長刀鉾

  • 2019.07.17 Wednesday
  • 18:09

本日、京都では祇園祭前祭山鉾巡行が行われました。

山鉾の巡行の順番は毎年くじで決められるのですが、

くじとらずで必ず毎年先頭をゆくのが長刀鉾です。

 

 

IMG_7118.JPG

 

鉾先にはその名の由来、大長刀がついています。

これは、平安時代の刀鍛冶、三条小鍛冶宗近が、娘の病気平癒を祈り八坂神社に奉納したのが

始まりと伝えられています。

 

IMG_7121.JPG

 

三条小鍛冶宗近は、大津走井の名水でも刀を鍛えており、その由来で走井餅は刀の形を表しております。

 


 

 

また八幡には三条小鍛冶相槌神社というお宮があり、それはここ八幡の水でも宗近が刀を鍛えたという

故事があることに由来しています。

 

DSC_3715.JPG

 

DSC_3716.JPG

 

DSC_3734.JPG

 

今、刀剣女子にとても人気の相槌神社。

 

宗近が繋ぐ、走井と八幡と祇園祭。

八幡市は京都と言っても、祇園祭が行われている京都市とは氏神様が違うので、

よそのお祭りと思いながらも、面白いものですね。

 

そんな由縁で、お店の床の間は長刀鉾の設えとなっております。

祇園祭に欠かせない、檜扇もいけて。

 

 

 

 

 

 

この長刀にはちまきまでついていてかわいいです。

 

祇園祭は7月末まで行われており、

本日は前祭。後祭は24日にまた山鉾巡行が行われます。

今日とは違う山鉾が巡行します。

 

八幡市と祇園祭が行われている四条界隈までは、京阪電車で30分弱です。
 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM