水無月

  • 2017.06.01 Thursday
  • 12:29

今日から水無月(6月)ですね。

今朝、早速に石清水八幡宮の世話方さんから、人形(ひとがた)が届きました。

 

人形とは6月30日の水無月の大祓に使用するもので、

人形に半年間の罪・穢れ・災厄をこれに移して、茅の輪をくぐると
暑さきびしい夏を乗り越えられるといわれています。

人形に名前と年齢を書きます。



そして、体の気になるとこをさすります。



そして願いをこめて息を吹きかけます。



これで人形に私の半年分の罪や穢れが移されました。

神事は6月30日の午後3時から。

 

 

「水無月の夏越の祓へする人は、千歳の命延ぶといふなり」
と唄いながら、茅の輪を八の字に3度くぐります。

 


神さんのお祭りごとってじ〜っと座って神事を見ているだけのものが多い中、
これは参列者参加型で楽しいですよ。

申し込み不要で当日どなた様でも参加していただけます。

水無月の大祓式(夏越の祓)
6月30日(金)
15時から
石清水八幡宮山上 南総門前

 

石清水八幡宮に茅の輪が設置されるのはもう少し先。

例年15日ごろに設置されます。

 

 

茅の輪設置期間中はどなた様でもご自由にくぐれますので、

ぜひくぐって穢れを落としてください。

ちなみに人形もお札授与所でいただけます。

30日に参加できなくても人形に上記の要領で災厄をうつして

納めておくと30日にお祓いしてくださいますよ。



もちろんお菓子のみな月も、30日当日もですが、本日も絶賛販売中です。

6月は季節の和菓子、みな月をお楽しみください。

 

みな月 白・抹茶 各150円
 

その昔宮中では、京都の蒸し暑い夏を無事に乗り切れるように
この大祓の日に氷雪を口にしました。
冷凍庫などのない当時に、この時期の氷はとっても貴重なもの。
もちろん庶民の口には入りません。
そこで、氷雪をかたどった三角の形をしたういろに
邪気払いの小豆をのせたお菓子が庶民の間に広まったことが
「みな月」の起こりです。



当店のみな月は白と抹茶の2種類。
少し冷やして食べてもおいしいですよ。

店内でもお飲み物とセットにしてお召し上がりいただけます。

 

テレビ出演のお知らせ

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 09:03

実は放送は昨日に終わってしまいました。

ご案内が遅くなり申し訳ありません。

 

ただ、今週の日曜日まで、ネットで見ることができます。

こちら↓をクリックしてご覧いただけると幸いです。

http://eonet.jp/getsukin/

 

 

eo光テレビ

ゲツキン


11923244_544327179049967_5473730270783382092_n.jpg

 

みな月

  • 2017.05.28 Sunday
  • 13:08

もちもちのういろに北海道産の小豆をたっぷりとのせて蒸しあげた

「みな月」が本日より登場しています。

 

みな月 白・抹茶 各150円

京都では6月(6月30日)にみな月というお菓子を食べます。

 

6月30日は1年のちょうど半分、折り返しの日です。
この日、京都の各神社では「夏越の祓(水無月の祓)」という神事が行われ、
茅の輪くぐりをし、半年分の穢れを祓い災いを防ぐ風習があります。

その昔宮中では、京都の蒸し暑い夏を無事に乗り切れるように
この大祓の日に氷雪を口にしました。
冷凍庫などのない当時に、この時期の氷はとっても貴重なもの。
もちろん庶民の口には入りません。
そこで、氷雪をかたどった三角の形をしたういろに
邪気払いの小豆をのせたお菓子が庶民の間に広まったことが
「みな月」の起こりです。



当店のみな月は白と抹茶の2種類。
少し冷やして食べてもおいしいですよ。

店内でもお飲み物とセットにしてお召し上がりいただけます。



煎茶付 400円
抹茶・珈琲・グリーンティ付 600円

 

石清水八幡宮献茶祭のご案内

  • 2017.05.24 Wednesday
  • 09:52

 



5月28日(日)、石清水八幡宮で春季献茶祭(表千家献茶祭)が行われます。
尺八 都山流宗家 中尾都山氏が奏でる秘曲「岩清水」の調べのなか、
表千家宗匠のお点前により濃茶・薄茶が点てられ御神前に献上されます。
また、境内各所にはお茶席が設けられます。

緑が美しく、薫風が気持ち良い好季節に
おいしいお茶とお菓子をいただきながら、ゆったりと過ごされてみるのはいかがでしょうか。





私もお客さんとして伺うのを毎年楽しみにしているお茶会です。
新茶や高山茶筅の販売なんかもあって気楽に楽しめます。

2000円で臨時券が販売されますので、
当日でもどなたでも参加できます。

・表千家の献茶祭参列
・薄茶席3席
・煎茶1服
・玉露1服
・男山ケーブル割引券

これらが全てついて2000円とはお値打ちです。

春季献茶祭
5月28日(日)10時〜
お問い合わせは石清水八幡宮へ。075-981-3001
当日は、走井餅老舗石清水八幡宮境内店も営業しております。
お土産に、門前名物走井餅をお求めください。

さくらであい館

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 12:25

背割堤のお向かいに今春できた「さくらであい館」に遅ればせながら出かけてきました。

 

DSCN0631.JPG

 

八幡市駅より徒歩5分ほど。

 

DSCN0604.JPG

 

御幸橋を渡ると左手が背割堤、道路を挟んだ右側にさくらであい館は建っています。


 

 

背割堤もひと月前はピンク色の帯で、お花見のお客さまでいっぱいでしたが、

すっかり新緑の季節となり、ハイキングやサイクリングの方がちらほらといる程度となりました。

 

DSCN0629.JPG

 

DSCN0635.JPG

 

DSCN0643.JPG

 

さくらであい館の中へ入ってみます。

道の駅を想像されている方も多いかと思いますが、基本的になにもありません。

 

DSCN0649.JPG

 

ベンチはありますが、カフェは併設されていません。

自動販売機はあります。

お土産も販売されていません。

お手洗いと休憩所、というイメージでしょうか。

 

 

DSCN0644.JPG

 

DSCN0646.JPG

 

周辺地域の紹介パネルがあり、うちの店の昔の姿がちらりと映っていました。

 

DSCN0647.JPG

 

目玉はこの展望塔でしょう。

 

DSCN0632.JPG

 

エレベーターで上ります。

 

 

エレベーターを降りるとすぐにこの景色。

今は緑色なので分かりにくいですが、背割堤の方向を向いています。

 

DSCN0671.JPG

 

DSCN0677.JPG

 

DSCN0679.JPG

 

DSCN0670.JPG

 

順路に沿って左回りします。

 

DSCN0673.JPG

 

木津川下流 枚方方面


DSCN0653.JPG

 

男山の全景が美しく見えます。

 

DSCN0656.JPG

 

DSCN0663.JPG

 

木津川上流 八幡市内方面

 

DSCN0662.JPG

 

京阪電車の鉄橋です。

 

 

宇治市内方面

 

DSCN0660.JPG

 

宇治川上流方面

京滋バイパス 久御山淀

この辺りは高速道路も入り組んでいます。

 

DSCN0665.JPG

 

名神大山崎JCT方面

 

DSCN0666.JPG

 

宇治川下流 高槻方面

天王山です。

 

DSCN0668.JPG

 

一周まわって背割堤。

背割堤の右が宇治川、左が木津川。

 

DSCN0675.JPG

 

ここは三川合流地域で、あと1本、京都市内を流れてきた桂川が合流し、

大阪湾へと流れる淀川へと名前を変えるのですが、桂川が見えません。

もう少し高さがあれば見えたのでしょうが、残念です。

 

それでも駅から直ぐとは思えない、壮大な自然の景色を見ることができ、

心身のリフレッシュに最適です。

こんなに近くに山と川に恵まれて、都会でも田舎でもあり、八幡市はいい環境だなと

改めて思いました。

 

桜の季節はもちろん素晴らしい眺めでしょうが、それ以外の季節もそれぞれの表情が楽しめそうです。

 

帰りは階段でおりました。

 

DSCN0669.JPG

 

DSCN0676.JPG

 

9時から17時まで。

無料です。

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

一升餅

一升餅についてはこちら

オンラインショップ

オンラインショップはこちら

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM