の方より一昨日に頂いたのですが、
度々寄せてもらっているからなのか
失礼ながら我が事の様に微笑ましく感じました。
これからもお世話になりますね!
  • miyabi
  • 2017/10/05 2:06 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM