紅葉速報【松花堂庭園】

  • 2019.11.12 Tuesday
  • 12:35

松花堂庭園も色づき始めといったところです。

 

IMG_5181.JPG

 

IMG_5182.JPG

 

IMG_5184.JPG

 

IMG_5185.JPG

 

IMG_5186.JPG

 

IMG_5187.JPG

 

IMG_5188.JPG

 

IMG_5189.JPG

 

IMG_5190.JPG

 

IMG_5191.JPG

 

松花堂昭乗(しょうかどうしょうじょう)とは、江戸時代初期に活躍した石清水八幡宮の社僧です。
「書」「和歌」「絵画」「茶の湯」に優れ、小堀遠州などとともに寛永年間を代表する文化人でもありました。

みなさんが必ず耳にしたことのある「松花堂弁当」の生みの親でもあります。
といっても昭乗が実際にお弁当を作ったわけではありません。
昭乗が使っていた4つ切の道具箱をヒントにのちの料理人が、4つ切りの箱に詰めたお弁当を
昭乗から名前をとり、松花堂弁当と名付けたといわれています。

 

松花堂庭園は、もとは東車塚古墳という土地でしたが、明治時代の廃仏毀釈の折に、石清水八幡宮から

昭乗の住んでいた草庵茶室や泉坊書院が移築され、庭園として整備されました。
草庵茶室は、たった二畳の空間に、実に理にかなった構造となっており、

当時の昭乗の権力やセンスを垣間見ることができます。

 

松花堂庭園は、昨年6月の大阪北部地震および9月の台風21号で壊滅的な被害に遭い、草庵茶室や泉坊書院のある内園は

現在も立ち入り禁止が続いています。

 

IMG_5209.JPG

 

IMG_5212.JPG

 

IMG_5214.JPG

 

 

四季の花や紅葉の美しい外園部分と3つの茶室は、ようやく修復が終わり、再開が始まったところです。

 


IMG_5193.JPG

松隠

 

IMG_5204.JPG

竹隠

 

IMG_5200.JPG

梅隠

 

IMG_5199.JPG

梅隠腰掛待合

 

また、併設の美術館では、「茶室のアイデア〜中村昌生と「庭屋一如」〜」が開催されています。

お茶室好きの方にはたまらない展示ですね。

 

それにしても、青空と暑くも寒くもない気温。

のんびり散策するのにピッタリです。

時折、鳥の鳴く声が聞こえ、なんだか心が豊かになりますね。

 

IMG_5196.JPG

 

IMG_5197.JPG

 

IMG_5203.JPG

 

IMG_5205.JPG

 

IMG_5206.JPG

 

IMG_5208.JPG

 

IMG_5217.JPG

 

IMG_5219.JPG

 

まだ内園部分は入れませんが、それでもこんなに紅葉が楽しめますので

是非八幡市へお越しの際は、松花堂庭園へお立ち寄りください。

 

 

松花堂庭園へは、京阪電車「石清水八幡宮駅」よりバスまたはタクシー、またはレンタサイクル。

歩くと30分以上はかかります。無料の駐車場も完備されています。

 

お食事は、併設の吉兆松花堂店で本場の松花堂弁当もおすすめですよ。

 

 

 

この時期はご予約が賢明です。

 

 

 

【八幡市内の紅葉スポット】

●石清水八幡宮山上 色づき始め

石清水八幡宮山麓 色づきはじめ

●善法律寺 色づき始め

神應寺 色づき始め

●松花堂庭園 色づき始め

紅葉速報【神應寺】

  • 2019.11.10 Sunday
  • 11:53

山門は当店から徒歩1分ほど。

そこから180段の階段を上ります。

 

IMG_5131.JPG

 

IMG_5133.JPG

 

IMG_5135.JPG

 

参道にも紅葉がたくさん。まだ青葉です。

 

IMG_5137.JPG

 

階段を上りきると本堂が見えてきます。

 

IMG_5140.JPG

 

本堂には、豊臣と徳川の家紋がふたつならんでおり、大変珍しいものです。

 

IMG_5144.JPG

 

神應寺は貞観2年(860)宇佐より石清水八幡宮を勧請した奈良の大安寺の高僧、行教に
よって、応神天皇の霊を奉安するために建立されました。

文禄年間(1592〜1596)、征韓の役にあって豊臣秀吉は、石清水八幡宮に詣で、軍の先鋒に神官を望みましたが、

神社側は恐れて命に服しませんでした。

秀吉は機嫌を損ねたのですが、神應寺住僧の機転で、征韓の首途にはまず應神天皇の御寺に参詣すべきと進言。

秀吉は機嫌を直し、寺領200石を寄進したそうです。

 

IMG_5134.JPG

 

境内は色づき始めといったところ。

 

IMG_5143.JPG

 

IMG_5146.JPG

 

IMG_5148.JPG

 

IMG_5149.JPG

 

IMG_5153.JPG

 

神應寺には、淀屋辰五郎の墓があります。

 

IMG_1597.JPG

 

淀屋は江戸時代初期の豪商で大阪中之島を開拓し、
大阪の発展に貢献しました。
「淀屋橋」にその名が残っています。

 

他に、飛行神社を創建した二宮忠八や淀城主のお墓などもあります。

 

IMG_1600.JPG

 

IMG_1599.JPG

 

 

本堂よりも少し小高いところにある墓地からは、京都市内が見渡せます。

 

 

IMG_5155.JPG

 

IMG_5158.JPG

 

京阪電車も良く見えます。

 

電車好きの方にはうれしいもう一つの見どころとして、

ケーブルカーとのショットを撮ることができます。

今年、新しい車両にリニューアルされ、黄金のこがね号と紅色のあかね号です。

 

IMG_5150.JPG

 

IMG_5152.JPG

 

タイミングよくお写真に収めてみてくださいね。

 

IMG_5161.JPG

 

鉄橋の橋脚は日本一の高さを誇ります。

 

IMG_5159.JPG

 

そのまま歩くと奥ノ院である杉山谷不動尊につながります。

こちらも色づきはまだまだですね。

 

IMG_5164.JPG

 

IMG_5165.JPG

 

IMG_5167.JPG

 

IMG_5169.JPG

 

IMG_5171.JPG

 

IMG_5172.JPG

 

IMG_5174.JPG

 

お不動さん側からのケーブル。

 

11月23日(土)24日(日)、神應寺では「紅葉まつり」が行われ、境内はにぎやかになります。

普段は本堂を公開されておられませんが、この日は無料で開放されます。

もとは石清水八幡宮の開山堂にお祀りされていた行教律師坐像や、

豊臣秀吉坐像、豊臣秀吉公ご朱印など神應寺とかかわりの深い

豊臣家や徳川家にまつわる寺宝なども特別公開されます。

 

また、宇治川・木津川・桂川を一望できる見晴らしの良いお部屋にお茶席も設けられます。

是非この機会にお越しくださいませ。

 

↓過去のピークのころのお写真です。

 

神應寺もみじ祭り

11月23日(土)24日(日)10時〜15時

拝観無料 お茶席は500円

 

駅からは徒歩1分ですが、階段が5分!

上ると必ず感動していただけるはずですので、がんばって登ってください!

 

 

【八幡市内の紅葉スポット】

●石清水八幡宮山上 色づき始め

石清水八幡宮山麓 色づきはじめ

●善法律寺 色づき始め

●神應寺 色づき始め

●松花堂庭園 色づき始め

紅葉速報【石清水八幡宮山麓】

  • 2019.11.08 Friday
  • 12:13

今年も京都・八幡市の紅葉情報をお届けします。

11月8日現在まだまだですね。

例年は、11月下旬が見ごろです。

なので、11月23日(土・祝)24日(日)に、八幡市内はイベントがたくさん設定されています。

見ごろとお天気がうまく重なるとよいですね。

随時更新しますので、お出かけの参考にしてください。

 

【八幡市内の紅葉スポット(11/8)】

●石清水八幡宮山上 色づき始め

●石清水八幡宮山麓 色づき始め

●善法律寺 色づき始め

●神應寺 未確認

●松花堂庭園 未確認

 

本日は石清水八幡宮山麓をご紹介します。

 

一の鳥居と男山

一の鳥居はその名の通り一番最初に通る鳥居で、ここから神域の始まりです。

御本殿は男山の山頂です。

石造りの鳥居は松花堂昭乗の発案で木造から改められました。

八幡宮と書かれた扁額も一条天皇の勅願で藤原行成が書いた木製のものを

松花堂昭乗が書写したもので、八の字が向かい合う鳩となっています。

 


 

 

 

こちらは頓宮北門。

勅祭石清水祭の舞台となる頓宮の北側にある門。

頓宮とはいわゆる御旅所のことです。

 

72778215_1425620384253971_4236500241207001088_n.jpg

この門は、昭和天皇の御即位の礼で

御所に建てられた正門のはらい下げです。

菊の御紋がついています。

 

73498075_1425620467587296_6721849931088265216_n.jpg

 

 

 

73233225_1442048869277789_3920352307048349696_n.jpg

ケーブルカー

6月にリニューアルされ、黄金色の「こがね号」と

赤色の「あかね号」の2つの車両となりました。

男山山上までおよそ3分の空の旅です。

 

20190619_090251.jpg

 

20190619_090209.jpg

 

 

DSCN0267.JPG

 

74977647_1442049095944433_5633695060131315712_n.jpg

頓宮南門と男山

 

 

頓宮北門は黒、南門は赤なので私たちは通称で黒門、赤門と呼んでいます。

 

74395004_1442049149277761_4861941565058187264_n.jpg

放生池

 

 

74415062_1442048932611116_5896409439304417280_n.jpg

高良神社

石清水八幡宮の摂社で、私たちの氏神様です。

徒然草第52段にも登場するお宮です。

 

ここのイチョウの黄葉は見事です。

去年の11月27日のお写真です。↓↓

IMG_2182.JPG

 

IMG_2185.JPG

 

楽しみですね。

今日はまだまだでしたが、おがたまの木が実をつけていました。

 

71015326_1442049059277770_761711887304884224_n.jpg

 

73370718_1442049015944441_1934422904699617280_n.jpg

 

 

一円玉に描かれるおがたまの木は神様の宿る木ともいわれます。
実のつき方は、神事で使用される神楽鈴のモデルとなったといわれています。

 

 

 

 

74881528_1442048789277797_1665955313754308608_n.jpg

航海記念塔

高さ約6mで、全国最大規模の鎌倉時代の五輪石塔で、
国の重要文化財に指定されています。
摂津尼崎の商人が、中国宋との貿易の帰途、石清水八幡宮に祈って
海難を逃れ、その恩に報いるため、建立されたと伝えられています。
しかし、刻銘がなく、造立の起源が不明であるためか、
この大石塔にまつわる伝説は様々あるようです。

 

この後ろには神應寺と杉山谷不動さんがあり、駅前渓谷といわれるもみじの渓谷があります。

 

石清水八幡宮下院である男山山麓も見どころたくさんです。

色づきが楽しみですね。

 

ピーク時の男山、石清水八幡宮山麓↓

 



正月餅早得割引予約開始しました!

  • 2019.11.04 Monday
  • 15:32

正月用のお餅の予約が始まりました。
11月中にご予約いただくと、10%割引になる早得予約も実施中!
ご予約はお早目がお得です!!



 白小餅 

焼いても煮てもおいしいお餅。
やわらかくコシがあるのは、最高級の材料(滋賀県産羽二重もち米100%)と
熟練の技があるから。昔から「餅は餅屋」というのはそれなりの意味があるのです。
おいしいお餅でお正月を迎えましょう!


500g(10個)900円
1kg(20個)1800円
1.5kg(30個)2700円
2kg(40個)3600円
※1個(90円)でばら売りできます。



うる餅

もち米にうるち米(普通のごはんとして食べるお米)を混ぜて
搗いたお餅です。
米粒がぷちぷちとあたる歯触りと、コシのある独特の食感が特徴の
素朴なお餅です。


500g(10個)900円
1kg(20個)1800円
1.5kg(30個)2700円
2kg(40個)3600円
※1個(90円)でばら売りできます。




豆小餅 
北海道産の黒豆をふんだんに入れてつきこみました。
焼いてお醤油をつけると
香ばしさが広がります。




えび小餅

えびの風味広がる、ちょっと塩気のきいたお餅。
こんがり焼いて海苔で巻いて食べると最高です。



よもぎ小餅 

よもぎの香りが広がるお餅。
たっぷり入れているので、しっかりとよもぎの味がします。
こちらはぜんざいに入れたり、餡をつけて食べるとおいしいです。

 


えび・豆・よもぎ小餅 
500g(10個) 1100円
1kg(20個) 2200円
1.5kg(30個) 3300円
2kg(40個) 4400円
※1個(110円)でバラ売りできます。




のし餅 
おなかの具合や、ご家族でお好きな大きさに切れるのが
のしもちのいいところ。おかきにもできます。



500g 900円
1kg 1800円 (写真は1kg×3本)

うるのし餅


500g 900円
1kg 1800円 (写真は1kg×3本)


豆のし餅・えびのし餅・よもぎのし餅 


500g 1100円
1kg 2200円





鏡餅
日本のお正月
これがないと始まりません。
小さなものから大きなものまでプロにお任せあれ!


※飾りはつきません。
※下記以外のサイズも承ります。

※直径は手作りのため、目安です。

 

ミニ 1合(200g)台の直径 約8cm 360円
特小 2.5合(500g)台の直径 約10cm 900円
小 5合(1kg)台の直径 約13cm 1800円
中 1升(2kg)台の直径 約17cm 3600円
大 1.5升(3kg)台の直径 約20cm 5400円
特大 2升(4kg)台の直径 約23cm 7200円

三宝(三段重ね)も鏡餅と同価格。

 


星付さんは1個110円。
(お供えのお餅。)




<餅の消費期限について>
常温2〜3日
冷蔵5日
冷凍1カ月〜2か月
添加物、保存料なしの無添加なのでカビが生える恐れがあります。
お早めに冷蔵、または冷凍してください。

<餅搗き実施日について>
白餅 12月27日〜30日
豆・よもぎ餅 12月27日
うる・えび餅 12月27日、28日
最終つきあげ後にご入り用のお客様は当店で冷凍保存いたします。
※餅搗きを行うのは12/27〜12/30の4日間です。


<ご予約締切について>
12月22日
当店の正月餅は完全予約制です。
それ以降のご予約や、ご予約なしの店頭での小売りは
お断りさせていただく場合がありますので、ご了承ください。

 

<配達について>
八幡市内のみ承ります。
ただしお時間指定はできませんのでご了承ください。
12/30のみ、3600円以上お買いあげのお客様対象とさせていただきます。
29日までは少量でも配達いたします。
12/31、1月は配達できません。




特典1
11月30日までにご予約すると
対象商品が10%オフ!
(対象商品のみで3600円以上ご予約の場合)

対象商品は以下の通り
・小餅各種
・のし餅各種
・鏡餅、三宝、星付各種

・ぜんざい、抹茶ぜんざい

・こしあん、つぶあん、きなこ


特典2
12/27・28・29の3日間のうち、店頭お引き取りで予約すると
【新商品】抹茶ぜんざいプレゼント!
(3600円以上のご予約が対象)






お餅とご一緒に…



走井ぜんざい


おすすめ!!
温めるだけでお店さながらの本格的なぜんざいがお召し上がりいただけます。
1人前 400円


自信作!

抹茶ぜんざい 450円
 

特製こしあん・つぶあん 650円
 

京黒豆きなこ 350円



ご予約お待ちしております。
地方発送も承ります。
オンラインショップも早得です。
オンラインショップからなら、5000円以上の御注文で
送料が無料です!
http://shop.yawata-hashiriimochi.com/

お正月短期アルバイト募集!

  • 2019.11.02 Saturday
  • 17:28

年末年始の短期アルバイトさんを募集しています。
お正月3が日のみの超短期でもOKです。
初詣のお客様を一緒にお迎えしませんか。

期間 12月27日〜1月20日ごろ
業務内容
“稜筺Φ蔽
∪渋な篏

時間
7時(6時)〜18時 の間で6時間〜8時間程度
6時(5時)〜20時の間で6時間〜8時間程度
日により異なります。

場所
,賄稿發里曚、石清水八幡宮販売所や八幡市駅前販売所もあり。

時間給
1000円(高校生970円)

年齢不問
自転車、バイク通勤可(車は不可)
交通費一部支給
三が日は必ず入れることが条件です。

ご応募お待ちしております。
まずはお気軽にお電話ください。
TEL 075-981-0154

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM