紅葉速報【松花堂庭園】

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 12:35

松花堂庭園も色づき始めといったところです。

 

IMG_5181.JPG

 

IMG_5182.JPG

 

IMG_5184.JPG

 

IMG_5185.JPG

 

IMG_5186.JPG

 

IMG_5187.JPG

 

IMG_5188.JPG

 

IMG_5189.JPG

 

IMG_5190.JPG

 

IMG_5191.JPG

 

松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)とは、江戸時代初期に活躍した石清水八幡宮の社僧です。
「書」「和歌」「絵画」「茶の湯」に優れ、小堀遠州などとともに寛永年間を代表する文化人でもありました。

みなさんが必ず耳にしたことのある「松花堂弁当」の生みの親でもあります。
といっても昭乗が実際にお弁当を作ったわけではありません。
昭乗が使っていた4つ切の道具箱をヒントにのちの料理人が、4つ切りの箱に詰めたお弁当を
昭乗から名前をとり、松花堂弁当と名付けたといわれています。

 

松花堂庭園は、もとは東車塚古墳という土地でしたが、明治時代の廃仏毀釈の折に、石清水八幡宮から

昭乗の住んでいた草庵茶室や泉坊書院が移築され、庭園として整備されました。
草庵茶室は、たった二畳の空間に、実に理にかなった構造となっており、

当時の昭乗の権力やセンスを垣間見ることができます。

 

松花堂庭園は、昨年6月の大阪北部地震および9月の台風21号で壊滅的な被害に遭い、草庵茶室や泉坊書院のある内園は

現在も立ち入り禁止が続いています。

 

IMG_5209.JPG

 

IMG_5212.JPG

 

IMG_5214.JPG

 

 

四季の花や紅葉の美しい外園部分と3つの茶室は、ようやく修復が終わり、再開が始まったところです。

 


IMG_5193.JPG

松隠

 

IMG_5204.JPG

竹隠

 

IMG_5200.JPG

梅隠

 

IMG_5199.JPG

梅隠腰掛待合

 

また、併設の美術館では、「茶室のアイデア〜中村昌生と「庭屋一如」〜」が開催されています。

お茶室好きの方にはたまらない展示ですね。

 

それにしても、青空と暑くも寒くもない気温。

のんびり散策するのにピッタリです。

時折、鳥の鳴く声が聞こえ、なんだか心が豊かになりますね。

 

IMG_5196.JPG

 

IMG_5197.JPG

 

IMG_5203.JPG

 

IMG_5205.JPG

 

IMG_5206.JPG

 

IMG_5208.JPG

 

IMG_5217.JPG

 

IMG_5219.JPG

 

まだ内園部分は入れませんが、それでもこんなに紅葉が楽しめますので

是非八幡市へお越しの際は、松花堂庭園へお立ち寄りください。

 

 

松花堂庭園へは、京阪電車「石清水八幡宮駅」よりバスまたはタクシー、またはレンタサイクル。

歩くと30分以上はかかります。無料の駐車場も完備されています。

 

お食事は、併設の吉兆松花堂店で本場の松花堂弁当もおすすめですよ。

 

 

 

この時期はご予約が賢明です。

 

 

 

【八幡市内の紅葉スポット】

●石清水八幡宮山上 色づき始め

石清水八幡宮山麓 色づきはじめ

●善法律寺 色づき始め

神應寺 色づき始め

●松花堂庭園 色づき始め

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM