紅葉速報 <神應寺>

  • 2018.11.07 Wednesday
  • 17:03

神應寺 色づき始め

 

IMG_1664.JPG

 

山門は当店から徒歩1分ほど。

そこから180段の階段を上ります。

 

IMG_1635.JPG

 

参道にも紅葉がたくさん。見ごろにまだしばらくかかりそうですが、色づき始めています。

 

IMG_1639.JPG

 

IMG_1638.JPG

 

 

階段を上りきると本堂が見えてきます。

 

IMG_1629.JPG

 

男山中腹に位置する本堂には、豊臣と徳川の家紋がふたつならんでおり、大変珍しいものです。

 

神應寺は貞観2年(860)宇佐より石清水八幡宮を勧請した奈良の大安寺の高僧、行教に
よって、応神天皇の霊を奉安するために建立されました。

文禄年間(1592〜1596)、征韓の役にあって豊臣秀吉は、石清水八幡宮に詣で、軍の先鋒に神官を望みましたが、

神社側は恐れて命に服しませんでした。

秀吉は機嫌を損ねたのですが、神應寺住僧の機転で、征韓の首途にはまず應神天皇の御寺に参詣すべきと進言。

秀吉は機嫌を直し、寺領200石を寄進したそうです。

 

IMG_1631.JPG

 

境内は色づき始めといったところ。

 

 

 

IMG_1606.JPG

 

IMG_1634.JPG

 

IMG_1608.JPG

 

IMG_1626.JPG

 

IMG_1611.JPG

 

IMG_1625.JPG

 

 

 

 

 

 

神應寺には、淀屋辰五郎の墓があります。

 

IMG_1597.JPG

 

淀屋は江戸時代初期の豪商で大阪中之島を開拓し、
大阪の発展に貢献しました。
「淀屋橋」にその名が残っています。

 

他に、飛行神社を創建した二宮忠八や淀城主のお墓などもあります。

 

IMG_1600.JPG

 

IMG_1599.JPG

 

 

本堂よりも少し小高いところにある墓地からは、京都市内が見渡せます。

 

IMG_1602.JPG

 

そしてさらに少し階段を上ると、男山ケーブルを見ることができます。

 

IMG_1596.JPG

 

IMG_1644.JPG

 

ケーブルが通るのは15分に一度。

タイミングよくお写真に収めてみてくださいね。

 

IMG_1621.JPG

 

石清水八幡宮御本殿のある男山山上までをつなぐ男山ケーブル。

鉄橋の橋脚は日本一の高さを誇ります。

 

IMG_1624.JPG

 

IMG_1649.JPG

 

奥ノ院である不動尊も色づき始め。

 

IMG_1657.JPG

 

IMG_1651.JPG

 

IMG_1653.JPG

 

IMG_1655.JPG

 

神應寺からつながっていますので、こちらも合わせておまいり下さい。

 

 

11月24日(土)25日(日)、神應寺では「紅葉まつり」が行われ、境内はにぎやかになります。

普段は本堂を公開されておられませんが、この日は無料で開放されます。

もとは石清水八幡宮の開山堂にお祀りされていた行教律師坐像や、

豊臣秀吉坐像、豊臣秀吉公ご朱印など神應寺とかかわりの深い

豊臣家や徳川家にまつわる寺宝なども特別公開されます。

 

また、宇治川・木津川・桂川を一望できる見晴らしの良いお部屋にお茶席も設けられます。

是非この機会にお越しくださいませ。

 

 

 

神應寺もみじ祭り

11月24日(土)25日(日)10時〜15時

拝観無料 お茶席は500円

 

駅からは徒歩1分ですが、階段が5分!

上ると必ず感動していただけるはずですので、がんばって登ってください!

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM