紅葉速報〜一休寺〜

  • 2018.11.20 Tuesday
  • 18:09

一休寺(京田辺市) 見ごろ

 

当店から車で20分。

八幡市のお隣、京田辺市の一休寺へ出かけてきました。

 

IMG_2046.JPG

 

ここはとんちの一休さんでおなじみ、一休禅師が晩年を過ごしたお寺です。
アニメのイメージが強いからか永遠の小僧のような気がしますが、
一休宗純は室町時代に実在した大徳寺派の禅僧です。

 

DSC_5945.JPG

 

今秋のJR東海「そうだ京都行こう」キャンペーンには一休寺が選ばれました。

境内にはたくさんの紅葉があり、見ごろを迎えています。

 

IMG_2079.JPG

 

IMG_2048.JPG

 

IMG_2044.JPG

 

IMG_2049.JPG

 

IMG_2051.JPG

 

IMG_2052.JPG

 

IMG_2056.JPG

 

IMG_2057.JPG

 

IMG_2060.JPG

 

IMG_2062.JPG

 

IMG_2065.JPG

 

IMG_2067.JPG

 

IMG_2068.JPG

 

IMG_2069.JPG

 

IMG_2072.JPG

 

IMG_2064.JPG

 

IMG_2080.JPG

 

IMG_2081.JPG

 

宝物館も併設されており、驚くようなお宝の数々が展示されています。

一休寺には一休寺納豆という名物があります。

一般的な糸を引く納豆とは異なり、真っ黒で乾燥した塩味の納豆です。

 

DSC_5992.JPG

 

大豆を蒸し、はったい粉と麹を混ぜて発酵させ、塩湯とともに納豆桶に移し、
約一年もの間、天日干しにして作られます。

一休禅師が数百年前に伝えられて以降、今でも一休寺のご住職のお手製で作られています。

 

一休寺では一休寺納豆を使用したお菓子とお抹茶がいただけます。

 

DSC_5986.JPG

 

お土産用には粒のままの一休寺納豆と、刻んであるふりかけタイプがあり、

白ごはんのお供に最高です。

 

DSC_6005.JPG

 

また、オリーブオイルとドレッシングにしたり、中国の豆鼓のように麻婆豆腐にいれたり、

お料理のアクセントとしても最適です。

 

是非、皆様も一休寺へお立ち寄りになった際は、この貴重な一休寺納豆をご賞味ください。

 

DSC_5995.JPG

 

一休寺へは、高速道路(第二京阪)がとても便利ですし、八幡からも隣町なので

八幡観光とセットでもいいコースです。

八幡や京田辺は近年インフラ整備が進み、車でのアクセスはとてもよくなりました。

京都市内の下道で渋滞に巻き込まれるよりも、よっぽど時間が有効的に使えますし、

予定もたちやすいと思います。

遠いというイメージは振り払って、一度是非お越しください。

山城ならではの良さがあります。

 

IMG_2086.JPG

 

 

酬恩庵 一休寺
http://www.ikkyuji.org/

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM