大扉稲荷とその周辺

  • 2018.02.08 Thursday
  • 08:54

昨日は初午だったので、石清水八幡宮末社の大扉稲荷社にお参りに行ってきました。

 

石清水八幡宮の一の鳥居、二の鳥居を越えて、表参道をずーっと行きます。

 

IMG_9364.JPG

 

IMG_9319.JPG

 

すると「七曲り」と言われるジグザグ階段が始まります。

実際には4曲がりしかありません。

 

IMG_9320.JPG

一曲り目

 

IMG_9321.JPG

二曲り目

 

IMG_9323.JPG

三曲がり目

 

IMG_9326.JPG

四曲り

 

この辺りになると息が切れてきます。

四曲り目の階段を上りきると少し開けてなだらかになり、分かれ道になります。

その左手に朱塗りのお社が見えてきます。

 

IMG_9329.JPG

 

大扉稲荷です。

 

IMG_9331.JPG

 

ちょうど息があがってくる頃ですので、ここで立ち止まり

呼吸を整え、お参りするのにピッタリのタイミングです。

 

IMG_9338.JPG

 

IMG_9340.JPG

 

昔、この辺りに狐が住んでいて、芝刈りに来る人にいたずらをするので、

祠を建てて、悪さを鎮めたという伝説が伝わっています。

その後、文政時代に石清水八幡宮によって改築されました。

ここのお稲荷さんは、宝くじを買ったらお参りするとよい、と言われています。

 

IMG_9341.JPG

 

この場所で山上まで半分ぐらいでしょうか。

 

IMG_9333.JPG

 

あとは一度も曲がることもなく、なだらかな階段が続き、登りきったところに、

三の鳥居があり、御本殿へむかう参道へと続きます。

 

大扉稲荷の前は、分かれ道になっています。

 

IMG_9336.JPG

 

道なりに行くと表参道、右へそれると松花堂跡や石清水社へ続く祓谷道に入ります。

 

IMG_9343.JPG

 

祓谷道の名の由来は、昔はここに祓谷社があり、夏越の祓や年越しの祓はこの地で

行われていました。

 

 

駒返し橋が架かっているこの谷川は、石清水社からの下流で谷筋により曲水に当たるところです。

昔の人は、この清水に己の姿を写し、お参り前に心身を清めていたそうです。

影を写して清めたことから「影清塚」と呼ばれています。

 

IMG_9334.JPG

 

IMG_9352.JPG

 

IMG_9337.JPG

 

この場所は、細かな階段の七曲りが終わって、道が開け、光も差し込み、すこしホッとする場所です。

昔の人はここで改めて身を清め、石清水八幡宮御本殿へと向かうために心の準備をしていたのですね。

 

男山山内は明治の廃仏毀釈ですっかり景色が変わってしまったと言います。

この辺りもたくさんの坊があり、どんなににぎやかだったのでしょう。

神社であったがために取り壊されずに済んだ大扉稲荷さんだけは、

変わらずに今も、石清水八幡宮へ参拝に向かう人々を見つめ続けています。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM