100年ぶりの里帰り

  • 2018.09.17 Monday
  • 18:29

昨日、8名の作家さんの展覧会「春秋遊会 ”受け継ぐこと 伝えること・・・”」のうちの

走井茶会において「帰ってきた走井茶屋」というサブタイトルで

100数年ぶりに大津の本家の地で走井餅をお作りし、お客様にお召し上がりいただきました。

 

35671453_2110580455828761_2163620961117536256_n.jpg

 

走井の水が今もわき続ける、創業の地。

6代目が日本画家橋本関雪に売却してからは、離れた京都・八幡の地で、

血と技を受け継ぎ、商いを続けてきました。

この度、橋本関雪のご子孫の方や展覧会関係者の皆様のご厚意により、

また創業の地で、走井餅を作ること、そしてお客様に召し上がっていただくことができました。

皆様に心より深く感謝いたします。

 

20180916_103852.jpg

 

私が11代目としてお店を継ぐことになってからここを訪れた時、

いつか私もここで先祖がしていたように走井餅を作ってみたい、と

思いを強くしたのは10年ほど前のことです。

でもそれは叶わぬことだと、胸にしまっていました。

この地を離れてから100数年間、7代目以降がきっと夢見ていたことです。

 

IMG_6846.JPG

 

広大な走井の屋敷跡の中でも、今回実演をさせていただいたのは百歳堂という場所でした。

ここには、初代が関寺から手に入れた小野小町百歳像が祀ってあります。

先祖がこの小町像を深く信仰していたことは聞いたことがあります。

現に、7代目が大津から八幡へ持って帰ってきた屋号の看板や、

商品のレッテルにも百歳堂の文字があります。

この地での実演は、小町にも見守られている気がして、とても心強く思いました。

 

 

 

 

41848452_2189965997890206_1908288879106981888_n.jpg

 

経緯や由来をお話ししながら、お客様の目の前で走井餅をお作りし、その場でお召し上がりいただくと、

皆様がおいしい!と喜んでくださいました。

場所や先祖の思いも大事ですが、お客様においしいと言って喜んでいただくことが

まず第一に大切なことだなぁと改めて思いました。

もちろん、場所があったから、先祖がいたから、商売はしていたのですが、

それだけでは成り立ちません。

その時代時代に、おいしいと言って食べてくださるお客様がいたからこそ

走井餅は続いてきたのです。

 

私の作った走井餅を、お客様が喜んでくださる。

すべての原動力はやはりそこにある。

11代目として胸を張って、これからも毎日、走井餅を作り続けたいと思います。

 

20180917_165734.jpg

 

20180917_165708.jpg

 

20180917_165850.jpg

 

1537097301748.jpg

 

41907733_2189965971223542_510185189268258816_n.jpg

 

御縁をいただきました皆様、お越しいただきました皆様、応援してくださった皆様、

この度は誠にありがとうございました。

 

 

20180916_103958.jpg

 

20180916_104134.jpg

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM