円福寺萬人講のご案内

  • 2018.10.11 Thursday
  • 13:10

IMG_4448.JPG

 

10月20日は八幡の円福寺のお祭りです。

円福寺は修行道場のため、観光のためには普段は公開されていないのですが、

萬人講という名のお祭が春と秋の年に2度あり、

その日だけどなたでも入ることができます。

 

IMG_4426.JPG


 

円福寺は、天明3年(1783)白隠四天王のひとり、斯経によって妙心寺派の臨済宗修行道場として創立され、

南山焼の浅井周斎らによって整えられました。

場所は国道一号線から直ぐなのですが、参道をぬけると

山奥に来たかのようにとたんに静かになります。



 

円福寺の達磨大師坐像は、日本最古の達磨像で、聖徳太子の御自作と伝えられています。

大和国達磨寺から八幡に移り石清水八幡宮社務田中家に秘蔵されていたもので、
国の重要文化財に指定されています。

万人講ではこの達磨さんに諸々の願い事の成就をお祈りすることができます。




お寺に入ると、順路に沿っていろいろなお参りがあり、

必ず行うのはトイレの神様のおまじない。



東司(お手洗い)の周りを笠をかぶって、「オンクロダーノ・ウン・ジャク・ソワカ」とお経を唱えながら一周すると
寝たきりを防ぐと伝えられています。

これは仏教の守護神、ウスシマ明王さんで、不浄を転じて清浄ならしめる徳を有すると言われています。


DSCN0033.JPG

 

 

 



 

他にも雲水さんがきょうさくで肩をたたいてくれはるおまじないや

和尚さんによる法話もあり、なんだか次々とご利益のテーマパークのようでとても楽しいのです。

なかでも雲水さんが赤いお膳で運んでくれはる精進料理は、
開運、厄除け、中風のまじないにきくと厚く信仰されています。




このお弁当が目当てと言っても過言ではないぐらい、実はとても楽しみ。

托鉢のおダイコンや畑のゴボウなどが入っているお寺のお手製のお弁当は、本当にありがたいもの。

お札とご祈祷箸は持ち帰ります。

 

東京の有栖川宮家の建物を高松宮殿下から御下賜された御殿があり、

そちらでお抹茶もいただけます。

 

DSCN0057.JPG

 

IMG_4440.JPG

 

 

いろいろと盛りだくさん、とっても楽しいお祭りです。

どなた様でも参加できますので、

是非、みなさまも最古のだるまさんを拝みに、そしてお心づくしのお弁当をいただきに

萬人講に参加されてはいかがでしょうか。

IMG_4442.JPG

 

なお、当日は走井餅を円福寺で特別販売いたします

どうぞお土産に走井餅をお求めください。

 

 

円福寺萬人講

10月20日(土)朝7時半〜午後2時半まで

2000円(ご祈祷とお弁当付)

 

樟葉駅より直通のバスが出ます。

 

 

 

円福寺ホームページはこちら

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM