白沙村荘

  • 2019.12.07 Saturday
  • 18:09

京都・銀閣寺畔の白沙村荘へ。

 

79089352_2495066940713442_529786037027733504_n.jpg

 

78427197_2495067024046767_2623290720735199232_n.jpg

 

20191207_120249.jpg

 

ここは、大正時代から昭和初期にかけて活躍した日本画家・橋本関雪の
住居兼アトリエで、建物や庭園にいたるまで彼が手がけた作品であり、
現在は橋本関雪記念館として公開されています。
 

国の名勝にも指定されている白沙村荘のお庭は10000屬砲盖擇咫∈酊蹐

関雪が手がけたというのですから、画だけにとどまらないその才能には驚きです。

存古楼というアトリエを中心に、池や茶室、たくさんの石塔や石仏などが配されています。

 

 

78828743_2495067114046758_7451147425332330496_n.jpg

 

73388528_2495067167380086_3815687712141213696_n.jpg

 

78653398_2495067227380080_6046215300133683200_n.jpg

 

79161137_2495067297380073_3026326848314277888_n.jpg

 

75474082_2495067404046729_92452503941021696_n.jpg

 

もみじはもう終わりかなぁと思っていたのですが、案外残っていました。

そしてこのなんとも侘びた感じもまたよいものですね。

晩秋から初冬へ季節は廻っていく。

燃えるように鮮やかに真っ赤に色づいた紅葉もやがて褐色となり、水気を失い、落ちてゆく。

界隈も先週までのにぎやかさは落ち着き、なんかホッとします。

今の方がのんびりとお庭を散策するのにもってこいかもしれません。

 

庭園をぐるりと歩いた奥に近年併設された美術館があります。

二階建てになっており、1階には関雪の画や屏風が展示されています。

2階のテラスからは大文字が見渡せます。

 

78817324_2495067617380041_6956013656895127552_n.jpg

 

同じく2階では明日まで「春秋遊会」という合同展が行われています。

陶芸、日本画、茶の湯、仏像彫刻、木工芸、染色、漆芸、皮革の若手作家さんの作品が展示されています。

それぞれの分野で活躍されている皆さんの作品は、ただ見た目が「素敵」だけではなくて、

作家さんの作品にかけている情熱や愛情が伝わってくるのが不思議です。

好きな事を生業にしている楽しさがあふれ出ているというのでしょうか。

 

お庭のお茶室では作家さんたちのお道具を交えたお茶会が開かれています。

作家さんたちが作る新しいものと数百年前の茶道具が違和感なくさらりと同居し、

見事に取り合わされています。

席中は作家さんとお話しすることもできて終始和やかな雰囲気。

茶道の心得がなくても心配いりません。

 

実は、橋本関雪は、約100年前、当家が大津の走井餅の本家の場所をひきはらい、
八幡へ越してきたあと、荒廃していた屋敷を買い取り、
保存に努めてくださった人物で、当家にとってはかけがえのない恩人です。

そんな御縁もあり、お茶会のお菓子を当舗でご用命いただきました。

 

京都市内で当舗のお菓子を召し上がれる機会はほとんどないので貴重な機会をいただきました。

直前のご案内ではありますが、明日予定があいているなという方は、

白沙村荘にお越しになり、お茶会にもご参加いただき、お菓子をお召し上がりいただけると嬉しいです。

ちなみに走井餅ではありません。

 

やはり釜のお湯でいただくお抹茶は格別ですね。

 

79522874_2495067527380050_8973242633413459968_n.jpg

 

78430413_2495067344046735_122500636309716992_n.jpg

 

20191207_120341.jpg

 

白沙村荘へは八幡市からは京阪電車出町柳行きで終点まで。

そこからタクシーで5分ほどです。

 

詳細は

ホームページ白沙村荘 橋本関雪記念館

春秋遊会フェイスブックページはこちら

お茶会の詳細はこちら

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM