大津へお墓参り

  • 2017.10.29 Sunday
  • 17:44

先日、大津にある井口家・走井の菩提寺にお墓参りに行ってきました。

 

IMG_8075.JPG

 

当家のルーツは大津です。

今、親族は大津におりませんが、7代目までは大津で生まれ、暮らし、走井餅を生業としていました。

 

IMG_8082.JPG

 

大津の菩提寺には、初代の親から7代目までのお墓があります。

墓石は全部で12もあり、走井と刻んであったり、走井の歌が詠んであったり。

 

IMG_8086.JPG

 

中には杵と臼の形をした墓石もあります。

 

IMG_8076.JPG

 

走井を愛してはったこと、誇りに思ってはったことが伝わってきます。

 

IMG_8085.JPG

 

走井餅屋の大先輩であるご先祖さんに、私の作った走井餅をお供えし、一つ一つのお墓に手を合わせ、

気持ちを伝えてきました。

 

IMG_8081.JPG

 

IMG_8079.JPG

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8102.JPG

 

帰りに、本家のあった場所を訪れました。

 

IMG_8105.JPG

 

当家7代目が大津を離れ、八幡に移った後、その屋敷と庭園は日本画家橋本関雪によって買い取られ、

今も橋本家の方によって保存されています。

走井餅発祥のその場所には、当時と変わらず走井の名水が今もこんこんとわき出ています。

 

IMG_8103.JPG

 

この走井の水が走井餅の始まりです。

 

走井の水で手を清め、走井餅を継いでいく決意を入れなおしました。

 

IMG_8101.JPG

 

創業から今年で253年。

大津を離れざるを得なかったとき、戦争があった時、跡継ぎに困ったとき、売れなかったとき…

代々で、苦しかったこともたくさんあったと思います。

でも何とか次の代へ続けて行こうという先祖の気持ちで今までやって来れました。

私も11代目を継ぐ者として、先祖の思いをプレッシャーではなくて

応援の力に変えて、感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいと思います。

 

IMG_8104.JPG

 

大津のお墓や、月心寺は、そんな気持ちを改めて思い出させてくれる

私にとってとってもとっても大切な場所です。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM