松花堂アフタヌーンティ秋

  • 2019.10.08 Tuesday
  • 12:48

江戸時代前期、石清水八幡宮には、松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)という

書や茶の湯の才能に優れた僧侶がいました。

昭乗は、農具入れとして使われていた四つ切の箱を、絵具入れや煙草盆に見立て

使用していました。

時がたち、四ツ切箱が弁当箱として使用されるようになり、松花堂昭乗の名前をとって、

松花堂弁当と名付けられました。

ここ八幡市は、松花堂弁当発祥の地と言われています。

 

当店では、昨年の秋より、和菓子店なりにアレンジし、和菓子で松花堂弁当箱を詰め、

松花堂アフタヌーンティを提供しています。

 

ようやく過ごしやすくなってきましたので、かき氷を盛り込んだ夏バージョンから

栗のお菓子をふんだんに詰めた秋バージョンに変更します。

 

IMG_5017.JPG

 

おぜんざいやういろ、栗のソフトクリームなど盛りだくさん。

もちろん走井餅もひとつついてきます。

セットのお茶はやわたの福翠園さんの温かい玄米茶です。

 

甘いモンとあったかいお茶がおいしい季節になりましたね。

是非、走井餅老舗でほっこりしてください。

 

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

※和菓子の種類など写真の内容と異なる場合がございます。

 

IMG_5015.JPG

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM