松花堂庭園へ

  • 2019.12.08 Sunday
  • 18:52

毎月第二日曜日に行われているお茶会へ松花堂庭園へ行ってきました。

紅葉もまだまだ綺麗。

最後の紅葉狩りを楽しませていただきました。

 

IMG_5544.JPG

 

IMG_5546.JPG

 

IMG_5550.JPG

 

IMG_5551.JPG

 

IMG_5558.JPG

 

IMG_5563.JPG

 

IMG_5567.JPG

 

IMG_5569.JPG

 

IMG_5572.JPG

 

IMG_5573.JPG

 

IMG_5576.JPG

 

IMG_5577.JPG

 

IMG_5581.JPG

 

IMG_5586.JPG

 

IMG_5588.JPG

 

IMG_5589.JPG

 

IMG_5591.JPG

 

IMG_5597.JPG

 

IMG_5600.JPG

 

IMG_5601.JPG

 

IMG_5560.JPG

 

IMG_5554.JPG

 

山茶花や椿も咲き始め、いよいよ冬へ突入ですね。

今年は紅葉も長いこと楽しめたように感じます。

毎月必ず一度はお伺いしていた松花堂庭園も今年は今日で来納め。

 

今年は、大阪北部地震から1年以上使用できなかったお茶室、松隠・竹隠・梅隠も

修復が完了し、秋より再開されるといううれしいニュースがありました。

 

また個人的には、春に信楽のミホミュージアムで曜変天目の展覧会があったのですが、

そこに松花堂昭乗の作品がたくさん出展されていたことがとてもうれしかったです。

曜変天目が伝わる大徳寺の龍光院の江月和尚と昭乗が親友だったとのことで、

画賛といって二人の共同作品もありました。

この展覧会は例にないほどの、何時間待ち、大行列のおこる大注目の展覧会だったので、

たくさんの方が昭乗の作品を見てくださったのだと思うととてもうれしく思いました。

昭乗を知らなかった方もその機会に興味を持って、

松花堂庭園美術館、男山、石清水八幡宮、八幡市を知ってくださったり、

訪れてくださると地元としては大変うれしいことです。

 

他にもうひとつ、茶道の世界で、昭乗が有名人だということを知ることができました。

お茶人さんと会話していると、私が八幡出身だと伝えると皆、昭乗の話をしてくださるのです。

私がお茶会に訪れるときに、昭乗の軸や瀧本坊乗淳(昭乗の甥)の軸をかけてくださる方もいらっしゃいました。

八幡市ではなく、京都市内で、そこでまた松花堂の話が弾みます。

また知ってくださる方が増えます。

 

それと、先週、八幡市内の幼稚園児が松花堂のお茶室でお茶会をしたそうです。

当店にお菓子を注文してくださったので知ることができたのですが、

話を聞くと、その日はおめかしして白い靴下をはいていくのだそうです。

また、今年八幡市内の中学生の職業訓練で女子生徒を3名受け入れたのですが、

抹茶を飲んだことがあるか聞くと、小学生の時に松花堂で茶道を習っていましたと

答えました。

私は、八幡市の子供への茶道教育が素晴らしいなと思いました。

公立の学校で、ましてや幼稚園から、本物の茶室で茶道を体験させてあげられるなんて

なかなかないと思います。

とても贅沢な環境でよい経験をしていますね。

中学生の子が小学生の時の体験を覚えているように、大人になっても

この経験を思い出して、松花堂のことや八幡市のことを誇りに思ってくれたらうれしいなと思いました。

 

私もこれからも、八幡のPRに励んでいきます!

 

内園部分の草庵茶室松花堂や泉坊書院はまだ修復途中で立ち入り禁止ですが、

美しく修復が完了されお披露目される日を楽しみに待つことにいたしましょう。

 

また来年も四季の美しい風景を楽しみに松花堂庭園へお伺いしたいと思います。

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM