八幡と台風

  • 2018.08.23 Thursday
  • 14:44

また、台風が近づいてきています。

八幡市にはかつて、台風によって小学生の児童と先生がなくなるという

悲惨な事故が起こっています。

 


もみじ寺として有名な善法律寺。

境内の紅葉は、足利二代将軍義詮に嫁いで義満を産んだ、善法律寺宮清の孫娘、良子が寄進したものです。

 

そして、目を引くのはたくさんの名前が刻まれた慰霊塔の上に立つお地蔵様。

子守地蔵さんと呼ばれています。


 


昭和9年9月、
私の母校でもある八幡小学校の前身の八幡尋常高等小学校に室戸台風が襲い、

児童32名と校長先生と教員のあわせて34名が尊い命を失いました。

今のようにテレビで天気予報が頻繁に流され、警報が出て、学校が休みになる時代とは異なり

その日もいつもどおりに子供たちは、登校したそうです。

 

その年に移築されたばかりの二階建ての校舎には、2年生と4年生が1階に、

6年生が2階にいました。

私の祖母の姉も、ちょうどこのとき八幡尋常高等小学校の6年生で、

その校舎が全壊しました。

2年生と4年生は下敷きになり、多くの犠牲者が出ました。


叔母は、校舎倒壊の衝撃で脳しんとうを起こし、遺体安置所に放置されていました。
医者である叔父がむしろをあけて確認を進めていたところ、たまたま姪がおり、
脈を診ると命があったので助け出されたそうです。

 

私の八幡小学校在学中は、被災したおばあさんが語り部として毎年お越しになっていました。

亡くなられた先生は、児童をかばって覆いかぶさるようにして亡くなられたそうです。
命日の日、児童会の子は代表して、善法律寺へお参りへ来ていました。

 

 

くしくも今日明日は、地蔵盆の日ですね。

京都では、一年に一度、地蔵盆といってお地蔵様のお祭りを行います。

お地蔵さまは町内のあちこちにお祀りされていて、地蔵盆では、

各町内の子供たちが集まって、お菓子がもらえたり、ゲームなどをする

子供たちにとっては夏休みの終わりの楽しいイベントです。

毎年なら善法律寺も地蔵盆の日だけ、お地蔵様のお提灯が掲げられますが、

今日は台風接近のため、先ほど前をとおると設置はされていませんでした。

明日、台風一過となれば、また設置されるかもしれません。


 

 

 

また、昭和36年には第二室戸台風が直撃し、石清水八幡宮の三の鳥居が倒壊しました。

現在のものは翌年に再建されたものです。

 

 

32169110_2090210621199078_4582987802869760000_n.jpg

 

倒壊した鳥居は、昭和の作庭家、重森三玲氏によって、三の鳥居のすぐそばに庭の石材として使用されています。

 

20180510_085243.jpg

 

 

本日は誠に勝手ながら、台風接近のため、15時で閉店させていただきます。

皆様に被害が出ませんようお祈りいたします。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM