夏の刺繍御朱印

  • 2020.06.07 Sunday
  • 13:09

石清水八幡宮の刺繍御朱印の夏バージョンが6月より始まっています。

 

DSCN1426.JPG

 

これは今年より始まった季節限定の御朱印で、

 

IMG_5676.JPG

↑冬バージョン(12月〜2月に授与)

 

IMG_5809.JPG

↑春バージョン(3月〜5月に授与)につづいて

夏バージョンは6月から9月まで授与されます。

 

刺繍されている部分のモチーフは、9月15日の石清水祭でお供えされる特殊神饌「供花神饌」

からきています。

 


 

12台の花や鳥で現した伝統工芸品である供花神饌は、
古来は皇室からの特別なお供えでした。

 

八幡大神にご覧いただき、御心を御慰めするためにお供えされるもので
他の神社ではほとんど見ることのできない特殊神饌です。

石清水祭では、山上の御本殿から山麓の頓宮に八幡大神様が9月15日の年に一日だけ

下りてこられるのですが、その頓宮で御神前にお供えされます。

 

 

IMG_7868.JPG

 

古くは皇室からのお供えでしたが、現在は、製作に、三笠宮彬子女王殿下が携わられています。

「染司よしおか」さんが

男山から採取した各樹種の枝や、化学染料を一切使用しない古代染めの技法で
染色した和紙を用いて調整されてます。
 

12台の数は、四季×三座で春夏秋冬の花を八幡大神三座それぞれに配した物となっています。

 

【中御前 応神天皇 八幡大菩薩】

 

<春>松・鳩二羽・巣籠りひな二羽・藤・つつじ

 

 

<夏>椿・せきれい2羽・根笹

かつては「蓮と亀」の台でしたが、神仏分離以降「椿の台」に変わりました。

 

<秋>橘・鷹1羽・薔薇

 

 

<冬>雪持竹・鳳凰1羽・山茶花

 

【東御前 神功皇后】



<春>桜・蝶2疋・山吹

 



<夏>杜若・鴫2羽・河骨


<秋>紅葉・鹿2疋・小菊・桔梗

 

 

<冬>南天・兎2疋・寒菊

 

【西御前 比彗膺澄

 

<春>梅・ウグイス2羽・福寿草

 

<夏>牡丹・蜻蛉2匹・石竹

 

<秋>菊・鶴二羽・秋海棠

 

<冬>水仙・きじ2羽・藪こうじ

 

 

花びら、葉っぱ、鳥、虫にいたるまで細かく再現されていてとてもかわいいんですよ。

 

今回の夏の御朱印をひとつずつ紐解くと

 

20190914_100418.jpg

DSCN1428.JPG

牡丹と蜻蛉

 

 

20190914_095951.jpg

DSCN1427.JPG

杜若と鴫

 

20190914_100215.jpg

20200606_175708.jpg

椿とセキレイ

 

モチーフの部分が刺繍で施されていて、立体的なのと

鮮やかな色合い、高級感があり、とても素敵。

 

DSCN1429.JPG

 

DSCN1430.JPG

 

DSCN1431.JPG

 

写真では伝わりづらいですが、お店の床の間にしばらく飾っていますので

またご覧ください。

 

御朱印帳にずらりと並んできました。

 

DSCN1433.JPG

 

残すは秋バージョンの3つ。

すべてそろうのが楽しみです。

 

【お知らせ】

 

・6月の営業時間は

平日 8時〜17時(喫茶とテイクアウトは16時半まで)

土日 8時〜18時(喫茶とテイクアウトは17時半まで)

定休日は毎週月曜日です。

 

・6月より石清水八幡宮境内店の営業を再開しています。

毎週土日のみ お土産販売とソフトクリーム

ご参拝の際はお立ち寄りください。

 

・みな月の全国発送を承ります。

オンラインショップをご利用ください。

http://shop.yawata-hashiriimochi.com/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM