紅葉速報

  • 2019.11.22 Friday
  • 19:09

八幡のもみじ寺、実は2つあるんです。

一つは今年も何度も中継した善法律寺。

善法律寺のことは、私たちは「りつじ」と呼びます。

他に「もみじでら」と呼ぶ場所があるのです。

 

20191122_085853.jpg

 

宝青庵です。

 

20191122_085836.jpg

 

20191122_085845.jpg

 

ここは歌人吉井勇が隠棲した場所です。

吉井勇とは明治〜昭和初期にかけて活躍した歌人で、京都・祇園にある「かにかくに碑」が有名です。

「かにかくに祇園はこひし寝るときも枕の下を水のながるる」

祇園では毎年11月8日に吉井勇を偲び、
多くの芸舞妓が歌碑に花を捧げる「かにかくに祭」が行われています。

吉井勇は1909年に北原白秋らと文芸誌「スバル」を創刊、また「都をどり」の作詞も手掛けました。

 

勇は戦後3年ほど、八幡の宝青庵に居住していました。

その間、松花堂で谷崎潤一郎や志賀直哉、梅原龍三郎などと親交を深めていました。
八幡を詠んだ歌も500首に及んでいます。

 

「昭乗といへる隠者の住みし廬(いお) 近くにあるをうれしみて寝る」

 

宝青庵にも歌碑があります。

「ここに住みし かたみにせよと 地蔵佛 われに呉れたり 洛南の友」

 

本日はまだ見ごろには早い感じでしたが、盛りには一面真っ赤になります。

また、苔が美しく、散紅葉のころも大変美しい場所です。

20191122_085903.jpg

 

20191122_085924.jpg

 

20191122_085937.jpg

 

20191122_085946.jpg

 

20191122_090002.jpg

 

20191122_090029.jpg

 

場所は松花堂庭園のほど近く。

是非おさえておきたいスポットです。

 

さて、もうひとつのもみじ寺、善法律寺の本日の様子です。

 

思わず、「うわぁ」と声が漏れました。

見ごろです。

 

20191122_090710.jpg

 

20191122_090745.jpg

 

20191122_090838.jpg

 

20191122_090816.jpg

 

20191122_090807.jpg

 

20191122_091207.jpg

 

20191122_091140.jpg

 

20191122_091108.jpg

 

20191122_091045.jpg

 

20191122_091016.jpg

 

20191122_090940.jpg

 

20191122_090925.jpg

 

20191122_090845(0).jpg

 

20191122_090723.jpg

 

今年は紅葉が遅いように思っていましたが、色づき始めたら一気に進みました。

善法律寺では今夜よりライトアップも始まりました。

また、明日明後日は亥の子餅をはじめ、八幡市内各所で紅葉の見ごろに合わせて

たくさんのイベントがあります。

くわしくはこちら

 

見ごろを迎えた八幡市の紅葉。

是非満喫してください。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM