本日土用の入り!

  • 2018.07.20 Friday
  • 09:51

本日は土用の入り!

古くから土用の入りの日に食べれば暑気あたりをしないとされたあんころ餅。

昔は夏を越すのは大変な事でした。

お餅を食べて暑さを乗り切り、小豆で厄除けを願うことで

夏を無病息災で過ごすことができると言われています。
 

昨日京都は全国一位の最高気温39.8度をたたき出しました。

本当に暑い今年の土用。

走井餅老舗のおいしい土用餅で暑気払いしてください!!!

 

土用餅 180円(税込)

 

京阪百貨店くずは店と枚方店では3個入りにて販売します。
鰻をお求めにいらした方、是非土用餅も忘れずにお願いします!

 

土用とは、立秋の前の18日間の事。

立春、立夏、立冬の前も土用があるので、年に4回土用はあるのですが、

現代では一般的に「土用」というと夏の土用をさしますね。

その土用の期間に入る日、つまり「土用の入り」が今年は本日です。

 

土用の期間の内の、子丑寅卯辰…の丑の日が「土用の丑の日」です。

ねずみどし、うしどし、と言うように年の干支はまだ風習が残っていますが、

日々の干支はほぼ言わなくなってきていますね。

一年に十二支が充てられているのと同じく、一日一日にも十二支が充てられています。

 

37380460_1092484664234213_742960223299305472_n.jpg

 

今日は土用の入りでもあり、土用の丑でもあります。

入りの日に、丑が重なったのですね。

十二支なので、12分の一の確率でそういう日が来ます。

そして土用の18日間の初日に丑の日が来たので、二回目の丑の日も廻ってきます。

これが二の丑です。

今年は8月1日にあたります。

土用の入りから6日までの間に丑の日めぐってきたときは、二の丑があるということですね。

 

37511423_1092484720900874_4529241681639243776_n.jpg

 

さて、そもそもは土用餅とは土用の入りの日に食べるとされていました。

当店でも数日間、土用餅を販売しますが、土用の入りの日がいちばんたくさん売れていました。

それがここ数年だと思いますが、土用の丑の日の方がよく売れる日に逆転しました。

これは、百貨店やスーパーの戦略だと思います。

鰻を買いに来てもらうその日に、土用餅も買ってもらおう!

広告に鰻と一緒に打ち出そう!

 

百貨店やスーパーに行ったときに、また広告を眺めて初めて、

「へー土用餅も食べるんや、そんな和菓子があるんだ」と知る方もいると思います。

いち和菓子屋さんでは宣伝が行き届かないので、そうして皆様に知っていただく機会が増えたことは

とてもありがたいことです。

ただし、本来は入りの日に食べるということは知っていてくださいね。

ながなが書きましたが、今年はたまたま入りの日と丑の日が同じ。

なので問題ないのですが(笑)

 

37524141_1092484617567551_8128971914082254848_n.jpg

 

 

とにもかくにも、土用は一年で一番暑い!!

そして今年は、特に暑い!!

あんころ食べてスタミナをつけて、暑い夏乗り切ってください!

 

 

店内でもお召し上がりいただけます。

 


土用餅&走井餅のセット
煎茶付 450円
抹茶・珈琲・グリーンティー・冷やしあめ付 650円

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM